山田正紀一覧

ワクワクのかたち

読書会

本好きが、本についてダベっているだけの本です(笑)
わたしは、山田 正紀は、もうちょっと分析的な人だと思っていたので、ちょっと韜晦しすぎだろうと思いました。

でも、仲間とこうやって、好きな本のことを話すのは、楽しそうだ。

小松 左京は、わたしの視野の中にはいってなかったので、読んでみたくなってきました。

あと、常野物語も、挑戦してみよう。

山田 正紀,恩田 陸
徳間書店
発売日:2007-01
 


悪夢のかたち

クトゥルー怪異録

日本人の書くクトゥルーは、けっこう変化球が多いのですが、これは、けっこうストレートかな。
山田 正紀だけ、ちょっと変な感じのお話でしたが。

しかし、「史上初の日本人作家によるクトゥルー作品集」というのは、嘘だろう……。

菊地 秀行佐野 史郎,高木 彬光,友成 純一,小中 千昭,山田 正紀
学習研究社
発売日 : 2000-09

SFブームの頃

日本SF全集2

このあたりが、SFブームの到来なのだそうですが、実は、わたしこの時代の人のSFって、わりとスッポリ抜けてます。
山田 正紀と川又 千秋ぐらいかな、同時代に読んだのは。

山田 正紀は「神獣聖戦」、川又 千秋は「幻詩狩り」、「反在士の鏡」あたりを読んだ記憶が。
「反在士の鏡」以外は、小難しかったような……。
あと、野田さんを読んだのは、最近だし。

一番面白かったのは、「冬の指」と「ニュブルクリングに陽は落ちて」の2つかな。
エマノンの梶尾 真治もいろいろ読みたいです。

「冬の指」は、今回初めて読んで、やっと、「幻詩狩り」の意味がわかった気がした。

日下 三蔵,
田中 光二,山田 正紀,横田 順彌,川又 千秋,かんべ むさし,
堀 晃,荒巻 義雄,山尾 悠子,鈴木 いづみ,石川 英輔,高齋 正,
河野 典生,野田 昌宏,鏡 明,梶尾 信二
出版芸術社
発売日:2010-03-10