大和田秀樹,読書ムダヅモ無き改革,大和田 秀樹,竹書房,近代麻雀コミックス,麻雀

ムダヅモ無き改革10

轟盲牌は、あんだけ使っていて、やっぱり伝説なのか。そろそろ、タネがバレてもいいころだと思います。
せめて、摩擦で削れない牌を使うとか……。

あと、最近のリアルの方の麻生さんのテキトーなこと言ってる感がなぁ~。

マブヤープロジェクト,大和田秀樹,読書マブヤープロジェクト,大和田 秀樹,琉神マブヤー 南風ぬ島,角川コミックス・エース,角川書店

琉神マブヤー 南風ぬ島2

沖縄のご当地ヒーローマブヤー完結編。
沖縄環は、こうして全てを飲み込んで、ゆっくり時間が流れていく。

……ならいいなぁ。

一種、理想郷としての沖縄です。

大和田秀樹,読書モーニングKC,大和田 秀樹,政治,疾風の勇人,講談社

疾風の勇人1

日本が、元気で上向きを信じていられた時代。
読みながら、でも、なんでそれを信じていられたのかは謎だなぁと。

良い政治があったから、信じられたわけでもないだろう。
多分、舵取りを誤ってれば、偉いことになったのは確かだろうし、それなりの志をもっていたことも確かだけれど。そして、多分、それと同じぐらい野望も持っていて、それはそれで、悪いことではないのではないかと思うのだが。
どうしていても、繁栄していたとはいえないとは思う。

それにしても、あの敗戦の後、なんでそれでも気力がある人が多かったのかと不思議です。
今との違いは、なんなんだろう?

それとも、今の時代も、もう何年もたてば、懐かしく「元気な時代だった」と振り返られることがあるのかなぁ。

カプコン,大和田秀樹,読書エニックス,カプコン,シャドルーのベガさん,スクウェア・エニックス,スト2,ビッグガンガンコミックス,大和田 秀樹

シャドルーのベガさん

今、スト2(ZEROかも)かよ!!

というのはあるけれど、面白いです。
キャミー主人公で、キャミーのパパがベガという設定。そういえば、ベガのDNAが……って設定が、あったっけ?

ママは、誰だ?

大和田秀樹,富野由悠季,矢立肇,読書ことわざ ガンダムさん,ことわざガンダムさん,ガンダム,大和田 秀樹,富野 由悠季,矢立 肇,角川コミックス・エース,角川書店,KADOKAWA

スペシャルエディション☆ことわざ ガンダムさん

うん?
読んだことがあるような気が……。

総集編。しかも、2冊を1冊にかよ。
スペシャルにするほどネタが貯まっているとは思えないのですが。

内容云々よりは、売り方が残念だと思います。