八木教広一覧

聖騎士の鎧とクレイモアをもって

CLAYMORE5

ということで、タイトルは、「大航海時代2」をやったときは、この2つの装備で、海賊として荒稼ぎしたなぁというお話です。

そういえば、過去編に入っていたのだった。
時代が戻ってくるまで、すっかり忘れていました。

それどころか、どういうきっかけで、過去編にもどったのかも覚えていません。

でも、この話は、けっこう好みなのでいいや。

こういう、はざまの話が好きですね。


最強の敵は、

CLAYMORE6

「覚醒者」は、暴走したクレイモアたちということは、結局最強の敵は、自分で作っているという……。

しかも、一ケタナンバーの1番から5番までは、クレアたちのように半覚醒状態にならなくても、強いんですね。

うーむ。テレサの強さは、いったいどんなものだったんでしょう。
すごいあっさりと、覚醒者にやられていたのですが。相手が強すぎたのか??


実力の差

CLAYMORE7

埋まらないほどの実力の差を、なにでどうやって埋めていくのかというのが、やっぱり、少年マンガの王道です。

そして、強さはインフレ状態になっていくのですが……。

そういう意味では、このマンガも、もうそろそろ後半戦に入っているのかな。
盛り上がってます。



覚醒者の意識

CLAYMORE9

えーと、覚醒すると意識を乗っ取られてしまうわけですが、暴走するわけではなくて、ちゃんといろいろと考えて行動するわけですよね。
そうすると、その覚醒者の意識というのは、「だれ」の意識なんだろう?

ただ単に、元の人格の理性が飛んだだけのものなのでしょうか?


プリシラって、聞いたことあるんだが?

CLAYMORE10

イースレイは、敵の親玉ですねぇ。
プリシラって、聞いたことあるような気がしますが……だれだっけ?

クレアを拾ったのは、テレサだし……。

プリシラ……うーん、「みつめてナイト」か?


7巻ぐらいから読み直さねば…

CLAYMORE11

このお話を読むと、やっぱり、週刊連載は偉大だと思ってしまいます。

「クレイモア」は、続きのもののお話で、しかも月刊連載なのでコミックが出るのが半年に1回だと、前の話をわすれてしまう最近のわたしです。

これは、7巻あたりからもう1回読み直さないと……。

あれ?妖魔を倒すためにクレイモアがいて、クレイモアが覚醒すると妖魔になって……あれ、卵が先かニワトリが先かみたいな話に。こんな基本すらわすれているわたし。


世代交代

CLAYMORE12

モンスター退治のお話が、かなり複雑に絡み合った話に進化してきました。
いろいろ過去編が平行して進行していて、ときどき、「今の」話を見失いそうになります。

でも、今回は、しっかりと「今」でしたね。

あれから7年というのは、かなりビックリする時間経過ですが。


月刊から週刊へ

CLAYMORE13

月ジャンがなくなったそうで、週刊ジャンプに移動しての「CLAYMORE」です。
まあ、コミックが続けて出る週刊連載の方が、読んでいる方としては嬉しいかと思います。

ただ、今までの話の流れと変わってしまう部分は、どうなるんだろう?

今のところは、番外編がいくつかかかれているようですね。

クライマックスっぽいので、このまま一気にラストまでというためには、週刊も悪くないのかも。


週刊からジャンプスクエアへ

CLAYMORE14

結局、週刊はつなぎだったようで、本編はしっかりとジャンプスクエアではじまったようです。
まあ、めでたしめでたしかな。

本編が進んで、うれしいです。

どんどんいけー!!