フランク・ミラー一覧

裸のヒーロー

デアデビル ボーン・アゲイン

重い話でした。

最初っから、主人公、追い詰められて、かなり精神的にいっちゃっています。
デアデビル自体が、元々そういうトーンなのかなぁ。

そして、一応はハッピーエンドみたいになっていますが、この終わり方って、まだ、キングピンに弱点を押さえられたままな感じがするんですが。

デビッド・マツケリー,David Mazzuccheli,
フランク・ミラー,Frank Miller,
秋友 克也
ヴィレッジブックス
発売日:2011-02-28

 


サムライ、ニッポン!!

ウルヴァリン

「ウルヴァリン SAMURAI」の原作というか、原案ですね。
まあ、未知の国、神秘の国・日本が舞台ということで、ツッコミどころはいっぱいあるのですが、それもふくめて面白いではないかと思います。
時代が変わったので、映画の方がツッコミどころは少なくなってたと思います。まぁ、怪しいところと、怪しい日本語はいっぱいあったけど。

まぁ、うかれているウルヴィにたたきつけられる最後の一言が、ちょっと、唐突で、衝撃的で、お前、ちょっとは疑問に思えよとか思いますが。
あと、そこに、チャーリーいるのにわからなかったのかいとか思いますが。

真理子と雪緒の対比も、映画でもよかったけど、こっちも良かったですよ。
雪緒、実はけっこう好き。

フランク・ミラー,Frank Miller,
ポール・スミス,Paul Smith,
クリス・クレアモント,Chris Claremont,
秋友 克也
ヴィレッジブックス
発売日 : 2013-08-30

グランド・ゼロ

ホーリー・テラー

「MILLARWORLD」だ~。買わねば~。
とか思って購入しましたが、マーク・ミラーではなくて、フランク・ミラーではないですか。「MILLERWORLD」だ。今、気がついた。
どっちのミラーも、わたしのなかでは、同じ箱のなかにあります。あと、アラン・ムーアも。

どこかリアルで、やるせない。なんというか政治的です。

そして比べてみると、フランク・ミラーより、マーク・ミラーの方が救いがないな。


白と黒のバイオレンス

シン・シティ1

これもまだ、フランク・ミラーとマーク・ミラーの見分けがついてない頃に買った1冊(笑)気付よ。

アメコミだけと白黒です。なんというか、影絵みたいなスタイルでかっこいいです。
映画も見に行っていて、これも白黒の画面がかっこいい映画でした。
まあそれだけに、コミックスも映画も、若干なにをしているのか見えにくいというのはあると思います。

そして、ストーリーが、バイオレンスで、メロドラマで、暗いです。
たしか、映画はねぇさんと一緒に見に行っていて、ちょっと気まずい感じだったかも。

コミックスの方が、お話的にはメロドラマにウェートが置かれている感じで好みです。

フランク・ミラー,Frank Miller,
堺 三保
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2014-04-23

ワルキューレ

シン・シティ2

作っていくうちに、最初やりたかった複雑なことっていうのはやり尽くして、ストーリーはシンプルにわかりやすくなっている感じがします。
わたしは、これぐらいのわかりやすさが好きだなぁ。
「ビッグ・ファット・キル」も、「ザット・イエロー・バスタード」も良いです。

フランク・ミラー,Frank Miller,
堺 三保
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2014-11-26

怖いもの知らず

デアデビル マン・ウィズアウト・フィアー

「ボーン・アゲイン」に比べたら、大分、読みやすかった気がします。
マット・マードックがけっこう若いというのも、関係あるかも。

エレクトラって、映画で見ているはずだけどあんまり印象に残っていないなぁ。こんなスーパーパワー持った悪者でしたっけ?
でも、けっこう中2的なんだけれど、格好良くっていいと思います。


罪の街

シン・シティ3

短編。
とても、読みやすい。

ところどころ入る、赤と青が気持ちいいです。

フランク・ミラー,Frank Miller,
堺 三保
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2015-01-29

青と赤、そして…

シン・シティ4

これが、最終巻かな。
長編。でも、ストーリーは、わりとストレートだと思います。めっちゃメロドラマ。ちょっと中二。
でも、絵も見やすくなっていて、こっちの方が初期よりも好きかも。

フランク・ミラー,Frank Miller,
堺 三保
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2015-03-23