末次由紀一覧

道は、近江神宮へ

ちはやふる1

マンガ賞とったと並んでいたんですよ。
そのカバーの色遣いと絵が、メチャクチャ印象的で、購入した1冊です。

そして、カルタ界。そんな世界があるなんて。
でも、確かに、テレビのニュースで流れていたりするもんな。

主人公の小学生の女の子が、メチャクチャ男前なんですよ~。もうそら、ありえないぐらいに。だから、この子に嫌われたくないというか、軽蔑されたくないという、男の子2人の気持ちも、痛いぐらいに伝わってきます。

世の中には、まだまだ、知らないおもしろいマンガがあるんですねぇ。


高校編

ちはやふる2

小学校編、終了。

そして、高校編がはじまりました。中学校、すっぽかした。
でも、この空白の3年間が、物語に重みをつけているみたいですねぇ。

めちゃくちゃ美少女に育った主人公。そして、無駄美人。無駄部というのが、なんとも、ツボです。
本当に、これだけの人材を集めて、かるたですから。
でも、これぐらいやっても、頂点を取るのは難しいということでもあるなあ。


大きくなるっていうことは

ちはやふる3

典型的なスポコン展開です。
それからカルタというところが、なんとも斬新で奥が深い。でも、気持ちの持っていき方、成長は、本当に、気持ちいいスポコンです。

「声出していこう!」

とか、でも、本当にチーム戦では大事だよね。

部長・太一の成長も、かっこいい。好きな女の子が、違う方を見ているのがわかっているとき、そこで踏ん張って成長していくのが、いい男だ。


女帝動く(笑)

ちはやふる4

なんでも、一生懸命にやるのは大切だなぁと。
女帝が動いたのは、うまくいきすぎだけれども。

このちはやの頭痛は、ただの風邪なんでしょうか?物語に大きく関わるようなものなんでしょうか?


夢のかよひ路

ちはやふる5

クイーン登場。まぁ、前巻でも出ていたのですが。
具体的なライバルが出てくると、スポコンものは、俄然面白くなりますね。

しかし、この子を越えると、お話が終わってしまう感じもします。まだまだ、先のことだと思いますが。


まだふみもみず

ちはやふる6

「運命戦」という言葉を知りました。
うーん、盛り上がっています。

ちはやだけではなくて、他の部員たちの成長やドラマも、けっこう面白いです。

今年ぐらいドラマ化されて、「かるた」ブームが来るかも(笑)



チ、ヨ、コ、レ、イ、ト

クーベルチュール1

「ちはやふる」の末次 由紀ということで、読んでみました。

チョコレート屋さんのお話。
チョコレート屋さんといっても、駄菓子屋さんではなくて、喫茶店みたいに、そこでチョコレートを食べられる様なおしゃれなお店。
そして、イケメン兄弟の店員。

うーん、わたしとは、縁のない世界だ(笑)

チョコレート屋さんが舞台だからといって、「パティスリーMON」みたいに、そのお店の従業員たちの恋愛模様とかがかかれるわけでは(今のところ)なくて、そのお店に、お客さんとしてきた人たちのエピソードが、1話完結で語られる感じです。

イケメン兄弟2人は、弟が店のウェイターをして、兄が店の料理人をしています。
イケメンだけに、顔目当てのお客さんも、多いみたいです。

1話読んだときはねぇ、このイケメン2人が、どうもいけ好かなくて……。1冊4話読んだ今でも、弟の方には、まだ慣れないです。
基本的に、かっこよくて、愛想のいい人を信用できないらしい(ヒガミという…)です。

まあでも、人情話は嫌いでないので、もうちょっと続けて読んでみます。


技巧派

ハルコイ

「ちはやふる」がおもしろかったので、この人の作品、いろいろ手を出しています。

1つの年齢層だけからではなくて、いろいろな視点の人から、物語が見えているところが、この人のマンガのすごいところです。そうすると、散漫になりそうなのですが、そこはちゃんと、おさえるところはおさえてあります。

ある程度、マンガらしい(というかドラマとして)パターンはまった物語ですが、どの世代の人にも安心して読める感じがあります。

わたしは、特に、食堂のお話が好きです。


詩暢ちゃん…かわいい(笑)

ちはやふる8

丸くなったクイーン詩暢ちゃんに、爆笑してしまいました。
こっちの方が、かわいいとか思ってしまいますが(笑)しかし、この体格の変化は、もともと物語に組み込まれていたことなのか?と思ってしまいます。

しかし、カルタって、もめた場合は結局最後はどうやって、取りを決めるんでしょう?両方言い張ったら、最後はジャンケンか?
審判って、いないもんなぁ。

原田先生のかっこよさが、キラリとひかる1巻でした(笑)