きら一覧

新たな源氏

GENJI1 源氏物語

またまた、新しいマンガ「源氏物語」です。

オーソドックスなのは、「あさきゆめみし」があるしということで、きらの「GENJI」は、物語と物語の間の人の感情の動きみたいなものを中心に展開していくみたいです。

きらのキャラですから、みんな、なんとなくふっくらしていくます。本当は、やせすぎだったといわれている平安時代ですから、こんな感じではないような気もしますが、和服もけっこう似合っています。

「源氏物語」というよりも、「宇治十帖」の方が、イメージ的にあいそうな気がします。

きのう、3巻がでてました。長く続くといいなぁ。


現代的

GENJI2 源氏物語

「きら源氏」の2巻目です。
どうやら、4巻で完結したようですので、少しずつ読んでいきます。

物語は、いらないところをバッサリと切り捨てて、気持ちいいほどです。
しかし、葵が、あのまま死んでしまうとは、元の話をしっている者としては、ビックリでした。
これは、「源氏」の物語であって、次の世代には、絶対に続いていかないという明確な宣言でもあるなぁと思います。
でも、このあたりは、ストーリーは大胆ですが、人物解釈は、今までどうりという感じです。
やっぱり、わたしは、葵は好きですねぇ。1番好きなのは、雲居雁ですが、きっとこの「きら源氏」には、出てこないだろうなぁ……。だいたい、夕霧が……。

で、朧月夜の解釈は、ストーリーこそ、元の話をおっていますが、人物解釈は、なかなか大胆です。
わたしのイメージでは、朧月夜は、ゴージャスな女なんですけどねぇ(笑)
うーん、ちょっと、ゴージャスさがたりないと思ったりして……。


明石で浮気をしない光源氏

GENJI3 源氏物語

レディース・コミックなので、こういう話にしようとはじめっから決めていたのか、それとも、描いているうちにこうなったのか。

でも、女性としてはあるいみ「救い」のある光源氏像です。

ちょっと、女性の気持ちに都合良すぎという感じもしますが……。


際だつ

GENJI4 源氏物語

たしかに、いろんなものを切り捨てたために、きわだった部分もあるなぁと思いました。

きれいにまとまった最終話のあとに、「特別編」をつけたのは、悪意だなぁと思いますが……。
でも、夕霧はいないという……。

きら版の雲居の雁も、ちょっと見てみたかったです。


「オンナ」でなくて、「オンチ」でした。

シンクロオンチ!3

「GENJI源氏物語」よりも先に読み始めていたのに、3巻がなくて(なぜか4巻が2冊あった)読んでなかったシリーズです。

これ、おもしいろです。

ずっと、題名を「シンクロオンナ」だと思っていました。「シンクロオンチ」だということが判明……。


いい男に見え隠れする若干の狡さ

シンクロオンチ!4

「シンクロオンチ!」も、これで完結です。
2巻から3巻を読むまでの間に、まるまる「GENJI源氏物語」が入っていたりで、たった4巻ですが、けっこう時間かかりました。

さて、このマンガ、女の子のたまちゃんの気持ちで読むと1、コンプレックスも含めて全部愛してくれる人が見つかって、よかったねーーという感じなのです。が、しかし、男のコーチの気持ちで読むと、なんか、若干、狡さが見える気がするのです。

狡さっていっても、コーチって、もてたいからかっこつけているみたいないやらしいところはないんです。好きなことに真剣に取り組む体育会系いい男(笑)
でも、なんで、たまちゃんを選んだの……と考えると。

えーと、ある意味、えらび放題だじゃないですかろ。そのなかから、あえてたまちゃんを選んだ理由というのが、なんとなく見えちゃう気がする。まあ、これは、わたしの解釈だし、もてない男のヒガミも若干はいっているかもしれないんですけどね。

積極的に恋愛に動くタイプの人ではないので、もちろん、たまちゃんからラブラブアタックがあったからというのはあったと思います。でも、そんなのは、他の人からもあったはずでしょう。
でも、あえてたまちゃんを選んだ理由。

多分、赤裸々モードのせいなんだと思うんです。
あの隠し事がないという安心感が、コーチにとっては大きかったのでは。

「変なとこが気に入った」

と言えば、なんか欠点を受け入れているみたいで聞こえはいいのですが、自分の心配をあらかじめカットしちゃうために、もともとそういう安心できる人を選んだという感じがしないでもない。

だとすると、けっこう気が小さいぞ、コーチ。

まあ、コーチの方は、もともと「恋に落ちた」わけではないみたいなので、それでも仕方ないのかもしれませんが。一緒にいることで、育っていくものもあると思うし。

でも、そう考えると、この2人って、これからも色々と波乱がありそうな感じですねぇ。

まあ、そんな感じで不満めいてかいておりますが、この巻もおもしろいです。なんか、ミステリー仕立てで楽しめました。

  1. わたしの読書方法は、感情移入です。で、感情移入できる物語をおもしろいと感じるようです。キャラクターが男でも女でも、関係ありません。 []

お菓子は人をしあわせにする?

パティスリーMON1

よく見てみると、「シンクロオンチ」は、全4巻とはかいてないので、続きがあるのかも。

それは、さておき。
きらの新作です。

お菓子って、食べてるだけで、見てるだけで、しあわせな気分になると思いませんか?

これから、音女ちゃんと大門のラブストーリーになっていくのかな?
なかなか、大門は、謎な部分も多い、きらの今までにないキャラクターだと思います。

甘いお話になるか、甘くないお話になるか、楽しみです。



とっても甘くて甘くない?

パティスリーMON3

えーと、一応、女ドロドロ篇(笑)がこの巻で終わって、次は、男ドロドロ篇って感じなんでしょうか。

まあ、人間関係だけではなくって、けっこう重労働で、甘い仕事ではないようです。

あと、従妹がケーキ屋さんに務めていましたが、その後、

「も~、ケーキは、しばらく見たくない~」

と言ってたよなぁ。


美人は、得か?

パティスリーMON4

多分、美人は得だろうねぇ。
まあもちろん、それでやっかいなこともあるとは思いますが、それ以上に、状況を自分の思っている方に動かせることの方が多い気がします。

意識的にしているのかどうかは、わからないけどね。

ということで、美人でモテモテの音女ちゃんです。