冨樫義博,読書てんで性悪キューピッド,冨樫 義博,歴史,集英社,集英社文庫,集英社文庫(コミック版)

てんで性悪キューピッド2

なんか、最後、「気まぐれオレンジロード」になって終わったという印象。
うーん、あの時代の空気なのかなぁ。どっちが先かはわからないですが。「気まぐれ」の方が先かな。

そして、題名のことを考えていて、「性悪」でも、「キューピット」でもねぇなあとか思って、ハッとした。もしかして、「てんで性悪キューピット」って、ジヴァのこと??
そういう伏線?

冨樫ならやりかねんなぁ。

黒歴史?いや、普通に面白いと思うけど。

冨樫義博,読書ジャンプ コミックス,冨樫 義博,集英社,HUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTER35

クラピカ編。
なんか、この人の話に決着をつけないといけないはずなんですが、また、ややこしいところに絡め取られているなぁと。
そして、これが全部、一気に動き出したら、凄いことになる予感で一杯です。

おもしろい。

冨樫義博,読書てんで性悪キューピッド,冨樫 義博,集英社,集英社文庫,集英社文庫(コミック版)

てんで性悪キューピッド1

なかなか、伝統的な一作です。
現代ラブコメの源流になったというのは、ちょっと言い過ぎな気がします。この手の異界から女の子がくる話って、けっこう昔からあるよねぇ。

絵が、今よりも下手なんだけれど、これはこれで、魅力があったりします。ストーリーともに。

冨樫義博,読書ジャンプ コミックス,マンガ,冨樫 義博,手塚 治虫,集英社,HUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTER34

ジャンプの連載、始まったと思ったら終わりましたね。
10回はかいたみたいだから、コミックス1巻分ぐらいはかいたわけで、ここで休載には入るのは、まあお約束な感じですねぇ。

まあ、手塚 治虫の時代から、週刊連載とか、めちゃくちゃかいている人がいるので、「さぼってる」といわれがちですが、10週続けるだけでも、きっと過酷なブラック仕事なのだと思います。
命の方が大事。
働き過ぎて(僕らが働かせすぎて)、続きがかけなくなったら(身体的にもモジベーション的にも)、つまんないからねぇ。

こんなにおもしろいマンガをかいてくれているのだから、休んでも良いから、ちょっとずつでも先を見せて欲しい。

冨樫義博,読書冨樫 義博,子ども,集英社,HUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTER33

昨日に引き続き、これも前巻読んでから4年ぐらいたっていますね。まあでも、こっちは、連載自体が今ストップしているので、あんまり先を行かれた感はないです。

見事な世代交代なのですが、子どもから親に世代交代って、あんまり聞いたことがない。そして、このドキドキする展開。凄いです。