トニーたけざき一覧

画力が生み出す……

トニーたけざきのガンダム漫画

安彦 良和さんの「どっちがオレの原稿だったかわからなくなる」と言葉が、トニーたけざきのすごさを表していると思います。

なんというか、画力を無駄に使っています。

真面目にやっている人は、これがとなりにあるとやりにくいだろうねぇ。
わたしたちは、ただよろこんでいたらいいだけだけど。


2巻目は、苦しい。でも、がんばってると思います。

トニーたけざきのガンダム漫画2

そら、1巻目の衝撃からすると、落ちてしまうのは仕方ないと思います。

でも、プラモ使ったやつにしろなんにしろ、

「手を抜いてない!」

というのが、伝わってきて、熱いです。

そして、それが、アニパロが熱かった時代を思い出させてくれる気がする……。


マニアな視点

トニーたけざきのガンダム漫画3

セイラさんのアメちムチは、本編でも本人もちょっとは自覚してやっている気がしたりする。

しかし、このマンガを書くために、ものすごくくわしく初代の機動戦士ガンダムを見直している感じがする。こういうマメなことをするマニアは、ちょっと、尊敬する。

トニーたけざき,矢立 肇,富野 由悠季
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010-01-26