北原文野一覧

好きなマンガ家のタイプ

瞳に映るは銀の月 妖精計画 Pシリーズ

好きなマンガ家のタイプは、2種類あって、本当にストーリーやマンガそのものに感心してしまうタイプと雰囲気が好きなタイプがあるのだと思います。
まあ、たまにというか、作品によっては、それが両立しているものもあるのですが。

で、北原文野は、どっちかというと、ストーリーに感心するというよりも、雰囲気が好きなタイプだと思います。

実際、このマンガ自体も、たいしたエピソードがあったり、盛り上がったりするわけではありません。
でも、わたし的には好きだし、おもしろいし、続いてほしいなぁと思います。

このあたりは、「Pシリーズ」が、いろいろな雑誌を転々としながらも、ずっと続いているシリーズだという魅力もあるのかも。

あと、この人、題名つけるのが、うまい。

今回の「瞳に映るは銀の月」も、いい題名だと思います。
「月は銀の帆船(ふね)」とか、「夜は歌うさざなみ」とか、思わず手に取りたくなります。



永遠の旅路

銀河鉄道の夜 コミック版

北原 文野版「銀河鉄道の夜」です。

こうやって、何回も、読んだり、いろいろな人のかきなおしを読むと、宮沢 賢治が、あえてかかなかったものや、時間がなくてかけなかったもの、かいてからけしていったものについて、いろいろ考えることがでてきます。

ものすごくストレートなメッセージを持っていて、でも、それを押しつけにならないように、ならないようにと、暗喩で包んでいく。
その過程が、少しずつ見えてくる気がするのです。

何回読んでも、不思議な話です。


最初の物語

L6 外を夢見て Pシリーズ1

Pシリーズも、長いこと読んでいるなぁと思います。
多分、最初の「夢の果て」を読み始めは中学生か高校生ぐらいのときだと思います。

これ、どこかで同人誌分までふくめてまとめてくれないかなぁと思っているんですけどね。電子ブックで全部出ないかなぁ。

これのおもしろいところは、超能力ものといいながら、超能力あんまり役に立っていないところです。
派手なドンパチとかがない、なんというかひたすら地味なシリーズです。

でも、そこがいいのです。


トゥリオとアステリア

あてどない夜 Pシリーズ2

Pシリーズ2巻目。
トゥリオとアリステアの四部作が全部入っています。

さくさくと、全PシリーズがKinddleに集まるのかと思っていたのですが、なかなかそうはいかない様です。

このシリーズって、ほんとうにいろいろなシリーズを読むことで、ジワジワきて、よく出来てるなぁと思うので、どこかで、まとまって出して欲しいです。

うーん、1番大事な「夢の果て」が、来てないですねぇ。

電子出版は、ハードル低い……わけでもないのかなぁ。


キミは何派?

クアナの宴1 Pシリーズ3

Pシリーズの第3弾は、クァナの話。
でも、このキンドル版のPシリーズは、お話の基本になる長編である「夢の果て」が入ってないんですよねぇ。
あっちを先に読んでから読むと、ものすごく「おおそうだったのか!」というのが感じられてよいのです。もちろん、これはこれで、単品で楽しめるようにはなっているのですけどね。

キンドルにPシリーズの全部が集まってくるかと期待していたのですが、無理かなぁ…。


途中とうげ

クアナの宴2 Pシリーズ4

あれ、めっちゃ途中やん。
そうやったっけ?

でも、2巻から後ってないんだよねぇ。同人誌で完結しているのかな?
この同人誌部分とかをなんとか、電子書籍にすることができたら、いいのになぁと思うのですが。

うーん、この構成だと、後を買い続けるのか迷う。でも、買わないと続きが出ないという問題もあったりするので、読者には難しいところです。