獸木野生一覧

半神

THE WORLD 3

一神教が発明されたことによって、巻き起こった人の不幸というのは、もしかしたら計り知れないのではないかと思ったりします。

この物語の神様2人も、一神教の神様同様、大きな時代の流れにあまり関心を払いません。
ただ永遠に生き続けて、永遠に見つめ続けるだけ。

でも、この神様たちが全能ではないということは、物語のすくいではないかなぁと思います。
全能ではないから、自分にとって好ましいものを守りたいと思うし、寂しさを感じたりもします。

この巻は、ブラック・ワイルドの話だけでした。次の巻では、ホワイト・ワイルドの話になるのかな?
それとも、世紀を隔てたワイルド・ローズの子孫の話になるのでしょうか?


世界戦争

THE WORLD 4

どうやら、ホワイト・ワイルドよりも、ブラック・ワイルドの方が、ストーリーを動かしやすいようです。
ということで、この巻は、ブラック・ワイルドのお話。

そういえば、意外なことに、この人の「戦争」を正面から描いたマンガは、はじめてのような気がします。

エンジュは、作者自身が投影されているのかなと思う。
DVの被害者である自分。作家としての自分。
もっとも、それは、自分自身を悲劇の主人公に仕立てる目線ではなくて、なぜ、自分自身が、その状況に甘んじたのか?なぜ、理解されない物語を物語らずにはいられないのか?までも、考えているのですが。

魂が空をわたるシーンが出てきます。
あの魂は、人の魂だけではなく、本当に無数の動物たちの魂もまざっているのでしょう。


供物-サクリファイス-

THE WORLD 5

この世界が お前の場所だ
お前はここに 生まれたのではないか
大きすぎて お前には見えないか?
この世界のすべてがお前に 捧げられたのだ

もう一度 海を渡れ
何度でも 海を渡るのだ
たとえ魂だけになっても

それが生きるということだ

今は、ちょっと圧倒されていて、感想がでないです。


やっと、続きが読める……

愛でなく1 パーム10

「パーム」は、文庫版でなくてコミックス版をもっているのですが、「愛でなく」の途中からコミックスが手に入らなくなって中断していたのです。

だから、「愛でなく」が文庫になって読めるようになったのは、とても、うれしいです。

昔読んでた時は、恋愛編で、恋愛のことが中心だと思って、環境問題の方はおまけみたいなもんだと思っていたのですが、今回読んでみると、実はそっちの方がメインで、恋愛問題はそれに付随してでてきている感じです。

ちなみにわたしは、「愛は鶴亀」カータータイプでした。ほんまかいな……。


成長を描く

愛でなく2 パーム11

このアンディの成長編は、読んだ当時からすごいショッキングでした。

マンガのなかで、こんな風に人の成長が描けるというのにビックリしました。
ものすごく急激な成長でありながら、ゆるやかで無理なく、そして、共感できる成長のしかただと思います。


それぞれの不器用な…

愛でなく3 パーム12

フロイドとビアトリスの出した結論が、けっこう好きでした。

それから、アイリーンも、かわいらしいと思います。

アイリーンと、フォアウッドは、けっこう似ているところもあると思うので、彼の恋愛も、語られることがあるのでしょうか?


すべてをとらえる

愛でなく4 パーム13

前進的治療というのは、理想ではあると思うのですが、なかなか凡人には手を出していいのかどうかわからないところです。
ジェームズのような天才だから、間違えずに処置できるけれど、失敗すると影響が全体に出てしまう可能性がある気がします。

もっとも、専門的な治療も、細部と全体はつながっているので、全体に影響していくわけですが……。

躁状態のジェームズは、けっこう新鮮でおもしろかったです。
わたしも、アンジュラと同じ感想です。


この愛とよばれる不確かなもの

愛でなく5 パーム14

たった1つの問題が解決したように見えたとしても、世界がよい方にかわっていくわけではない。
解決したと浮かれて他の問題を忘れてしまうこと、好転したと先送りにしてしまうことは、とても危険です。

でも、なにかをなしとげれば、はしゃぎたくなるのも、人間です。

「愛でなく」は、恋愛編ということで、ジェームズとシドの恋愛を中心に、ビアトリス、フロイド、ジョゼ、カーターとジャネット、アンディとオクヨルン、アイリーンとケリー、フリスとソア、いろいろな恋愛がえがかれています。

その中で、多分、ジェームズとシドの恋愛だけが、先に続いていかない。
なぜなら、2人ともに自分のするべき目的、義務があり、それが、まったく別々の場所にあることをしっているから。
自分が、目的のない場所に行って死んだようになることをしっているのと同様に、相手も、もしまちがった場所にとどまれば死んだようになることをしっているからです。

うーん。ジェームズ自身も、もしかすると、積極的にならなかったのは、その手詰まりを知っていたからかもしれません。

ソアの闇をのぞき込んだフリス。人ごとではなくなっているから、その闇が自分自身に突き刺さります。

そして、ついに、ジェームズとシドが…。
でも、これで、終わらないところが、獸木 野生のすごいところ。その直後に、オワキングの問題で、シドとジェームズを対立させています。
ある意味、生き方が違う。

そして、生き方が違うにもかかわらず、お互いにとって、お互いが、とても大切な、重要な人間だという。
すごいです境地です。


愛ではなく

愛でなく6 パーム15

「みんな『愛』と言って、まるで1つのもののようにいうけれど、それぞれに形が全部違う」だから、「それは、自分自身で考えて行動しなければいけない。」

アイリーンとシドのやりとりが、とっても、好きなんですよ。
はじめて、自分の弱みを人に見せるアイリーン。彼女に、ジェームズとの別れを完全に決心したシドが話すというのが、言葉以上に、「それぞれ違う」ということを強調しています。

しかし、ケリーは、アイリーンのどこがよかったんでしょう?
それは、アイリーンでなくても、そう思う。
でも、「どこがよかった。」、「どこそこがよい。」というそういうことではなく、全部うけいれたからこそ、アイリーン自身も、ケリーが彼女のことを思っているということを感じたのだと思います。

そして、シドが行ってしまうことを決心してはじめて、

「とても愛してる」

というジェームズ。

なんか、いろいろな話が一気に終わりに向かって動いていくこの感じは、すごい気持ちのいいものです。

文庫版「愛でなく」は、これで完結。

アンジェラとノーマンの恋愛がかかれなかったのが、心残りです。

しかし、王様のジェームズへの申し出は、ビックリしました。
良く読めば、この結末は、「愛でなく」がはじまった時点から、また、王様に出会ったときから、あんなに明確にしっかりと物語で語られていたし。推理できるはずなのに。
なんか、虚をつかれた感じがしました。それと同時に、その場所こそ、彼がいるべき場所だという気も。

彼自身にとまどいがあるのは、自分の寿命が長くないことをしっているからでしょうか?
でも、だからこそ、急がなければならないとも思ったり。

目を離せない展開です。
すぐに、コミック版の続きを読もう(笑)


特別

午前の光1 パーム27

思春期を卒業した(?)アンディの成長ぶりには、わらってしまいます。
うーむ。成長といえるのかどうか。

ちょっと、極端に走るカーターさん。自分が本当に大切に思っている相手に対しては、メチャクチャ不器用なようですね。
ジャネットには、それが通じたようですが、ジョイにまだしっかりと伝わっていないみたいです。

ジョイは、自分のなかの孤独さをジェームズにうつしてみているみたいなところがあって、実は、そのあたりは、恋愛ではないのではないかと思ったりします。
それに、ジェームズにしたって、ギャングがらみのことが一段落しても、彼の「本当の場所」に、ジョイを連れて行くのかどうか?

やっぱり、物語をかく人間には、読者が必要だと思うし…。

まだまだ、始まったばかりで、次の展開が気になるパーム新章です。