榎本ナリコ一覧

汚れちまった悲しみに…

センチメントの季節1

背伸びして、格好をつけて、でも、1人ぼっちで泣きそうになっていた、あの時代。

みたいな感じのエッチなマンガです。

この人は、多分、計算とかではなくて、こうしかかけない人なんだろうなと思います(少なくとも、この作品については)。もっとすっきりした話であったり、生臭さのない話を、多分、かく前は(けっこう頭でっかちに)考えているけれど、なぜか、できあがった作品は、こんなになってしまうみたいな……。

そういう、どうしようもなさみたいなところが、榎本 ナリコというか、野火 ノビタの魅力だと思います。

絵、安定してるけど、うまくはならないよなぁ…。


想像力の悲歌…

センチメントの季節2

うだうだと。
そんな気分の時もあったかなぁと……もしかして、今でも、そんな気分の時があるか?

でも、こんな青春はすごしてないからなぁとも思ったりする。


靑い空は動かない…

センチメントの季節3

基本的に、同じフレーズの繰り返しマンガです。

でも、繰り返し使っても大丈夫なぐらいのリアルさが自分にあるなら、それは、すごい武器になる。


天才が一度戀をすると…

センチメントの季節4

感覚のリアルと現象のリアルとは違うもので、感覚のリアルを出すために、現象の嘘を重ねてみる。

そういうお話なんだと思います。


やるせない、この生計の宵々に……

センチメントの季節5

新年、1発目の本がこれかよというのはあるのですが……。

秋からはじまったこのマンガ、2回目の秋のお話です。

今までは短編集だったのですが、ここからは、1巻完結のお話になるみたいです。

心と体、両方大切。多分、そういうお話です。


もう1度、行きたい場所へ

センチメントの季節6

どこか、大島 弓子をおもいだしすところもあったりします。

まぁ、大島 弓子がかかないところを、あえて、露骨にかいていたりするのですが、どこか、心の動き方や、物語のまとめかたで、そんな感じがします。


遠い夏

センチメントの季節7

さらに、悪意の度合いが増えている気がします。

まぁ、もともと、センチメントっていうのは、少年少女が感じるものではなくて、少年少女を見た大人が感じるものであるという、当然のことに、ちょっと気づかされたりします。

いつかは、どんな人間でも、生きていれば醜悪な大人になっていく。それはそれで、悪いものでもないのだけれど。


こころとからだ

センチメントの季節8

「センチメントの季節」最終刊です。

最初は、少年少女に視点を置いていたこの物語も、だんだんと大人の視点にシフトしていっている感じです。
1つは、少年少女なんて縛りでは、パターンが決まってしまうということもあるのだと思いますが、これをかくことで、榎本 ナリコ自身も、なんか、成長していったというか、感じるところがあったような気がします。

リアルって、なんでしょう?

それこそ、子どもの時代は、体の感覚だけがリアルだった。でも、思春期を越えて、心の比重がどんどん大きくなっていく。でも、多分、心だけがすべてというのも、また、間違っているのかもしれない。
その時、その時によって、振り子みたいに、価値観は揺れ動いているのだけれど、どっちかを大事にしなければ、そのツケは、もう一方にも影響を及ぼすというのは、真実の様な気がします。

純粋であるのかないのか、そんなことにこだわる必要は、本当はないのかもしれない。
それは、ただの妥協かもしれないけれど。でも、妥協することにも、意味はあるのかも。