夏の日一覧

夏の日 その1 「来た」というか「呼んだ」

きのうは、1日仕事がお休みで、実家にいたために、サイトの更新ができませんでした。
で、貴重なお休みの1日、何して過ごしていたかというと、もちろん、子どもたちと遊んでおりました(笑)

去年も、遊んだ従姉の子どもたち2人が、お昼から家に遊びに来ておりました。

もちろん、去年から、きっちり1年たっておりますので、年齢も1つずつ年をとって、小学1年生と3年生になっていました。

しかし、なかなか、年に1回ぐらいしか遊べないねぇ。

お母さんは、子どもたちを家に連れてきたら、なんか、用事があるということで、またまた、出て行ってしまいました。

ということで、わたしと子どもたちで3人。

「うーむ。4人の方が、ゲームする人数としてはよいのだけど……」

てなこと、言っている間なしに、もう、ゲームを探し始めています。
2人とも、大人しい子なんですけどね。
まあ、だいぶん、慣れているということかな。

ちょうど、前々日に「わくわく!木の遊園地」というイベントに参加していましたので、そこに持って行ったゲームが、全部あるというすごい状況です。

子どもたちが、選んだゲームは、選んだゲームは、1回遊んだ経験のあるゲームが多かったかです。
まあ、「ゆうもあゲーム会・京都」にも、2、3回参加していて、けっこう遊んでいるということもありますし、やっぱり、小学生低学年ですから、遊べるゲームがちょっと限られてくるなぁということもあります。

ちなやみに、この人たちは、難しいルールのゲームは、嫌いです。

1日だけで、10種類以上のゲームを遊びました。
ということで、明日から、遊んだゲームのレポートです。


夏の日 その2 くるっとまわって

にわとりのしっぽ

去年のクリスマスに、サンタクロースが、「ミッドナイトパーティ」を持ってきているので、これは、家でも遊べます。

ということで、2人が選んできたゲームは、やっぱり強い「にわとりのしっぽ」と「ねことねずみの大レース」でした。

どっちかというと、おとなしい人たちで、簡単なゲームが好きです。
経験のあるゲームを選びがちなのは、そういう性格的なものも、関係あるかもしれません。

最初は、軽く「にわとりのしっぽ」
なんとなく、勝者は、やる前から決まっている気が……。

妹ちゃんの方は、記憶力、抜群です。
いや、抜群というほどでもないか?
少なくとも、わたしや、お姉ちゃんに比べると、いいです。
鍛えれば、グルッと1周できるようになるかもしれません。

「にわとりのしっぽ」は、純粋な記憶系のゲームです。
ランダムな要素というのは入りませんから、当然、勝敗は、ほとんど記憶力にかかってきます。
まあ、自分の目の前で、自分を抜かしていった相手が止まったりすると、勝利のチャンスはあるのですが、まあ、そうそう都合のいい話は、転がっていません。

でも、記憶系のゲームは、それでいいのだとわたしは、思います。
途中で、サイコロを振ったり、コマを動かしたりすると、覚えられないものが、よけいにわけわかんなくなっちゃいます。

ということで、3人なので、7つずつタイルをあけて、スタートです。
最初は、それほど、差が出ません。
進めるときも、1、2歩進んで、次の人にという感じです。

でも、ジワジワと差が出てきます。わたしとお姉ちゃんは、大体、向かい合ったところあたりにいるのですが、妹ちゃんのコマは、大分、わたしのコマに近づいてきます。

そして、なぜか、抜かすときって、一気なんですよねぇ。
5枚、6枚と、続き始めたら、速いです。

まあ、わたしは、最高ランクの人を2人ほど知っているので((どちらも、小学生の女の子ですが))、それに比べると見劣りはしますが……。

てなことを偉そうにに書いていますが、わたしよりは、はるかに速い(笑)

2手ぐらいで、半周して、予想通り、わたしとお姉ちゃんを抜き去ってしまいました。

おとなしいので、お姉ちゃんは、ふくれたりしませんし、妹ちゃんも、心得ていて、慎ましやかにしておりました。

まあ、得意・不得意は、あるからねぇ。


夏の日 その3 さよならランドルフ

子どもたちは、「にわとりのしっぽ」と「ねことねずみの大レース」を持ってきていたわけですが、わたしも、いくつかのゲームを選んでおりました。

「ガイスター」、「ハイパーロボット(第2版)」、「こぶたのレース」なんかです。
そう、アレックス・ランドルフの諸作品。

でも、速攻で、

「これは、難しいからやらない

と、「ガイスター」は言われてしまっていました。
1回遊んで、あんまりいい印象がなかったようです。

なんていうか、2人用のゲームが出来ると、兄弟で遊べるゲームの幅も増えるので、

「こっから入ってギプフ・シリーズに……」

なんていう思いもあったのですが、対戦になると、ウンウンと考えなければならない部分、そして、負けるとパーティゲーム以上に悔しいという部分なんかもあって、きっと、自分たちにはあわないという結論がでているようです。

まあ、それならきっと、「ハイパーロボット(第2版)」も、無理ですね。

かろうじて、「こぶたのレース」だけは、

「これならしてもいい」

と言っておりました。
これは、もうちょっと、人数が多い方がいいので、人が集まったらね。

ということで、

「さようなら、ランドルフ」

ちょっと、プレーヤーを選ぶかも。


夏の日 その4 さし足 ぬき足 しのび足

ねことねずみの大レース

今日は、なんと2本立て!!
というか、こっちが本題だったのに、前置きが長くなって、はじまらなかっただけですが……。

アレックス・ランドルフのゲームは、子どもたちに却下されてしまったので、子どもたちのリクエストの「ねことねずみの大レース」

「ミッドナイトパーティ」には飽きても、「ねことねずみの大レース」には、まだ飽きていない様子です(笑)
このあたりの心理っていうのは、研究するとおもしろいと思います。
おとなしい、あんまり激しい変化を好まない人間って、よく似たルールで安心できて、しかも、ちょっとだけ雰囲気が違うというのが、好きなようです。

そして、慎重派のこの姉妹は、まず、1個目のチーズをとりあえず最初にキープする(笑)
この作戦、動かすコマが序盤で少なくなりますので、実は、けっこう悪い手ではないですね。

1回目は、ネコが全然動かずに、1ぴきも、ネズミが食べられずに終了。

「もう1回!」

のリクエストの元(やっぱり怪物ゲームです)、3回続けて遊びました。

それでも、やっぱり、最初のチーズをキープする2人であった。

このゲームは、勝敗がけっこうばらけるので、お姉ちゃんも、妹も、ニコニコです。


夏の日 その5 サイコロ、コロコロ

妖精さがし

アレックス・ランドルフはあきらめて(「こぶたのレース」だけ残して)、新しいゲームを取りに行きます。

子どもたちが、次に選んだゲームは、「妖精さがし」と「色いろおふとん」の2つです。

わたしが選んだのは、「ジュニア・ラビリンス」と「クラウン」でした。
今回は、バランスを考えて選んでみました。

まず、子どもたちが選んだ「妖精さがし」から。

今回のルールは、「5枚集めたら」その人が勝利というルールで遊びました。

色のサイコロを3つ振って、そのサイコロと同じ色の組み合わせの「帽子」、「服」、「ズボン」を着た妖精のタイルを探します。

サイコロをコロコロとふって、「赤」、「青」、「黄色」が出たとします。
子どもたちは、忘れないように、

「赤、青、黄色…、赤、青、黄色…」

と言いながら探すわけですが、実は、このゲーム、小さい子にとってのステップがここにあります。

「赤」と「青」と「黄色」の条件を満たすタイルは、すべてのカードの中で1つしかありません。
でも、妖精が、「赤」、「青」、「黄色」と、今、子どもたちが唱えている順番に上から服を着ているとは限らないのです。

つまり、

「赤、青、黄色……」

と、子どもたちは探していますが、妖精は、帽子が「青」、服が「黄色」、ズボンが「赤」かもしれないわけです。
そして、そうなると、なかなか見つからないわけですね。

「ピコ・デュエット」の場合は、サイコロが2つで、妖精が2色です。
だから、サイコロの目が、「赤」と「青」の場合は、「赤-青」か、「青-赤」の2つだけを考えたらよいわけです。

でも、「妖精さがし」の場合は、「赤-青-黄色」、「赤-黄色-青」、「青-赤-黄色」、「青-黄色-赤」、「黄色-赤-青」、「黄色-青-赤」の6種類のうちから、正しい1つを見つけ出さなければならないわけです。

大人は、妖精の絵のなかの「帽子」、「服」、「ズボン」の3つの要素を見て、すぐに、自分の頭のメモリにある「赤」、「青」、「黄色」の3色に対応しているかを簡単に判断できるわけですが、子どもは、1つずつ確認していかなければならないわけです。

まあ、大人と子どもというよりも、「練習」と「慣れ」の問題かもしれません。
ということで、このゲームも、けっこう、得意・不得意が顕著に出ます。

わたしは、どちらかというと不得意だったのですが、あんまりゲーム慣れしていない2人よりは見つけるのが速かったです。

でも、最後の方は、お姉ちゃんが慣れてきて、けっこうスピーディに取っていました。
今まで生きてきた経験の差かな。
性格的に、お姉ちゃんの方は、こういうゲームに向いているということかもしれませんね。

クラウン

となりのおばさん1がやってきました。
一緒に遊ぼうということで、人数が多くなくなっちゃ遊べないゲームのチャンスということで「クラウン」をしました。

5人だと多すぎると思うのですが2、3人だと少なすぎると思います。

今回は、適正人数の4人でしたが、はじめのうち、全然、横取りがおこらなくて、わたし的にはビックリしておりました。

お姉ちゃんの3年生ぐらいになると、「取った。取られた」のおもしろさがわかってきます。
でも、妹ちゃんは、どっちかというと、それよりも、自分の前にできていくクラウンのおもしろさの方に惹かれた様でした。

  1. この人は、わたしの本当の伯母にあたります。 []
  2. 今、見てみたら2~4人までと書いてありますね。 []

夏の日 その6 ステップ・アップ

こぶたのレース

となりの伯母さんがやってきて、人数がそろったということで、子どもたちがやりたがっていた「こぶたのレース」をスタートします。

このゲームも、何回か遊んだことがあるので、子どもたちは、

「道、みち、ミチ」

と歌いながら、ボードをつなげてコースをつくっています。
引っ込み思案な2人ですが、そろそろ慣れてきて、性格が変わってきています(笑)

子どもたち2人、わたし、伯母さんで遊んだわけですが、4人というのが、このゲームの最低必要人数だなぁと思います。
3人だとすこしさみしいですが、4人だと絡みがでてきます。

慎重派の子どもたちですが、チップの使いどころは、まだ、難しいのか、性格からか、なんか、最後の最後、ギリギリになって、

「チップ使わないの?」

と言われてから、チップを使う姿が見られました。

これも、楽しいので、2回遊びました。

 

 

ジュニア・ラビリンス

ちょっと、ステップ・アップして、考えるゲームも遊んで欲しいなぁということで、わたしがオススメしての<b>「ジュニア・ラビリンス」</b>です。

伯母さんは、隣の家に帰ってしまったので、またまた、子どもたち2人とわたしの3人に戻ってしまいました。

「ラビリンス」と「カード・ラビリンス」と「ジュニア・ラビリンス」の3種類があったのですが、今回は、対象年齢の1番小さい、「ジュニア・ラビリンス」を選びました。

「ちょっと、こーゆーの苦手かもしれへん~」

遊んだことのないタイプのゲームで、見た目難しそうということで、少し腰が引けている2人です。
わかりやすいなぁ。キミたちは。

「簡単。簡単。
 自分のオバケさんの色を決めます。
 タイルの上に描いてあるのは、全部、宝物です。カエルも、ネズミも、電話も、なぜか、全部、宝物です」

少し、ブーイング(笑)
わたし的にも、納得いかないのですが、まあ、オバケにとっては、宝物なんでしょう。

「円いチップを1枚めくります。
 これと同じ宝物の絵が描いてあるところに、自分のオバケを動かします。
 動くのは、道が続いている限り、どこまででも動くことができます」

このあたりは、実際にタイルをめくったり、コマを動かしたりしながらすると、まあまあ、簡単かな。
そして、最後の1番、難しいところを説明します。

「さて、道がつながっていなければ、宝物のところに行くことができません。
 この道は、自分の番の最初に、1回だけ動かすことができます。
 1つだけ、このタイルあまってるでしょう。これを矢印のところから入れます」

「わぁ」

これだけて、驚いていただけて、うれしいです(笑)
これは、「カード・ラビリンス」では、味わえないところですね。

「自分の番の1番最初に、絶対1回、こうして道を動かさないといけません。
 じゃあ、やってみようか」

タイルは、5×5の25枚しかありません。だから、「ラビリンス」にくらべて、道が非常につながりやすいです。

あと、押し出されたタイルの上に「オバケ」が乗っているときの処理があるのですが、これは、そういう状況がでてきたときに説明します。

最初は、せっかく道がつながっているのに動かしてつながらなくなったりということもあったのですが、お姉ちゃんは、トライ・アンド・エラーを繰り返すうちに、タイルを動かさなくても、道がつながるかどうかが、わかるようになってきました。

妹ちゃなの方は、動かしてみなければわからないのですが、それでも、いろいろためしに動かしてみるのは、なかなか楽しいようすです。

わたしですが、まあ、動かせばつながるようなときには、

「つながるところあるぞ。さがせ、さがせ」

とアドバイスを。

「これは、つながらないかな……」

盤面をみつめるお姉ちゃん。

「うーん。あ、つながるよ」

おぉ。わたしが見逃していたすごい長いまわり道を探し出しました。

「これ、これ、けっこうおもしろい」

という声が、きけてよかったです。
結局、わたしと、お姉ちゃんが同点で、妹ちゃんが2点差ぐらいでした。

「それでも、わたし、ほんとうは、このゲームにがてやとおもう……」

謙虚なお姉ちゃんでした。


夏の日 その7 食事をはさんで

スティッキー

子どもたちのお母さんも帰ってきて、もうすぐ夕ご飯だよということで、子どもたちは、「ベンガ・ベンガ」を持ってきていたけど、とりあえずは、いつでもやめられて場所をとらない<b>「スティッキー」</b>を。
たいへん、お手軽で、簡単なアクションゲームということで、こういう、ちょっとした時間には、なかなか、重宝します。

お母さん、巻き込みたいという思いもあるのですが、残念ながら、夕食の用意の手伝いをしています。

ということで、やっぱり、3人で遊びました。

最初の1回は、サイコロもなんにも振らずに、交代で、1本ずつ引っぱってスティックを抜いていきます。

姉妹2人のスタイルは、超慎重型のスローモーション抜きです。
でも、このゲーム、かえって、ある程度のスピードで、サッと抜く方がいいのかも。

2、3回まわれば、太いスティックは、細いスティックよりも、危険ということも、すぐに飲み込めた様子です。

ということで、倒れて、2回目のときは、サイコロ有りで遊びました。

「実は、このスティック、太いのが3点、中ぐらいのが2点、細いのが1点です」

と取るスティックによって、点数が違うことも、このとき、はじめて教えました。
もっとも、あんまり、勝ち負けにこだわる方ではなくて、自分が倒したらいやだと思っているようで、子どもたちは、サイコロを振るときは、

「黄色でろ!黄色でろ!」

と言って振っていました。
黄色は、1番、細いスティックなわけです。

倒れても、シビアに点数計算なんかせずに、

「アハハ」

と笑って、夕食がはじまるまで、楽しみました。

 

 

ベンガベンガ

お食事も終わって、

「もう、今日は、泊まって生きなさい」

てなことを言っていましたが、なんと、

「今日は、これから、公文に行かなければならない」

という衝撃の事実が、判明しました。
晩飯食ってから、公文かよ。小学生も、大変だねぇ。

ということで、あと、どうしても、やりたいゲームだけ。
子どもたちは、さっき選んでいた<b>「ベンガベンガ」</b>を。

5歳からのゲームです。小学生の2人ですが、動物の移動は、理解したような……ときどき、少し間違っていました。

まあ、「ラビリンス」の移動が理解できていたので、大丈夫なはずですが、多少道のつながりが細く描いてあるので、そのあたりが難しかったかな。

今まで、4人で遊ぶのと、2人で遊ぶのを経験しました。
4人だと自分が追いかけている動物が、どんどん飛ばされて、けっこう、しんどかったです。
2人の場合は、逆に、マップが広すぎるような感じを受けました。

今回は、3人で遊んだのですが、これぐらいがちょうどいい人数なのかもと思いました。

もうちょっと遊んでみて、データを取ってみないと、まあ、たまたまということもありますが。

お姉ちゃんが全部のスタンプを集めた後、妹ちゃんにも、残りの動物のスタンプを押して。

「じゃあ、それ、記念にあげよう」

と言うと、

「いらなーーい」

と言われてしまいました。
まあ、家に持って帰っても、ゴミになるだけかもしれませんが……。

まあ、このあたりは、

「欲しい。欲しい」

と言うと、お母さんの顔色が怖いというのも、あったのかも。

無理にでも、持って帰ってもらいます(笑)


夏の日 その8 ボーナス・トラック

色いろおふとん

「ベンガベンガ」で終了するはずでしたが、従姉は、家の母親としゃべっております。

コソコソコソ。

「もう、1こする?」

子どもたちに異論があろうはずが(笑)
ということで、もう1こ。
まあ、あんまり時間のかかるのも出来ないということで、「色いろおふとん」などをセレクトしてみました。

あんまり殺伐としない方がいいだろうということで、最近は、イタズラ小僧に積み上げられたおふとんですが、1番上のおふとんでなくても、とっちゃっていいことにしています。

まあ、それでも、けっこうそろわないものですが。

小学生ぐらいになってゲームになれてくると、プレーヤー同士の絡みがないので、ちょっと単純に思えてしまうかもしれません。

まあ、これは、ゲームのおもしろさというよりも、絵柄のかわいらしさを楽しむゲームです。
かわいいもの好きには、うけると思います。

オバケだぞ~

まだ、おしゃべりは続いています。

「しかたないねぇ(笑)」
「しかたないねぇ(笑)」

まあ、そろそろ終わりかなぁと思っていたけど、お母さんたちのしゃべりの邪魔をするわけにはいかないからねぇ

ということで、いそいそと「オバケだぞ~」を遊びます。

まずは、簡単ルールで。

3人ということで、自分のコマを1こずつ使って、3つのコマで遊びました。
でも、これは、失敗。

3つのコマだと、簡単すぎるんです。
そうでなくても、心配性のこの姉妹です。オバケに変身した自分のコマをものすごい集中力で、見つめています。
お姉ちゃんなんて、

「わかんなくなったらイヤだから、ずっと押さえとこ~」

とか言っておりますので(笑)

「それは、ダメダメ」

と注意していても、3つのうち自分のコマを覚えるのは、ちょっと簡単すぎるようでした。

ということで、ふつうのスゴロクでした。

途中で、気がついた従姉が、

「あっ、もうそれで、最後にしいや」

と言っていましたが、これで終わるわけにはいかんよなぁということで、今度は、上級ルールでもう1回。

これでも、簡単すぎでした。
「オバケ」の目が出て、自分のチップが取り替えられても、次に自分が「オバケ」がでたときに、自分のチップを取り返せば、見失わない。

そして、順位よりも、なによりも、見失わないことが主眼で戦われるとつらい。

今、ルールを見返してみたら、3人の場合でも、2人の場合でも、コマは4つ使って遊ぶのが正しいようです。そして、プレーヤーの色じゃないコマは、はじめっからオバケに変身しているというのが、正式ルールのようです。
そうだよなぁ。コマ3つは、少なすぎだよなぁ。

「終わったかな。帰ろうか」

と子どもたちのお母さん。
いや実は、さっきも、1回終わったのですが(笑)

にわとりのしっぽ

「もう、1つだけしたいなぁ」

もう1つもなにも、「そろそろ終わり」と言われてから、3つぐらいゲームを遊んでいるわけですが(笑)

でも、たしかに、簡単すぎの「オバケだぞ~」が、ラストのゲームでは、わたしとしても、後悔が残ります。

「しかたないなぁ、もう、1つだけやで」

ということで、なにをしたいと聞くと、はじめに遊んだ<b>「にわとりのしっぽ」</b>が、選ばれました。

<b>これって、結果、見えてるやん(笑)</b>

こういうとき、やっぱり、お姉ちゃんの偉さというか、優しさというのを感じますねぇ。
妹ちゃんは、単純に、自分の得意なものを選んでいるわけです。
お姉ちゃんは、そんなとき、なにげに譲ってあげているんだと思います。

ということで、ラストゲームです。

結果は予想通り、妹ちゃんの勝利だったのですが、お姉ちゃんも、すごくがんばりました。
子どもって、ちょっと繰り返すだけで、けっこうすぐに上達していくんですねぇ。

わたしだけが、何回遊んでも、なかなか上達しませんが……。

自分が、上達していること、お姉ちゃんも気づいたようで、なかなか、満足そうにしていました。

そして、子どもたちは、公文に行きました。

散々遊び疲れたあとに、公文。
子どもも、大変だねぇ。