江川達也,読書女神,江川 達也,講談社,講談社漫画文庫,BE FREE!

BE FREE!7

かつて、天才がいた。多分、今はもういないのかもしれない。
でも、ぼくらはその天才が、ものすごく開花していくときをリアルタイムに見たので、もう1度あの花火を見せてくれるのではないかと期待してしまう。

創作の女神は気まぐれで残酷。おごれる人も久しからず。

江川達也,読書スピード,江川 達也,講談社,講談社漫画文庫,BE FREE!

BE FREE!6

最初読んだときの熱に浮かされたような感じ、スピード感は、今読むとわからない。
このときは、本当に「天才」を見た気がしたのだが。

時代とか、自分の気分とかが、ピッタリとフィットしたんだろう。今は、それほどでもない。

江川達也,読書ジャンプ・コミックス,マンガ,ヤングジャンプ・コミックス・BJ,江川 達也,集英社,GOLDEN BOY

GOLDEN BOY 2 2

えーと、要するにこのマンガは、ダメな錦太郎のシミュレーションでしたと?
そして、また打ち切りで、このおち?

もしかして、江川 達也、自分の中で思想の収集がつかなくなっているのではないでしょうか?理想とか、見えなくなってないか?
多分、洗脳にこだわるまでは間違ってないし、なにか、自分の中に強いテーマがあることは正しいと思うのですが…。

さすがに、「GOLDE BOY 3」は、ないか?
でも、いつか決着はつけないと。江川 達也は先に進めない。

もう、先に進まなくても適当にやっていって大丈夫だけなのお金や名声(?)を手に入れてしまったか?

「タルを知る」と「いい加減」は、違うような気が……。

江川達也,読書江川 達也,講談社,講談社漫画文庫,BE FREE!

BE FREE!5

天才の暴走が始まった1巻。
これは、ほんとに、伝説の暴走で、その場で見ていた僕たちは、ものすごくドキドキしてました。

そして、今は、悲しい。

江川達也,読書ジャンプ・コミックス,マンガ,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・BJ,江川 達也,集英社,GOLDEN BOY

GOLDEN BOY 2 1

「GOLDEN BOY」復活。
多分、江川 達也のライフワーク的な主人公なのかではないかと……。またしても、途中で打ち切りのようです……。

だいたいにして、背景に写真が使ってあるマンガは、あんまり読みたくないかも。効果として効果的に使ってある感じではないですもんねぇ。

う~ん。錦ちゃんも、38歳。
洗脳の腕前も、アップしているようです。これでいいのか?その辺りは、自分でもわかっているみたいだけれど、結局、極まった理想というのは、独裁とそんなに変わらないのではないかと思ったりします。

そして、やっぱり、江川 達也は、どこに行くんだろう。
悪い意味で。