手塚治虫一覧

空を越えて ラララ 星の彼方

PLUTO1

「鉄腕アトム」が原作の現代マンガということで、読んでいます。
本当は、浦沢直樹のマンガは、文庫本になったのだけを読んでいこうと思ってセーブしていたのですが、だって、「鉄腕アトム」ですぜ……ということで、買っちゃいました。

という割には、実は、原作になっている「地上最大のロボット」って、どんな話だったか覚えていなかったりしますが。
青騎士とか出てきたはなしではなかったのかなぁ。

読んでみた感想なのですが、このロボットに対する優しさは、アイザック・アシモフと日本人だけが持ってる感覚だと思います。

形に心が宿っているのではなく、心が宿っているから、ロボットを自分を対等に扱うんですね。

そして、1巻のラスト。いよいよアトムが!
期待、もたせます。


ぼくの腕と足は ジェットで 空を飛べる

PLUTO2

ロボット自体が、世界のパワーバランスを壊しかねない兵器である。
その悲哀が、なんともいいですねぇ。

そして、ウランちゃん登場。

そういえば、アトムには、お兄さんもいたような気が……。


行くぞ アトム ジェットの限り

PLUTO3

ウラン、そして、白いライオン。
こういうのに、ドキドキします。

けっこう、最近のリメイク作品の手なんですけどねぇ。

そして、とうとう、プルートゥが登場したのでしょうか?
あと、2、3巻で、完結するのかな。


究極のロボット

PLUTO4

「本当に優秀なロボットは、間違えることすらする」

強い自制力を持ちながら、それを越えて殺人すら犯すことが出来る。それこそが、ロボットを越えるロボット。

本当につくりたいのは、ロボットではなく、人間なのか?

でも、完璧な人間は、殺人を犯さないのでは?

浦沢直樹は、そういう問いに正面から答えを出さない気がする。そこだけが、ちょっと不安だ。


天馬博士の天才

PLUTO5

アトムを憎みながら愛している天馬博士。
そして、彼は、人格的にはどうであれ、天才です。どんなにお茶の水博士がいい人でも、「天才」というのは、そういう人格とは違うところにある。

そういう物語を、もうすでに手塚治虫はかいていたことに気づきました。

彼が作った「完璧なロボット」こそが……?


現世でも、ひるこだったようです

どろろ梵1

百鬼丸とどろろのその後を読めるのは、けっこううれしいかも。

まあ、手塚 治虫の作品ではなくて、今風のリニューアルなんですけどもね。

でも、「どろろ」って、すごい傑作だなぁと思います。このマンガがなかったら、きっといろんなマンガがなかったそんな物語です。

転生した百鬼丸も、なかなかいいです。現世の記憶はどうなったんだとか思いますけどね。

そして、今回の相棒は、どろろではなくて、梵。どろろは、妖怪として生きているみたいです。でも、題名からすると、梵はどろろの生まれ変わりっぽいなぁと思うのですが。

さて、まだスタートしたばかりで、全体は見えていない感じです。でも、今はワクワクしています。


ロボットの死

PLUTO6

ロボットは、死ぬのか、壊れるだけなのか?

ロボットは、本当に感じているのか、そのふりをしているだけなのか?

そして、人間は、本当に感じているのか?


凝縮されたおもしろさ

BLACK JACK 16 The best 12 stories by Osamu Tezuka

久方ぶりに、この名作を読んで感じるのは、1話1話が、けっこう短いことですね。
それなのに、内容は、みっちり詰まっている。

もちろん、「なんで、この人ここにいるの」みたいな説明足らずのご都合主義的な展開は、たくさんあるんだけれども、物語の大切な部分というのはそこではなくって、人と人が会ったところからはじまるともいえる。


内容濃縮

手塚治虫ミステリー傑作集 二階堂黎人が選ぶ!

本格推理の定義が、二階堂さんとわたしでは違うようです。
そのあたりは、う~むですねぇ。

しかし、この時代のマンガを読んで思うのは、本当によくこれだけの内容を短いページに詰め込んだものだということです。

この短編も、今かき直したら、きっと1から2冊ぐらいのマンガになると思います。


型破りというパターン

どろんこ先生 The best story by Osamu Tezuka

型破りな先生が……という、型(パターン)です。
まあ、今まで、まともなのに出会ったことはないな……。

いや、「BE FREE!」は、傑作だったか?