川原正敏一覧


柔らの道は1日にしてならずじゃ

修羅の刻14 陸奥圓明流外伝

ということで、柔道編。
どっちかというと、これほど現代に近いお話よりも、もっと戦国時代とかの話の方が、「修羅の刻」の題材としてはおもしろいかなぁと思います。

まあ、有名な強い人同士の戦いというのは楽しいのですが、源義経、信長や、坂本龍馬、新選組みたいに、時代を動かしていく強さではないところが、ちょっと不満です。
そういう意味では、武蔵の話とかも、けっこう歴史との関わりはないなぁ。

この人と、和月さんは、「あとがき」で、書くと苦しくなるようなところまで書くからすごい、いい人だと思うし、すごい好きです。

今回は、ライバルの方が小さかったから苦労した話。
うんうんと、頷きながら読んでしまいました。

あとがきを読むと、「修羅の門」を復活させるつもりがあるようですねぇ。

陸奥九十九は、戦場で戦うのでしょうか?



ところで、ファンは、なんでカザルの味方をするの?

海皇紀21

すいません、そのへんの政治的な話は、さっぱり覚えていません。
いや、覚えていないというより、理解していないだけかも。


全然、パーフェクトじゃない…

修羅の刻 パーフェクトガイド 陸奥圓明流外伝

「修羅の刻」がアニメでしているそうです。
見たことないけど、見た人の感想では、

「けっこぅ普通よ~」

とのこと。
普通って、どんなんよ~。

今は、ウワサでは、幕末編。
でも、わたしとしては、それ以降の話がどうなるのかが、気になります。

実は、わたしが1番好きな、「修羅の刻」は、「アメリカ西部編」だったりします。

パーフェクトブックは、そこにはなにも触れられていないという……。




イベルグエン

海皇紀24

世界の秘密の一端を持っている(らしい)イベルグエンの登場です。

さて、物語を壊してしまう可能性もある勢力をどう扱っていくのか、楽しみです。


陸奥か…?

海皇紀25

陸奥か…?

という設定は、あった方がおもしろいような、なくてもよいような。
「修羅の刻未来編」とか。

それで、実は、ファンの方が不破だという……。

ヴェダイに効く呪文……そ、そうだったんだ。しらんかった。


しびれます

海皇紀26

出て行くヴェダイとメルダーザ。
それに対するファンの贐。

しびれます。

ただし、わたしは、もうすでに、このメルダーサとマイアの2人の女の子の目的はなんだったかは、忘れてしまいました。