武内直子,読書

コードネームはセーラーV2 完全版

記憶していたよりも、だいぶおもしろかった。
そして、恰好よかった。

特に最終回。

「戦い続けろって運命なのさ」

で、ゾクゾクした。

あの時代、うさぎの次に美奈子に人気があった理由が、ようやくわかった気がします。

武内直子,読書セーラームーン,マンガ,武内 直子,美少女戦士セーラームーン,講談社

コードネームはセーラーV1 完全版

今までずっと、美奈子とうさぎって、同じ性格だと思っていたのですが、今回、コレを読んで、全然、違うなぁということに、やっと気がつきました。
美奈子、振り向かない女です。半端ねぇ(笑)

うさぎちゃんって、どっちかというと、泣き虫で、悩んで動けなくなることが多いタイプですよねぇ。実は、元気で脳天気なうさぎちゃんというイメージって、マンガ版ではそれほど強くないのかも。

それに比べて、美奈子の場合は、ひたすら動いていますねぇ。
スポーツ万能という特徴も、うさぎちゃんにはなかったです。どっちかというと、どんくさいといわれていたような気がします。

そして、美奈子が変身するたびに、アルテミスが、

「なんじゃ、そりゃ~」

っていう顔をしているところが、凄く好きです。
昔は、この本、「セーラームーン」のおまけみたいに思っていましたが、なかなか、楽しい。

武内直子,読書セーラームーン,マンガ,武内 直子,美少女戦士セーラームーン,講談社

美少女戦士セーラームーン10 完全版

完結。
改めて読んで、凄い話だなぁと思います。
うさぎが孤独であることとは、多分、いろんな義務を背負った大人でないとわからないことで、でも、そこが真剣にかかれているところが好きです。

アニメしかしらない人は、ぜひ、原作を読んで欲しいですね。
特に旧版のアニメのハチャメチャは、原作のハチャメチャさとはかけ離れてしまっているので。
新版は、見てないのでどうかわからないのですが。でも、立ち姿とかスタイルは、新版の方がイメージ近いと思います。

あとこれ、なにげにいろんな知識が身につきます。太陽系の惑星を全部英語で言えるのはこのマンガのおかげ。
まぁ、冥王星は、惑星じゃなくなってしまったんですけどね。

武内直子,読書あ・そ・ぼ,セーラームーン,武内 直子,美少女戦士セーラームーン,講談社

美少女戦士セーラームーン9 完全版

あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

実は、喪中ですが、あんまり気にせずに(笑)
笑いは、大事ですよ。生きている限り。

ということで、2015年の幕開けの1冊は、セーラームーンです(爆)

この巻はですねぇ、前も書きましたが、セーラームーン中1番好きなシーンがある巻です。
やっぱり、シビれるシーンです。

そして、こうやってみると、中学生編とくらべると、キャラクターたちがすらっと成長しているのがわかります。
この微妙な成長をかけるのは、凄いことです。

ちなみに、旧テレビ版のキャラクターには、このスラッとしたところが足りなかったと思います。

武内直子,読書セーラームーン,武内 直子,美少女戦士セーラームーン,講談社

美少女戦士セーラームーン8 完全版

中学生編ラスト。

ちびうさ編でもありました。
「”らしく”いきましょ」は、超好きな歌です。

番外編の受験編が、けっこう楽しい。

カルテットたちが、最初から小惑星の子たちだということが設定されていたということがわかります。