朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ),真・女神転生,真・女神転生TRPG 魔都東京200X,読書,魔都東京200Xリプレイ,RPGジャイブ,ソード・ワールド,ペルソナ,女神,朱鷺田 祐介,真・女神転生,聖華学園退魔生徒会,JIVE TRPG Series,RPG

聖華学園退魔生徒会 Replay:真・女神転生TRPG 魔都東京200X

なんか、久しぶりにソード・ワールド以外のリプレイを読んでいる気がします。

現代物だと、「真・女神転生」が、いろいろ要素も入っていて楽しいと思います。
で、こういうノリが、1番わかりやすく良いのではないかと。
あんまり、「真・女神転生」の世界を前面に押し出してしまうと遊びにくくなると思うのです。

昔、そろばんを2こ装備したら移動力があがるというのがあって、履くのか~と爆笑したことがあったような。あれは、「真・女神転生」というより、「ペルソナ」だったかな。

シャドウラン,シャドウラン 4th Edition リプレイ,朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ),読書,RPGグループSNE,シャドウラン,新紀元社,朱鷺田 祐介,Role & Roll Books

ストリートの天使たち シャドウラン 4th Edition リプレイ

昔読んだシャドウランは、グループSNEだったような記憶が……。

スザク・ゲームズのリプレイは、わりと戦闘中心なので、読み物としては、今ひとつな感じです。ゲームを遊んでいたら、感じ方が違うのかもしれませんが。

朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ),真・女神転生,真・女神転生TRPG 魔都東京200X,西上征,読書,魔都東京200Xリプレイ,RPGジャイブ,ジャイブTPPGシリーズ,天界の檻,朱鷺田 祐介,真・女神転生,西上 柾

天界の檻 真・女神転生TRPG 魔都東京200X リプレイ

前の…というより、ノクターンよりは、おもしろかったです。
ちょっと、青春はいっていて、わたしのイメージする「女神転生」らしさがある。

朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ),真・女神転生,真・女神転生TRPG 魔都東京200X,西上征,読書,魔都東京200Xリプレイ,RPGジャイブ,ジャイブTPPGシリーズ,再会,朱鷺田 祐介,白き刃の後継者,真・女神転生,西上 柾,RPG

白き刃の後継者 真・女神転生TRPG 魔都東京200X リプレイ

「再会」よりは、たのしめましたねぇ。
世界観的には、1の前半。その裏で……。という感じです。

ただやっぱり、ゲームとかをしてというか、ルールブックを読んでいて、勢力図をしっかりと理解していないと、いろんな人たち(特にえらい人たち)が、唐突な感じですねぇ。

あんまし、世界の設定そのものにさわらないような形での学園退魔ものみたいな感じなのが楽しそうです。

次のは、そうかな?

朱鷺田祐介(スザク・ゲームズ),読書クトゥルフ神話ガイドブック,クトゥルー,マンガ,ラヴクラフト,ラヴクラフト全集,創元推理文庫,新紀元社,朱鷺田 祐介,神話,青心社

クトゥルフ神話ガイドブック 20世紀の恐怖神話

クトゥルーとの出会いは、多分、矢野健太郎のケイオス・シーカー・シリーズだと思います。

で、学研のムック、創元推理文庫の「ラヴクラフト全集」と青心社の「暗黒神話体系 クトゥルー」あたりを平行して読んで、RPG系とか、マンガ、菊地秀行の小説などに広がっていった感じです。

こういう「世界」を共有しているというのは、おもしろいなぁ……という興味が大きいです。物語の中で、いろいろな関係ができているところが、楽しいのです。

で、こういうガイドブックは、自分がみつけていないそういった世界の広がりを感じさせてくれるで楽しいです。

今までのガイドブックは、やっぱり海外の作品についての言及が多かったのですが、このガイドブックについては、日本の作品のことも多く書かれていて、そのあたりが楽しかったです。

わかる人にはわかる暗号みたいな感じで、それを作品に紛れ込ませるのは、けっこう気持ちいい行為なんだろうなぁと思いました。

魔導書に人格があるという考え方は、なかなか、面白くていい設定です。