真島ヒロ一覧

これは、こっちで正解かな

FAIRY TAIL 5限定版

限定版の方を購入。
ミニ・コミックがついています。まあまあ、こっちでも、正解かなという感じのできです。

本編の方は、グレイの過去編です。
いい感じ。でも、こんな巻数わずか5巻で、こんな話持ってきていいのか?

この人のこういう、出し惜しみしないところ好きです。


ギルド間抗争勃発

FAIRY TAIL 6

グレイの過去のお話が、一段落。そして、ギルド間抗争勃発と、なかなかに、目をはなせない展開です。

しかし、ある意味、抗争が起きないために、ギルドや評議会があるのではないかとも思ってしまうのですが?そのあたりの設定は、大丈夫なのだろうか…。


ルーシィの秘密

FAIRY TAIL 7

ルーシィが、何者かというお話が、ちょっと。
これは、本人には、ちょっときつすぎる話ですね。

しかし、依頼があったからといって、いきなりギルドが、ギルドを襲っていいのか?という問題は残ります。

最終的には、さらに上の機関が動き出してという感じになるのかな。

そうすると、さらに強いやつが、上にいるという感じにつなげられるし。


原型

モンスター ソウル 2nd

これで、完結。
短いので、真島 ヒロが物語を書くときのキャラクターの配置の原型みたいなのがよくわかると思います。

「ワンピース」と比べられることも多いのですが、まぁ、目指しているパターンとしては、違う物だというのも、けっこうよくわかる。
どっちも、それぞれいい物を持っていると思います。

姉ちゃんに思い入れが強いですね。この人は。


群像

FAIRY TAIL 8

あぁ、ちょっとこの話で、真島 ヒロがやりたがっていることが見えてきた気がする1巻です。
個人のストーリーのあつまりではなくて、群像劇がやりたいみたいです。
ただし、それってマンガでは苦手な分野。

さて、どうなりますか。

ジュビアも、サジタリウスも、好きです。


ちょっと、休憩

FAIRY TAIL 9

ファントムとの抗争も終わって、新展開というほどの展開もなく、ちょっと休憩という感じです。

でも、エルザも、ジュビアも、ルーシィも、なんか、いい感じだ。



オンラインゲームって、時間がかかりすぎる気がする

モンスターハンター オラージュ 1

「モンスターハンター」はやっているみたいですね。
わたしは、したことないけど。

というか、最近は、テレビゲームは、「不思議のダンジョン」シリーズしか遊んでないです。時間もないし、根気もないし……。

だから、ゲームと比較してどうとかはわからないです。まあ、ちゃんとした真島 ヒロのマンガです。



ストレートなメッセージ

FAIRY TAIL 12

エルザ編、終了。

しかし、ちょっと盛り上がり過ぎたのでは、と、心配をしてみたりして。

このストレートに少年マンガなメッセージは、とっても、好きです。