矢立肇一覧

そのへんのペガサス~

Developers 機動戦士ガンダム Before One Years Wars

機動戦士ガンダム版、「プロジェクトX」。
モビルスーツの開発秘話。しかも、ジオン軍のザク。

もう、なんでも内包できる「ガンダム」という世界そのものがすごいです。
20年の蓄積がありますからねぇ。

こうやって見ていくと、わたしが、斬新なお話よりも、ある程度パターンにハマっている話の方が好きだということがよくわかる。


画力が生み出す……

トニーたけざきのガンダム漫画

安彦 良和さんの「どっちがオレの原稿だったかわからなくなる」と言葉が、トニーたけざきのすごさを表していると思います。

なんというか、画力を無駄に使っています。

真面目にやっている人は、これがとなりにあるとやりにくいだろうねぇ。
わたしたちは、ただよろこんでいたらいいだけだけど。


カバー裏の安彦さんの言葉が…

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式ガイドブック

「近ごろ多いんです。」

なんて言葉で出されるガイドブックがやっぱり、「近ごろ多い」ようです。
それはかなり、出版人としては、恥ずかしいことだと思うのだが?

でも、この本の出来は、それほど悪くないです。
取っておいてもいいかなというレベル。

それはやっぱり、安彦さんが、しっかりと真面目に時間取って作っているからですね。


30過ぎても、40過ぎても…

機動戦士ガンダムさん さいしょの巻

わたしのなかでは、シャアって昔からこんな感じの人ですが……。


あの頃……

機動戦士ガンダムさん つぎの巻

「隊長のザクさん」が、みょーに好きです。

特に、旧ザクとビグ・ザムの話は、いいよねぇ。

それから、「宇宙島のガルマくん」も、続ければ名作になると思います。

昔のパロディも読みたくなってきたなぁ……。
「シャア猫」とか、復活しないかなぁ。


2巻目は、苦しい。でも、がんばってると思います。

トニーたけざきのガンダム漫画2

そら、1巻目の衝撃からすると、落ちてしまうのは仕方ないと思います。

でも、プラモ使ったやつにしろなんにしろ、

「手を抜いてない!」

というのが、伝わってきて、熱いです。

そして、それが、アニパロが熱かった時代を思い出させてくれる気がする……。


徹底的に…

犬ガンダム 地上編

連載中は、「なんちゅうアホな…」としか思っていませんでしたが、こうやってまとまって読んでみると、かなり徹底しているのがよくわかります。

死なないと1回決めたら、絶対死なない。そして、それをストーリーに絡める……。どう考えても、最後には収拾がつかなくなっていくだろう。でも、その収拾のつかなさすらも、この人の芸なのだと。

深いのか?

いや、わたしは、富野さんがあてこすりをされているというのは、考えすぎだと思います。


サルボボ、かっこいい(笑)

犬ガンダム 宇宙編

えーと、なんで、民芸品なんだとずっと思っていましたが、サルボボ、ダルマと大うけでした。
特にサルボボは、本当にゲルググに見えてくるし……なんか、名前も似てるし(笑)

しかし、最後、あの人たちまで生きていたのはビックリしました。すげえなぁ、唐沢なをき。妥協をしない男だ。

あと、犬は別にどうでもよかったのですが、なぜか、フォウ犬にだけは激しく反応していたわたしであった……。


キシリア、いい役だ

機動戦士ガンダムさん みっつめの巻

こんだけよくネタが続くなぁ。すごいわ。

ハロディって、最初の1巻目は、ためてた物が出せるんだけども、それ以上って、なかなか続かない物なのですが。
けっこう続いていますねぇ。

最初に読んだときは、愛が少ないのかと思っていましたが、そうでもなさそうな感じ。「宇宙島のガルマくん」とかは、なんか、公式ストーリーに組み入れてしまいたいような気すらしてきます(笑)

あと、「哀・戦士」を熱唱するザクレロ……。すごいわ。女……やったんや。

キシリアちゃんが、いい感じですよね。


おまえは、アメリカか?

機動戦士ガンダム00 1

今度のガンダムは、武力によってこの世から紛争をなくそうとする集団のお話だそうです。

「沈黙の艦隊」?

いやいや、あれは、実際にはその武力を行使しないという縛りがあったのですが、直接、バンバン敵をたたきに行っています。それも、モビルスーツの圧倒的な性能差だけを頼りに。

もちろん、やっていることの矛盾については、作品中、気づいているのですが……今のところそれも、単なる負け惜しみという感じになっています。

これ、先の進み方によっては、メチャクチャ危ないマンガになると思うのだが……。理想が実現されても、実現されなくて殉教することになっても、イヤな展開になる予感がします。

富野 由悠季や、安彦 良和は、どんな気持ちでこれを見ているのだろう。