ジェット草村,武井宏之,読書ジェット 草村,マガジンエッジコミックス,武井 宏之,講談社,SHAMAN KING,SHAMAN KING レッドクリムゾン

SHAMAN KING レッドクリムゾン4

レッドクリムゾン完結。
といっても、始まったばかりだせという感じですが。

この続きは、SUPER STARSで語られるのかな。
ぜひ、語られて欲しいです。

スタン・リー,武井宏之,読書ダークエルフ物語,マガジンエッジコミックス,武井 宏之,猫ヶ原,講談社

猫ヶ原3

消えたので、書き直しです。

なんとなく、「ダークエルフ物語」のダークエルフの世界を思い出してしまいます。
なんか、価値観がひっくり返っているように見えながら、どっか説得力があるからかも。

そして、そんな世界の中でも、格好をつけたがる。

ジェット草村,武井宏之,読書マガジンエッジコミックス,武井 宏之,講談社,SHAMAN KING,SHAMAN KING レッドクリムゾン

SHAMAN KING レッドクリムゾン3

ジャンヌと蓮が、どんな風に付き合っていったのかとか、日常風景とか、そういうところも読みたいですよねぇ。
メインテーマからは離れちゃうかもしれないけれど。

蓮が黽を諭すところが、これからのシャーマンファイトのありかたを語っているようで、まあ、難しい道だよなぁと。

武井宏之,読書シャーマンキング,マガジンエッジコミックス,武井 宏之,江川 達也,講談社,SHAMAN KING

SHAMAN KING-シャーマンキング-2 KC完結版

完全版も読んで、3回目の再読なのですが、けっこう最初の設定と変化して矛盾も出てきている部分も見えます。
作者が迷っていた部分もあるのかなぁ。週刊連載だったし、錬れずに突っ走ったところもあると思います。

でも、細かいところはさておきのおもしろさというのがあります。それは、作者の芯の部分がぶれてないからだと思います。
江川 達也も、そういう意味では、芯はぶれない作家だと思うのですが、あの人、ぶれない代わりにすぐ飽きるからなぁ……。

武井宏之,読書シャーマンキング,マガジンエッジコミックス,武井 宏之,講談社,SHAMAN KING

SHAMAN KING-シャーマンキング-1 KC完結版

消えたので、書き直し感想です。

マンキンの完結版。多分、内容的には、完全版と一緒になるのかな。マガジンに移ったので、これも、講談社に来た感じです。
最初のこのユルユルの感じが、好きかも。

でも、割とはじめっから、アンナとかの設定があったのねと、読み返すとわかります。