今市子一覧

はかない感じ

懐かしい花の思い出

うーん、微妙な感じ。まだ、おもしろいとも、おもしろくないとも。

でも、はかない感じと、ほのかに匂う、やおいな感じが、そんなに悪くないです。妖怪話をかいているみたいで興味をもったのですが、そっちの方は、確かに雰囲気がありそう。

しかし、イマイチコとは……親がつけた名前ではないな……。でも、この作品集は、まさのその名前の通り。イマイチ……よりは、少し上ぐらいの感じです。


ソフトな感じ

五つの箱の物語

ソフトなやおい。おもしろくないことはないんだが、微妙な感じなんだよな~。
絵は、好みなんだが。話も、もうちょっとはじけるとおもしろくなりそうなんだが……。


まさかの展開

砂の上の楽園

最初の話が、SFっぽい感じだったので、安心していたら、2つ目の「僕は旅をする」が、最後にまさかのホラー展開でビビりました。
でも、ここに入っているお話は、それを含めて、だいぶんこなれてきた感じでおもしろくなってきた気がします。なんか、自分の得意なジャンルがわかってきた感じがします。


妖怪話

百鬼夜行抄1

あぁ、これいい感じです。
今まで、今 市子、名前通りとか思っていましたが、これは、いい。

まあ、わたしが好きなジャンルだというのはあるのですが。

ちょっと、「夏目友人帳」と「うしおととら」を足したような話です。
もしかすると、「夏目」より、こっちの方が老舗かな?

しかし、主人公は驚くほど友だちがいない感じが……。学生なんだっけ?あんまり、学校行ってる気がしないです。

そこがまた、少し重くていい感じになっています。


悪夢を見た

百鬼夜行抄2

夜、練る前にベットの上で読むマンガと本というのがあります。
本の方は主にTRPGのルールブックとか、ボードゲームのレビュー本とかを読んでいます。
で、マンガの方は、短編連作1が読みやすいということで、この本を読んでいたのですが……。

思いっきり、悪夢にうなされました(笑)

うーん、読んでいる時は、そんなに怖くないんだけれど、なんか心の中に貯まっていくものはあったようです。
練る前は、あかんかったなぁ。

「悪魔の花嫁」読んでも、「でろでろ」読んでも、そんなことにはならないのですが……。
でも、昔、ラヴクラフト読んだとき、同じ様な感じになった記憶があります。

なんか、根源に訴えかけるものがあるのだと思います。

  1. 例・「悪魔の花嫁」 []

妖怪ウォッチャー

百鬼夜行抄3

注意して、寝る前のベットでは読まないようにしました。

どっか、「夏目友人帳」と似ているのですが、あっちが、世界が広がっていく感じがあるのに対して、こっちは、同族に同族に、なんか円が小さくなっていくような感じがします。でも、15巻まで今出ているので、それだけではないのかなぁ。


大学生

百鬼夜行抄4

時間が、ちゃんと流れていくところがこのマンガの魅力だなぁと思います。
その中には、妖怪達の長い長い時間もあるし、人間の時間もあります。

大きくはかわらないけれど、少しずつ変わっていく。そこがかける人って、凄いです。


未来へのボール

百鬼夜行抄5

おぉ、未来にボールを投げた。
その間を書いていくというのは、けっこう大変なことだと思うけど、なんとなく作者が覚悟したのかなと感じた1冊でした。


霊能一家

百鬼夜行抄6

似たような感じの「夏目友人帳」が、割と外に友だちを求めていく作品なのに対して、あくまでも「百鬼夜行抄」は、身内に身内にとベクトルが向いている作品みたいですねぇ。
住職はいるけど最近は出番あんまりないし、あくまで身内(と妖怪)でかためていく感じです。

そして、母、祖母の2代が最強ですな。


霊感0

百鬼夜行抄7

1話1話が、なかなか仕掛けをこらした長い話も多くなってきました。
時代を越えていろいろな因縁が絡みあうお話というのも確かに楽しいのだけれど、記憶容量の少ないわたしには、ちょっとキツいときもあります。
まあ、雰囲気だけ楽しんでます。