栗本薫一覧

世紀末から

終わりのないラブソング1

「終わりのないラブソング」。
最近、わたしの読んでいる栗本 薫は、割とコッチよりのばっかりな気がします。

多分、二葉って、ロベルトと同じような人間である気がします。でも、それを三人称で書くか、一人称で書くかで、見えてくる景色が違ってくる。

多分、この辺の物語に抵抗なく反応しているのは、わたしのビョーキの部分だと思います。でも、それを誰かと共有できる(誤解であったとしても)というのは、それなにり心安まる体験であると思います。
1987年から発表されたこの小説は、多分、同じビョーキを抱えた者にとって、多分、全然古くない。


わかり合えたと思える一瞬

終わりのないラブソング2

なんで、全然、別の人間同士に、わかり合えたと思えるような瞬間が訪れたりするのか。
これは、なかなか切ない。

そして、流されているところですら、そういうもんだよねと共感できたりします。


名探偵登場

栗本薫・中島梓傑作電子全集1 伊集院大介1

アレクサにキンドル読んでもらって車の中で聞いています。

栗本 薫の傑作全集。
「魔界水滸伝」と「グイン・サーガ」という、二大タイトルは入っていないもののそれ以外は網羅していると思っていいのかな。
いや、同人誌系のはないのかな。

あれ、今、天狼プロダクションも、天狼叢書とか、あのへんの売ってないのかな?
あれは、あれで好きなんだが。

弦の聖域

本も読んでいるはずだけど、これまた、全然おぼえていないですねぇ。

多分、読んだときは、このお話が理解できる年齢に精神年齢も含めて、達していなかったのではないかと、お話を聞きながら感じました。
今回は、ものすご面白いし、めっちゃ印象に残るシーンがあったし。1

昔ほど、物事に感動できなくなっていて、昔ものすごく好きだった本を読んでも、今ではすっかり理解できなくなっていることの方が多いので、こうやって、昔楽しめなかったものが楽しくなっているのは、とっても嬉しいです。
衰えではなくて、変化……だといいなぁ。

なんか、昔読んだ印象として残っているのは、なんで伊集院 大介は、こんなに偉そうなんだという。読んでいると、全然そんなことないのに、なんでそんな印象が残ったかというと、それは多分、最後のシーンとかのせいだと思います。

芸の道は、中学生に理解するのは難しいんです。

逆に、栗本 薫が探偵の「ぼくら」シリーズは、ものすごく覚えています。今読むと、どうかな。

優しい密室

伊集院大介シリーズ第2弾。

ダイちゃんが、大介ではなかったことだけはかろうじて覚えていたけど、これ、本当に読んだのが状態です。
わたしのもっている女子校の雰囲気は、これかなと思ったりしたけど、よく考えると、氷室冴子の「白書」シリーズも、まざっているかもしれない。

いつ読んだのかも定かでないけれど、まあ女子に夢を持っている時代に読んでいることはたしかで2、そうすると、ラストのひどいところとかは、あんまり印象に残らない感じだったのかも。

栗本 薫って、おもしろいけど、登場人物のだかれに、ものすごく感情移入して読むタイプの物語ではないのかも。

鬼面の研究

伊集院大介シリーズ第3弾。
これも読んだことあるはずですが…。

よっぽど、このあたりを読んだときのわたしは、ミステリーに興味がなかったのかも。
いまも、あんまり得意なジャンルではないしなあ。
頭悪いので、登場人物が多いと、途端に誰が誰だかわからなくなります。

まあでも、伊集院 大介が偉そうというイメージは、この話では持ちそうです。
推理披露するときの名探偵は、みんなこんなもんかな。伊集院 大介の場合は、普段とのギャップがあるから、余計にそう感じるのかも。

伊集院大介の冒険

短編集。
読んでいるけど、やっぱり記憶に残っていないなぁ。

まあ、だいぶ自分のこと名探偵だと思ってきてますよねぇ、伊集院 大介。
あんまり傲慢でない名探偵というのも、珍しいか。

伊集院大介の私生活

短編集、その2。
なんか、短編の伊集院 大介は、狂言回しになりがちだけど、これは、わりと主人公ぽいのが多い感じがする。

題名が全部、「伊集院大介の……」だからかも。

伊集院大介の新冒険

短編集、その3。
車で移動中に、アレクサに読んでもらっているので「私生活」と「新冒険」のきれめがどこだったのか、イマイチわかっていないという。

ただ、「天狼星」っぽい話が書いてあるので、もしかして、「鬼面の研究」と「新冒険」の間には、いくつか長編があるのではないかな。と調べたら、「猫目石」とか「天狼星」が間にあるみたいです。
まあ、「猫目石」は、「ぼくらシリーズ」の後の方がいいし、こうなったのかな。
このあたり、執筆順ではなくて、テーマ別にしているので、ちょっと難しいところですね。

  1. と言いつつ、数年すればすっかり忘れている可能性も大ですが []
  2. 今でもですが。 []