ジャスティーン・ラーバレスティア一覧

数学の中の魔法

あたしと魔女の扉

なかなか、ドキドキ、ハラハラしながら読めました。素敵なジュブナイルだ。

どんでん返しについては、まぁ、予想通りなんですが、母親が、恐れていることというのが、読んでいる間は、今一つつかめなかったんですね。
でも、最後まで読んで、納得した。自分も、

「いつか、自分も魔法を親に…」と思いながら、「いつか自分も娘の魔法を…」と思ったんだろうな。それはたしかに、ものすごい恐怖だ。

さて、救いの道は、あるのか?次が楽しみです。

ジャスティーン・ラーバレスティア,Justine Larbalestier,
大谷 真弓
早川書房
発売日:2008-10-09
 

 


迫る死の影

あたしをとらえた光

この人の大人の書き方も、ハリー・ポッターシリーズと同じく、ものすごく誠実だなと思います。
尊敬できるということは、完璧であるということではない。
完璧でないからといって、信用ではないわけではない。

今回、死がすぐ後ろまで追いついてきている感じがすごいです。
この先、何らかの救いを見せてくれるとは思うのですが、どこまで救えるのかというと、たぶん、全部は無理だと思う。

さて。


タレント

あたしのなかの魔法

タレントは、本当にギフトなのか?
そういうお話でした。

トムの決断と最後のどんでん返しは、ちょっとびっくりしたけど、今回のこの選択が本当に正しかったかどうかなんて、作者にだってわからないのもしれないので、この余韻を残した終わり方は、面白かったです。

その分、切れ味というか、爽快さは2巻目よりも弱くなっている気がしますが、地に足をつけて生きるというのは、そういうことかもしれません。