矢立肇一覧

「ガルマくん」で、泣いた

機動戦士ガンダムさん よっつめの巻

多分、これで、完結。いろいろなところで、完結しています。

「宇宙島のガルマくん」、泣けます。最後に、公式ストーリーに、こうもっていったかという巧さがありますねぇ。自分の世界を作っていくのは、昔の浪花 愛みたいです。


違和感のないミライさん

機動戦士ぶよガンダム1

「犬ガンダム」の次は、「ぶよガンダム」……。
ぶよと聞いて、虫かと思っていましたが、「ぶよぶよ」のぶよでした。

うーん、かなりイヤ(笑)

でも、ミライさんだけは、もともと、ポッチャリ系なので、あんまり違和感なかったりして……。

唐沢 なをき,矢立 馨,富野 由悠季
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2009-01-26
 


赤い人

追憶のシャア・アズナブル 機動戦士ガンダム U.C.戦記

赤い人と、その周辺の目立たないけどいろいろな人生があった人のお話。
まあ、歴史の影にみたいな感じ。

地味です。
おもしろくないことはないけど、読んでも読まなくてもいいぐらいのお話です。


くだらないおもしろさ

なるほど☆ことわざ ガンダムさん

基本、ものすごくくだらない本です。
でも、ちょっとおもしろかったりする。

大和田 秀樹,矢立 肇,富野 由悠季
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2009-01-26
 

 


マニアな視点

トニーたけざきのガンダム漫画3

セイラさんのアメちムチは、本編でも本人もちょっとは自覚してやっている気がしたりする。

しかし、このマンガを書くために、ものすごくくわしく初代の機動戦士ガンダムを見直している感じがする。こういうマメなことをするマニアは、ちょっと、尊敬する。

トニーたけざき,矢立 肇,富野 由悠季
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010-01-26
 


くだらないおもしろさ

機動戦士ガンダムさん いつつめの巻

ガンダム創世がおもしろすぎます。
カウンタックLP500Sだ~。

そして、シャア専用姫路城……。

なんか、理解できるのが、イヤだ(笑)


リアルロボット創世記

機動戦士ガンダムさん むっつめの巻

ザクさんも好きですが、最近は、小ネタな感じになってきたので、今は、「ガンダム創世の章」が、1番ウケてます。
あったこと、なかったことを100倍ぐらいしにしてかいてます。こういうのやらせたら、すごい一流ですね。

だいたい、富野さん、まだ坊主じゃなかっただろう……とか、でも、ところどころは、どっかで聞いたような話なんですよねぇ。
藩 惠子の不思議ちゃんブリとか……。

でも、「機動戦士ガンダム」というアニメが、それぐらい衝撃的だったのも本当ですが。


宇宙世紀のガンダム!!

機動戦士ガンダムUCバンデシネ1

宇宙世紀のタイムラインにあるガンダムということで、楽しみにしています。
小説は、完結しているんだけれど、まだ、全然読んでないのです。
タイトルをみていると、どうやら、小説原作のメインストーリーで、外伝とかではないようです。
最近のガンダムは、並行的に物語が進んでいって、マンガは外伝とかいろいろあって、わけがわかんない感じです。だから、メインだというのがしっかりわかるのは、いい感じ。

まだ、なんか訳がわからない感じ。
強化人間っぽい人もでているのかな?これは、ミネバ・ザビだ。

多分、これは、小説の方がわかりやすいのだろうとか思いながら、なかなか、小説の方に手を出せるは、いつになるやら。

時代的には、「閃光のハサウェイ」の後ぐらいかな?

大森 倖三,福井 晴敏,安彦 良和,カトキハジメ,矢立 肇,富野 由悠季
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2010-07-26
 


男のツンデレ

超級!機動武闘伝Gガンダム1

自分のなかで、「ガンダム」は好きだけど、アンタッチャブルだったのが、このGガンダムです。

でも、島本 和彦という名前を見たら、なんでもいいのかという気もしてきた。けっこう、おもしろいよ、コレ。
食わず嫌いは、いけないということですね。

男のツンデレが、ちょっといい感じ。本当か?

島本 和彦,ビッグバンプロジェクト(宮北 和明),今川 泰宏,矢立 肇,富野 由悠季
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2010-12-25
 


刹那の輝き

機動戦士ガンダム00 in those days

高河 ゆんということで、購入して読んでいますが、「00」の知識自体がまったくないです。
角川のコミックス版の1巻を2年ほど前に読んだきりですね。
それ以降、読もうとしていないのは、それだけの魅力しか1巻には感じなかったということです。

ということで、なんのことやらさっぱりです。

まあわかったことは、前、読んだコミックの1巻は、まだまだ、物語の全貌がまったくでていなかったということぐらいです。
あれだけの単純なお話ではないことはおぼろげに理解できました。

もう、ガンダムといっても、ガンダムからかけ離れているからなぁ。
年寄りには、ついていくのは無理かも。

高河 ゆん,矢立 肇,富野 由悠季
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2010-08-26