南條範夫一覧

死狂い?

シグルイ1

山口 貴由の最新作。現在進行中で、連載続行中のようです。

わたしが今まで読んだ、山口 貴由は、全部変なSFテイストがあったのですが、これは、なんと時代劇です。原作つきということで、そのあたりで、今までの山口 貴由とどう変わってくるかは、楽しみです。

若干、ハチャメチャなパワーは、なりを潜めている感じですが、人物や物語の濃さは、今まで通りのものがありそうです。


剣に生きる

シグルイ2

剣に生きるということは、四六時中、殺し合いをするということですからねぇ。
その中で、何を無惨といって、何を見事というかは、もう、それぞれの価値観としかいいようがない。

伊良子の生き方の方が、今のところは、よく伝わってくる気がする。


怪物の産声

シグルイ3

新連載が始まったようで、コミックが出てた山口 貴由。
なんと今度は、「覚悟のススメ」のリメイク?

ということで、「シグルイ」の方も読み進めねば。

虎眼先生、こえ~。そして、けっこう簡単にはめられて諦めたのね。


恐怖時代劇

シグルイ4

ちら見したねぇさんに、

「恐怖マンガ?」

と聞かれました。
そんなに遠くないかも……。

「でも、時代劇です…。多分……」


底はないのかもしれない

シグルイ5

やっぱり、虎眼が、1番強いのか?
少なくとも、1番、怖いよね。

底知れん。


竜虎

シグルイ6

目が見えなくてコレなら、目が見えるときにもっとちゃんとしておけばとか思いますが……。

でも、そうはならないのところ、そして、それに説得力があるところが、すごいです。


鬼神

シグルイ7

ついに、激突。
これで、1巻のシーンにもどるのかなと思ったけど、まだ、藤木の左腕も、伊良子の足もまだその状態になっていないのですね。

最後まで、ひっぱるのかな。


死闘

シグルイ8

どう考えたって、源之助の方が有利なんである。
それを、そう感じさせない、力任せの説得力があって、よい。


助太刀

シグルイ9

なんか、もう集団いじめですよねぇ。
源之助、弱いよねぇ。どう考えても、師匠や兄弟子の方が強そう。

跡継ぎというのがなければ、とっくに清玄に何回かやられてないか?


鬼の一念

シグルイ10

滑稽なほど過剰な情念が、この人の物語の魅力です。
濃いのが嫌いな人は、ダメだろうなぁと思います。

でも、それには美もある気がする。