手塚治虫,読書子ども,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,新宝島,講談社

新宝島 手塚治虫文庫全集

手塚 治虫、伝説の「新宝島」。
このオープニングのカーアクションに、あの時代の子どもたちはシビレたのだそうです。

今の目で見ると……まあ、資料的なものです。
でも、これがあったから今があるともいえるのだと思います。

手塚治虫,読書三つ目がとおる,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,講談社

三つ目がとおる5 手塚治虫文庫全集

むむっ。イマイチ。そろそろ飽きてきた?
時事ネタが多いから、単純にそれが古くなって劣化したところもあるのかな?

ものすごく先取りしたところもあるのだけれど。その部分は、かえって単純な作りになっているので、今読むと厳しかったりします。

手塚治虫,読書ザ・クレーター,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,講談社

ザ・クレーター 手塚治虫文庫全集

読み切り連作。

別に話が続いていない短編をかき続けられるとというのは、本当にすごいことだと思います。
たまに、おもしろいのあるし。全部、それなりの水準だし。今見ると、古いのもあるけど(…まあ、それはしかたないよな)

この人のアイデアは、無限の泉からわき出しているかと思います。

手塚治虫,読書三つ目がとおる,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,講談社

三つ目がとおる4 手塚治虫文庫全集

三つ目族と耳長族との対立みたいなお話。

和登さんとこんなに離れていた時期があるとは知りませんでした。
本当に、わたしは、「三つ目がとおる」を以前にちゃんと読んだのか?抜けている部分がある気がする……。

そして、お話がパターンからはずれると、ちょっとおもしろかった。

手塚治虫,読書きりひと賛歌,マンガ,手塚 治虫,手塚治虫文庫全集,講談社

きりひと賛歌2 手塚治虫文庫全集

あれ、思っていた結末と違いますねぇ。
違うマンガとまざっているのかな?

わたしの以前読んだ記憶だと、竜ヶ浦先生は、「それでも、わしは、自分の見立てを信じる」みたいなことをいって、自分の選んだ治療法を死んでいったみたいな記憶があるのですが。
全然、違うな。なんだ、この記憶は?
手塚 治虫のマンガだとは思うのですが。