中道裕太一覧

一緒に、あ・そ・ぼ

放課後さいころ倶楽部1

京都舞台のボードゲームのマンガ。

これって、「すごろくや・京都店」のフラグ?フラグなの?と、めっちゃ興奮。1
怪しい四条あたりの雑居ビルに希望します。

いいよねぇ、これ。
なかなか、ゲームの楽しいところを伝えている!!
特に、ゲームを始めたときのドキドキや、アルアルが伝わる気がします。

わたしも、「はげたかのえじき」をしているとき、似たようなこと考えていたよとか。

「ごきぶりポーカー」の心理戦とかは、メタゲームの楽しさですよねぇ。

「アクア・ステップ・アップ」は、基本に1話に1つのボードゲームというしばりがあって、ボードゲームを遊んでいる描写は濃厚だったのですが、それ以外の話の展開がギュッと圧縮されちゃった部分がありました。あれはあれで、けっこう、それぞれのキャラクターにドラマがあると思うんですが、そういう部分は、小説版でないと充分かけない部分がありました。2

でも、「放課後さいころ倶楽部」の場合は、ゲームにいたるまでのパートも大事にしていて、そこが、楽しいなぁと思います。

まぁ、1話目読んだときは、

「ボードゲームの話、ないやん!!」

とか、思ったのですが、このペースが、すごい深みをだしていると思います。

これ読んで、ボードゲームって楽しそうと思ってくれる人が増えるといいなぁ。

  1. 多分、違う……。 []
  2. そして、小説版は小説版で、ゲストキャラの話がメインになるので、レギュラーキャラの話はちょっと走ってしまうという……。 []

また、遊びたくなってきた

放課後さいころ倶楽部2

わかってるよなぁ~という小ネタがいいですよねぇ。

「インカの黄金」が「ダイヤモンド」ルールで探検ゴマを使っているところとか、店長達が遊んでいる「カタンの開拓者」が、ちゃんとコスモス版だったりしているところ。そして、3人娘たちが遊んでいるのは、ちゃんと(?)GP版だという。1

ガイスターの勝負の決め手とかも、シビれます。

剣道部の人は、わたしは修羅くんと呼んでいます(笑)

読んでると、ちょっと最近は避けがちな「カタン」を遊びたくなってきました。

  1. まぁ、GP版のボックスには、言いたいことが……。 []

遊べや、遊べ

放課後さいころ倶楽部3

だんだん、よくなっている気がする。
まあ、冷静に読んでいるかというと、かなり思い入れがあって、そうでもないかもしれないけれど。

でも、普通のマンガとしても、おもしろいと思うのですが、どうなんだろう。

あと、カードでない「ごいた」欲しい。


遊びをせんとや生まれけん

放課後さいころ倶楽部4

鴨川で座禅を組んでいる修羅くん……じゃなかった龍二に、くるものがありました。

重いゲームにも、挑戦して欲しいと思うけど難しいかなぁ。
昔、「アクア・ステップ・アップ」で、「ニューエントデッカー」を学校で、それもおそらく朝の時間にやるというメチャクチャな展開があったけど、そういうの熱いと思います。

いいなぁ、学生時代に、ドイツゲームを知っていたら楽しいだろうなぁと思いながら読んでいます。


遊びだったのね

放課後さいころ倶楽部5

「エルフィンランド」を、また遊びたくなってきた~。
この「また遊びたい」、「遊んでみたい」ごころをくすぐるよいマンガです。

いつも、サイン本を購入しているのですが、今回はなぜか本ではなくて、カードにサイン。うーん、本の方がうれしいなぁ。


真剣に遊べ

放課後さいころ倶楽部6

そういえば、ねぇさんと1番最初にしたゲームは、「バルバロッサ」だったような気がします。
そして、あれ以来していない気も。

このマンガに出てくるゲームは揃えようと思っているのですが、ウチの「レディース & ジェントルメン」が稼働する日は、いったいいつなのでしょうかねぇ。
夫婦ですると、エグいらしいという話も聞きますが。


最終回…ではなかった

放課後さいころ倶楽部7

ある意味、第1部完的な終わり方でした。
こうやって、みんがちゃんと年を取っていって、いろんなことがびっくりする程変わっていって、それでも遊び続けていられたならすごくいいなぁと思ったりします。

「プエルトリコ」のお話は、そうきたか的な展開で良かったです。この物語の中のキャラクターたちが、この物語の中だけで生きているわけではないという感じかして楽しいです。

あと、オリジナルゲームで、なにげにカルカソンヌの得点板を使っているところもいいわぁ。


ランドルフ、大人気やな

放課後さいころ倶楽部8

第1部が終われば、第2部が始まります。
まあ、明確に分けられているわけではないですが、新入生パート。

今回、2人で遊ぶみたいなシチュエーションが多かったような気がします。「チャオ・チャオ」が3人で、それ以外は2人プレイ。「ファミリア」と「クアルト」は、2人専用ゲームです。
それも、楽しいですね。

そして、新旧のキャラクターが邂逅といういいところで、次の巻に続くです。


広がる

放課後さいころ倶楽部9

1部と2部のキャラクターが、つながる1冊。
交差点的なとも思ったけれど、交わって分かれていくのではなく、広がっていくイメージで素敵です。

さて、これからどんな展開になっていくのか、そして、どんなゲームが出てくるのか楽しみです。


セレスティア、けっこうルール変わってるかな?

放課後さいころ倶楽部10

巻数、2ケタになりました。
恋バナがお話の中心です。

最初は、同じ学年に横に広がっていく話だったのが、いろいろな年齢層に縦向けにも広がっていくところが、素敵だなぁと思います。

「クラウド9」のリメイクということで、手を出していなかった「セレスティア」ですが、けっこうルールはかわっているっぽいですねぇ。特殊カードが増えている。
うーん、買うか?
シンプルな方がいい気もするけれど。