栗本薫,読書グイン・サーガ,ハヤカワ文庫,ミロクの巡礼,早川書房,栗本 薫

ミロクの巡礼 グイン・サーガ124

ヤガ行きヨナのモテモテ道中……。また、タイス篇みたいに長々と続いていくのかと思って読んでいたら、最後でえらいことになって、ビックリした。
すごい、すごすぎます栗本 薫。

そして、きっと、ホームページでは、「ミクロの巡礼」とか、そんなダジャレが出てきたんだろうなぁ……。わたしは、長い間、ミロク教ではなくて、ミクロ教だと思っていました。

しんみりします……。

栗本薫,読書グイン・サーガ,ハヤカワ文庫,早川書房,栗本 薫,風雲への序章

風雲への序章 グイン・サーガ123

「序章」というタイトルに、大ウケした記憶が。本人も、あとがきでウケてました。
栗本 薫、生きる気満々だったんだと思います。

内容は、でもまさに、「序章」にふさわしくて。

続きが読みたい。

栗本薫,読書グイン・サーガ,ハヤカワ文庫,リアル,早川書房,栗本 薫,豹頭王の苦悩

豹頭王の苦悩 グイン・サーガ122

捨てられる人間は、ひたすら捨てられ、捨てる側の人間は、ひたすら捨てる。
ある意味、リアルなお話です。

この世であいまみえた……って、えらい不穏なことをかいてるな。

栗本薫,読書グイン・サーガ,サイロンの光と影,ハヤカワ文庫,七人の魔道師,早川書房,栗本 薫

サイロンの光と影 グイン・サーガ121

あと、この巻をあわせて10冊で、グイン・サーガ完結(未完)です。

物語は、佳境に。
いつも、いつも、佳境なんだけれど……。
でも、確実に「七人の魔道師」の時代に近づいている感じです。

表紙は、誰だ?普通に考えれば、ハゾス?もうちょっと、おっさん、かつ、ごついイメージがあるんですが。

栗本薫,読書グイン・サーガ,ハヤカワ文庫,旅立つマリニア,早川書房,栗本 薫

旅立つマリニア グイン・サーガ120

栗本 薫亡き後に読む、グイン・サーガです。
あと、10巻ほどで、続きが読めなくなっちゃうんですねぇ。さびしい。

もっと、もっと、読み続けていたいです。