クリストス・ゲージ,マリオ・アルベルティ,ロイ・トーマス,ワーナー・ロス,光岡三ツ子,読書Christos Gage,Mario Alberti,Roy Thomas,Werner Roth,クリストス・ゲージ,スパイダーマン,マリオ・アルベルティ,ロイ・トーマス,ワーナー・ロス,小学館

X-MEN/スパイダーマン

X-MENとスパイダーマンが絡んだエピソードだけを抜き出して、書き直した話。
この書き直したというところが、歴史の長いアメコミの凄いところだなぁと思います。

いつも、現代が舞台なので、お前らいったいいくつになったんだという問題は、つきまといますけどね。
それでも、こういう過去の振り返り(そして、それにプラスα)があるから、常に新しい読者も入ってくるんだろうなぁ。

ロイ・トーマス,Roy Thomas,
ワーナー・ロス,Werner Roth,
クリストス・ゲージ,Christos Gage,
マリオ・アルベルティ,Mario Alberti
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2014-08-27

クリストス・ゲージ,スティーブ・クルス,光岡三ツ子,読書アイアンマン,クリストス・ゲージ,スティーブ・クルス,小学館,小学館集英社プロダクション,映画,集英社,ShoPro Books

アイアンマン3 プレリュード

映画版の「アイアンマン3」にいたるまでのストーリーをかくシリーズです。
このシリーズは、読みやすく、わかりやすく、それなりにはおもしろいのですが、深さはあんまりないです。

そして、動きだけなら、もちろん映画の方がおもしろかったりするわけです。

このあたりはまあ、こっちをたてればあっちがたたず、あっちをたてればこっちを立たずという感じです。

まあ、映画と補完し合って、読んだり見たりしたときに、ニヤリとできるのがいいところかな。