永井豪一覧

妖怪ぽっくは、ないですか?

ドロロンえん魔くん 完全愛蔵版

今、テレビで放送中?
それは、すごいな~。「ゲゲゲ」後の妖怪ブームなんでしょうか?

しかし、今、コレ読んでみると、出てくる妖怪のいい加減さが、半端じゃないです。
子どもの感性のままの人でないと、なかなか、こんなの思いついたり、思いついてもかけません。

やっぱり、すごい才能です。


ミッシングリンク

キューティーハニー天女伝説5

実は、8巻、9巻と、2004年頃のブログに感想を書いたりしておりますが、5巻の感想が、今頃です……。

えーとですねぇ、本の整理をしていたら、5巻だけが見つからなかったのです。

あれ、どこかに貸したりして移動しているのかなぁ?それとも、読んでないのか?

もしかして、見つからないだけで、読んだことはあるのではと思っていましたが、全く、読んだ記憶がなかったです。

ハニーとエンジェルが、ここまで絡んでる話って、読んだことないよなぁ……。
でも、実は、読んでいても記憶がなかったりして……。
最近、記憶に自信がない。


改訂版

激マン!4

まあ果たして、「激マン」が面白いのか、「デビルマン」が面白いのかは、微妙なのですが、それは、このマンガの中で分けて考えることは出来ない要素なのです(断言)。

そして、この今のクオリティの絵とつけ足したエピソードで、デビルマンのリメイクすればいいのにと思っていましたが、本当にそんな改訂版「デビルマン」が、出るみたいですね。

後半のデビルマンの異様な密度は、打ち切りという緊張感からきていたようです。たぶん、これは、作品にプラスに働いている気がします。

この調子で、このマンガで振り返った作品、全部、改訂して出したら面白いのに……。とおもいつつ、「デビルマンの章」も、佳境です。そして、次の章がちゃんとあるのかも、気になるます。この、永井 豪版、男の星座。


魔王竜馬

魔王ダンテ対ゲッターロボG

何で今、この作品なんだろうと思うところはありますよね。でも、逆に考えると、これだけ時代が移り変わっても、読まれ続けられるだけのものを、このお話たちは、持っているということなのかも。

そして、巧く激突をさけていますねぇ。でも、魔王の方が、ゲッターロボより強そうですが……少なくとも、Gでは歯が立たない感じです。

そして、ゲッター線でゲッターロボが進化していくのにも、実は神の計画が……的な話も、読みたい気がする(笑)


デビルマンも山場

激マン!5

半分以上デビルマンですが、おもしろいからいいや。

で、新しいデビルマン見ましたが、別にこれの原稿が使われているわけではなさそうですね。
えー、残念。こっちの絵の方が巧いのに。

まぁ、昔の絵も、異様な迫力があるんですけどね。

しかし、本当に「デビルマンの章」以外の章も、読みたいよねぇ。


期待してたのと、ちょっと違う…

改訂版デビルマン1

人生、何回目のデビルマンなんだろう。
今回、「激マン!」でかいた追加原稿が入るのかと思ったけど、そんなことはなくて残念でした。あれをちゃんとした形のデビルマンにしたやつ、読みたいですよねぇ。

しかし、改めて読むと、そして何度読んでも、本当に、よくできた話です。
1巻目から、伏線ありまくりです。これが、無意識なんだから、天才というのは恐ろしい。


ショッキングシーンは後ろに?

改訂版デビルマン2

さすがに、新鮮さはないですけど、傑作なのは確かです。

わたしの記憶では、ジンメンの話がこのあたりにあった気がしますが、刺激の少ない新デビルマンとかを前に持ってきて、あの辺のトラウマになりそうなのは、クライマックスに持って行くのかな?

記憶が正しいかどうかというのは、怪しいですが。


あっさり現代に

改訂版デビルマン3

うん?
新デビルマンのパート、短かったなぁ。アパッチ族の話とかなかった。

その辺は、ページの関係か、出来の関係か?


永井豪でできている

真マジンガー 衝撃!H編

くだらないんですよ。真マジンガーも、一緒にのってる「キューティーハニーvsあばしり一家」も。とことんくだらない。
それを、この巨匠本人がやってしまうというところが、本当にすばらしいと思います。

これは、確か西原 理恵子が言っていたと思うけど、ボクら世代の男の子の半分は、本当に、永井 豪で出来ています。


主は来ませり

改訂版デビルマン4

このあたりは、もう神展開で、わかっていても凄いとしかいいようがないです。
「激マン」読むと、おもしろさが倍増とはいわないけど、1.5倍ぐらいに増えます。

ちょっと、ラストシーンあたりのかき足し部分の流れに違和感がないことはないですが。デビルマンが倒れるシーンは、もっと前にいれないといけないだろう……。

まあでも、それは細かいことです。