奥瀬サキ,志水アキ,読書バーズコミックス,夜刀の神つかい,奥瀬 サキ,幻冬舎,幻冬舎コミックス,志水 アキ

夜刀の神つかい12

最終回。

結局、何が起こったかは……。
というか、砌の思いが壮大すぎて、ついて行けてない感が半端ない。

うーん、いつみ奥瀬 サキ原作は、まとめ方が宇宙にいくよなぁ。

奥瀬サキ,志水アキ,読書バーズコミックス,夜刀の神つかい,奥瀬 サキ,幻冬舎,幻冬舎コミックス,志水 アキ

夜刀の神つかい11

久米と峅杷。
なんでこうなったという思いもあるけれど、おもしろい。原作・奥瀬 サキは、やっぱり曲者だなぁと。

奥瀬サキ,志水アキ,読書バーズコミックス,リアル,夜刀の神つかい,奥瀬 サキ,幻冬舎,幻冬舎コミックス,志水 アキ

夜刀の神つかい10

夜刀の神つかいは、夜刀の神につけられた鈴?
では、だれが?なぜ?なによりも、どうやって?

てな、わかってそうなことを書いていますが、まったく理解できていません。
宇宙に行きたいの?そんな話今まであったっけ?

↑ リアルに20年ぐらいかけて読んでいるので、覚えていない。

奥瀬サキ,志水アキ,読書バーズコミックス,夜刀の神つかい,奥瀬 サキ,幻冬舎,幻冬舎コミックス,志水 アキ

夜刀の神つかい9

消えたので、書き直しです。

新年、あけましておめでとうございます。本年も、よろしくお願いいたします。

と、書いてあったようなので、おそらくこれは、2019年1月1日に感想を投稿されたはずです。
まあ、7カ月も前に書いた感想なんて、覚えているはずがない。というか、なんとこの前の8巻の感想を書いたのは、15年前のようです。

まあでも、終盤のクライマックスだということはわかります。

奥瀬サキ,読書ガムコミックスプラス,ワニブックス,奥瀬 サキ,流香魔魅の杞憂

流香魔魅の杞憂3

短編で、進んで行って欲しかったのだけれども、そうはいかなかったか。
おっきい話が動き出します。

そして、この人のおっきい話は、悲しい話なんだよなぁ……と。

物語が終わったとき、魔魅と來夕が笑っていますように。