吉本浩二,宮﨑克,読書ブラック・ジャック,ブラック・ジャック創作秘話,吉本 浩二,大塚 康生,孫悟空,宮﨑 克,少年チャンピオ,少年チャンピオン・コミックス,少年チャンピオン・コミックス・エクストラ,手塚 治虫

ブラック・ジャック創作秘話3 手塚治虫の仕事場から

あぁ、これが、大塚 康生さんが言っていた孫悟空かぁ。
見る角度が違うと、見えるものも違っているのは当然なんですが、こうやって、いろんな方向から見るのは楽しい。

まぁ、このあたりの主張は、あっちが正しい気がします。なによりも、多分、手塚 治虫、忙しすぎ。

あと、エピソードとしては、おもしろいもの順にかかれているのだと思います。小粒なエピソードが多くなってきた気がします。

彼の海賊版に対する対応が、美談として語られるのは構わないのですが、それができないからといって、他のマンガ家を決して非難してはいけない。

吉本浩二,宮﨑克ブラック・ジャック,ブラック・ジャック創作秘話,吉本 浩二,少年チャンピオ,少年チャンピオン,少年チャンピオン・コミックス,少年チャンピオン・コミックス エクストラ,手塚 治虫,秋田書店

ブラック・ジャック創作秘話2 手塚治虫の仕事場から

持っている熱量が、人とは全然違う人。
恨んでいる人も、あこがれている人も、なんであれ近くにいる人を無理矢理巻き込んでいくむちゃくちゃなパワーのある人。

それが、手塚 治虫。
もしかしたら、手塚 治虫というのは、人の名前ではなくて、その熱量そのものなのかも。

布団に入って、内緒で原稿描きとか……。
存在そのものが、もう伝説。

吉本浩二,宮﨑克ブラック・ジャック,ブラック・ジャック創作秘話,吉本 浩二,宮﨑 克,少年チャンピオン・コミックス,少年チャンピオン・コミックス エクストラ,手塚 治虫,秋田書店

ブラック・ジャック創作秘話 手塚治虫の仕事場から

手塚伝説。
おそらく、手塚 治虫が生きてたら、怒ると思います(笑)ものすごい下手な絵で、ものすごく泥臭い。

でも、たぶん、この絵と同じぐらいの泥臭さのなかで、描いていたんだろうな~。
この無理矢理人を巻き込まずにはいられない熱量。近くにいたら迷惑。でも、魅力的。

それが天才。
よく伝わります。