ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,ビッグ スピリッツ コミックス スペシャル,小学館,究極超人あ~る

究極超人あ~る10

平成版「あ~る」。
昭和版は元々コミックスを持っているので、これが読みたかったというのはあります。そして、元々、デジタル版しかなかったので、Kindleで購入していたのでした。

まあ、それならこの本だけ購入すればいいんだけれど、10巻だけというのはなぁ……。ということで、とうとう、前巻購入に至りました。

ただなぁ。1~9巻までが、少年サンデーコミックス版と同じカバーなので、出来たら10巻も同じ感じのデザインにして欲しかったです。もしくは、1巻から9巻のカバーを10巻にあわせて変更するとか……。ちょっと、見たときに気持ちが悪いです。
リアル本みたいに、並べる訳ではないんですけどね。

てなことを考えているうちに、紙のコミックでも10巻が出て、1巻から9巻も、合わせたカバーで出直しました(涙)
ちょっと、それならデジタル版は買わんかったなぁ……と思った出来事でした。

うーん、デジタルの方も、新しい表紙のデータをあとで付け足してくれたらいいのに。10円ぐらいで購入して合体させるとかでも良いのだが……難しいのかな?

お話は、あいもかわらずグダグタしていて、おもしろいです。
デコの話と、それから、やっぱり、まりいが出てくるとお話がしまります。
そういえば、昔はえりかの方が好きだったかもしれないけれど。

ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,小学館,少年サンデーコミックス,究極超人あ~る

究極超人あ~る9

昭和版「あ~る」は、これにて完結。
「うる星やつら」の最終巻が、1巻まるまる続き物のお話だったのに比べると、ちょっと構成能力としては落ちるかなぁともおもえのですが、アール・デコが出てきてからのおもしろさ、独特のテンポのよさというのは、天才としかいいようがないです。

特に、ラストでデコが、光画部に入っていて、タワパ先輩に「飯を炊け!」「おまえの兄貴は自力で飯を炊いたもんだったぞ!!」と言われているところは、メチャクチャ好きです。

そして、まりいが、かわむら まりあだったというラストを見て、超なっとくしました。そら、みんなまりい好きな訳だ。1

  1. アニメは、まったくしらんかったしぁな。 []

ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,小学館,少年サンデーコミックス,究極超人あ~る

究極超人あ~る8

消えたので、書き直しです。

卒業。
コレで終わってもよかったけども、終わらなくても全然よかったと思います。

むしろ、ダラダラ続くのが、「あ~る」という気がする。

ゆうきまさみ,読書ヤングサンデーコミックス,小学館,鉄腕バーディー

鉄腕バーディー11

消えたので、書き直しです。

張り巡らした伏線が、良い感じにぐんぐんと絡まっていく感じがします。
それぞれの立場で見えていることがちがって、反応が楽しい。

ゆうきまさみ,読書ゆうき まさみ,マンガ,小学館,少年サンデーBOOKS,究極超人あ~る

究極超人あ~る7

このマンガって、ホンマにまりいの魅力で成り立っていますね。
ちょうどいい気の強さ(笑)

まあ、小夜子は、ちょっと気が強すぎるかな。

と書いて、どっちもどっちだなぁと思ったりもしました。