大塚英志,読書アリオン,リュウ,二階の住人とその時代,大塚 英志,星海社新書,漫画ブリッコ,講談社,鈴木 敏夫

二階の住人とその時代 転形期のサブカルチャー私史

もろ、大塚さんの雑誌の世代で、びっくりするほどまったく知らなかったのに大塚さんの関わっていた雑誌や本を読んで育ってきていました。
「プチアップル・パイ」とか、リュウの「アリオン」とかは、徳間でアニメージュで、あの頃のおたくにとっては、まあ、基本みたいな物だからとにかくとして、「漫画ブリッコ」まで知っていたもんなぁ。
なんというか、「オレホイホイ」的な力があるよなぁと思います。

そういうものが、作り出されていく現場の話なので、おもしろくないはずがないです。

なんというか、アニメージュつくるときに、女子高校生たちを読んで鈴木 敏夫がいろいろ聞いた話は知っていたけれど、それが、浪速 愛だったとかを知ると、すごい楽しいです。

そして、あの頃のおたくは、パワフルだった。
便利になって、そのパワフルさを失っていくというのは、おもしろい現象だなぁと思います。

大塚英志,田島昭宇,読書デビルマン,多重人格探偵サイコ,大塚 英志,田島 昭宇,角川コミックス・エース,KADOKAWA

多重人格探偵サイコ25

サイコ完結。
ちゃんと、ラストまでいってひとまずよかった。
でも、ルーシーがなんで人類にとって、重要人物なのかというのは、ちょっとわからないです。感情共鳴で集団自殺はすごいかもしれないけれど、それ、洗脳の研究とそんなに変わらない気がします。

「デビルマン」と同じで、人というのは形ではなくて心で、伸二や弖虎は人間になったけど、学窓は欲望に溺れて人間になれませんでした。なら、落としどころとして落ち着きはいいけれど、学窓の欲望も人間そのものという感じでかかれていたかも。

うーん、原罪のない人はいないということかなぁ。

大塚英志,田島昭宇,読書多重人格探偵サイコ,大塚 英志,田島 昭宇,角川コミックス・エース,KADOKAWA

多重人格探偵サイコ23

詐欺ではなくて、次巻で本当に完結。
設定や伏線は、あんまり回収しなくてもいいと考えている大塚 英志が、どんな結末をつけてくれるのか。

さて。それでも、完結まで紡がれた物語はしあわせです。マダラの続き読みたい。天使篇だけでもいいから。

大塚英志,田島昭宇,読書多重人格探偵サイコ,大塚 英志,田島 昭宇,角川書店

多重人格探偵サイコ22

次巻予告は、「終末の鐘が鳴り響く」。
だれも、終わるなんて言ってない(笑)

精神世界での戦い。
このノリについていっても、ついていけなくても、どっちでもいいと大塚 英志は意地悪に考えてそうです。

大塚英志,田島昭宇,読書多重人格探偵サイコ,田島 昭宇,角川コミックス・エース,角川書店,KADOKAWA

多重人格探偵サイコ21

次巻予告では、「長い旅がついに終わる」。

終わる終わる詐欺(笑)

弖虎の心から、若女の心の中へという感じで、お話が続いていきます。
着地点は?