夢枕獏一覧

鬼が心にあらばこそ

陰陽師 生成り姫

夢枕獏の「陰陽師」の短編「鉄輪」の長編化です。
「鉄輪」は、「陰陽師」のなかでも、特に大好きな作品です。
特にあのなんともいえない、美しいラストシーンは、ずっと心に残っておりました。

ということで、この長編化された作品も、前から読みたいなぁと思っていたわけです。

短編と長編の違いは、源博雅と生成り姫の関係がありますねぇ。
長編は、恋愛関係っぽくなっています。
あんまり恋愛色のなかった短編は、博雅の「いい人」ぶりがメインでしたが、長編の方は、鬼に変わっちゃう姿を見られた姫の苦悩がより濃く出ていると思います。

それでも、長編でも、「そなたが愛しいのだよ」という博雅の優しさは健在です。

相撲の話も、最後の最後でつながって、わたしは、思わず「うまい」といってしまいました。

やっぱり、最後の博雅と姫のやり取りは泣けました。
安部晴明の話というより、これは、源博雅のお話なんだなぁ。


文庫になるか~

あとがき大全 あるいは物語による旅の記録

実は、この本は文庫にはならないだろうと思って、大判の本を買って読んでいたりします。
文庫になったときは、ビックリしました。

でも、今回読み直してみて、文庫化されてもおかしくないぐらい「物語」として1本筋が通っているよなぁと感じました。
↑ まあ、文庫化されるすべての作品が、この「文庫化されてもおかしくなすい」というレベルに達しているかどうかという議論はあると思いますが。

わりと、心の奥にある恥ずかしい欲望を、ズバッ、ズバッと書いてて、その気持ちよさがあります。
しかし、すごい長いあとがきばっかですねぇ。


リズム

魔獣狩り外伝 聖母隠陀羅編 サイコダイバー・シリーズ4

夢枕獏の作品は、リズムと力強さがあっていいですね。

「キマイラ」と比べると、1巻完結なので、小さくまとまっているなぁという感じです。
でも、話の筋だけ聞いてみれば、たいしておもしろくなさそうな話なのに、読んでいる間楽しませてくれるというのは、パワーがあるんでしょうね。


見たいシーン

餓狼伝14

「バキ」と「餓狼伝」を同じ時期に連載しているというだけでもすごいことだと思います。

そして、格闘をかきながら、別のものを見せてくれているじゃないですか。

こんな技をもってるヤツだったら、こんな風に戦って欲しいなぁという「理想」みたいなのをそのままに絵にしてくれている感じがあって好きです。

原作をはなれて、どこに行くのか。



北辰館トーナメント

餓狼伝15

原作をはなれて、えらいことになっている北辰館トーナメントです。
でも、なぜか、原作に忠実だった谷口ジローの「餓狼伝」より、こっちの方が夢枕餓狼伝に近い気がします。


なんか、タイトルがメチャクチャ

美空曼陀羅 魔獣狩り外伝 サイコダイバー・シリーズ

本のタイトルそのものは、「美空曼陀羅」でいいのですが、シリーズタイトルが、メチャクチャです。
前の巻は、「魔獣狩り外伝」というのが、思いっきりタイトルになっていたし、シリーズにナンバーがふってあったのに、この本にはナンバーないし。

普通は、文庫になった時に統一させるもんだと思うのですが。
まあ、これも、作者自身も、思いも寄らぬ展開が続いているからでしょうか。

短編連作集なのですが、1番最初の人情話みたいなヤツが、ちょっとおもしろかったです。
この感じで続いてもよいなぁと思ったりしました。


あれ?この本は、

奇譚草子

あれ?
どこかで、読んだような気がします。
他社で文庫になってるのかな。

「逆さ悟空」みたいな感じの話が好きです。
「陰陽師」の初期にも、こんな作品ありましたよね。
「如」の字の話。


正しい評価

魔性菩薩 上 サイコダイバー・シリーズ

主人公については、ひるこの言った評価が、正しいような気がしますね。


D・Sのモデル

魔性菩薩 下 サイコダイバー・シリーズ

そうか、毒島獣太は、ダーク・シュナイダーのモデルなのかー。
そう思うって読むと、かわいく思えてくるな。

というか、下巻で、性格、ちょっとまるくなってないかい。