個人宅一覧

新春ゲーム会

きのう1月3日(月)、新春ゲーム会に参加させていただきました。
帰ってきたのが今日の12時すぎということで、そのままダウンしてしまいました。

しかし、新年、1月3日から集まってボードゲームが遊べるなんて、幸せな環境です。

遊んできたゲームは、

「ベニスの仮面舞踏会」
「ロバは誰かな」
「ダンシングダイス」
「冷たい料理の熱い戦い」
「ボンゴ」
「カタンの開拓者たち 歴史シナリオ2 万里の長城」
「ゲシェンク」
「そっとおやすみ」
「ハイパーロボット」
「頭脳絶好調」
「頭脳絶好調」
「アップル・トゥ・アップル」

「頭脳絶好調」から後は、小学生と高校生の子どもたちも一緒になって楽しみました。
2回目の「頭脳絶好調」では、「大天才!!」になって、大満足。

相変わらず、はじめて遊ぶ子ども相手にも手加減なしですか(笑)


友人宅引っ越しおめでとうゲーム会

きのうに引き続き、今日は、友人が引っ越して、ゲーム部屋を作ったので、見学がてらのゲーム会でした。

遊んだゲームは、

「キャンディ工場」
「キャメロットを覆う影」
「チグリス・ユーフラテス」
「スキャン」(個人戦)
「スキャン」(チーム戦)
「ロボラリー」
「ダーク・サイド」

でした。

「キャメロットを覆う影」。苦しい戦いながらも、はじめて勝てました!!


友人宅 ゲームマーケットでこんなん買いましたよゲーム会

ちょうど、上の話とリンクしていますが、ゲームマーケットに行って、散財された方のお家に行って、その戦利品を中心に遊んできました。

「エルスミーアの期末試験」
「乗車券 メルクリン」
「ビッグ・キニ」
「落水邸物語」
「落水邸物語」
「キャッシュ・アンド・ガンズ」
「カルタゴの貿易商たち」
「ペッパー」
「ペッパー」
「ペッパー」
「カリフォルニア」

「ペッパー」だけは、以前からそのお家にあったゲームですね。
けっこう、受けていて、何回も、遊ばれていました。

よかったのは、「乗車券 メルクリン」。乗客のルールは、ちょっとめんどくさいのですが、短い線路を引こうという気にさせてくれて、いろんな点数の取り方があって、いい感じです。

「落水邸物語」は、不思議な感じのトリックテイキングでした。基本ルールと、上級ルールで2回遊びました。上級ルールの方が、ウケてました。


友人宅 ダンボールが片づいてきたよゲーム会

引っ越しをした友人宅のダンボールが、だいぶん片づいてきたよということで、遊びにいってきました。
ダンボールが、本箱に変わっていました(笑)

うちのダンボールは、いつになったら片づくのでしょう??

遊んだゲームは、

「ベガス・ショーダウン」
「フリント船長の財宝」
「ミス・モンスター」
「バルバロッサ」
「ナチョス事件」
「オルトレマーレ ヴェニスの商人」

でした。
粘土ゲーム2つ以外は、わりと重たいゲームだった印象が……。


友人宅 遊んでいるうちにメビウス便がやってきたよゲーム会

6月24日は、友人宅でゲーム会でした。
前日から、ねぇさんの親戚の方々がやってきて、家でもゲーム、外でもゲームと、夢のような週末でした(笑)

遊んでいる途中に、郵便が届いて、

「メビウス便に違いない!」

とか言ってたら、本当にそうでした。
「頭脳絶好調ミニ」が、とっても、かっこよかったです。

遊んだゲームは、

「キキリキー」
「バルバロッサ」
「ビック・ディール」
「ティカル」

でした。

「キキリキー」は、子どもと遊ぶにはなかなかよいゲームだと思います。
まん中の障害物のために、安全地帯が大きすぎという意見もありましたが、あれがないと、多分、はやく終わらないんですよ。
今度、『ゆうもあゲーム会・草津』に持っていってみよう。

「バルバロッサ」は、なぜか、今回は、メチャクチャ簡単なものをつくってしまったようで、当てられまくって、1人だけダントツみんなから遅れておりました。

「ビック・ディール」、「ティカル」は、なかなか、長時間なゲームでした。
「ティカル」は、長時間ゲームでしたが、けっこう、時間がたつのを感じさせないゲームで、もう1回、遊んでみたいですねぇ。


三連休のまん中ゲーム会

きのうは、三連休の中日ということで、友人宅で3人でゲーム会でした。
遊んだのは、

「ドクター・シュリュッセルバルト」
「エコノス」
「マンチキン日本語版」
「ゼロの恐怖」
「ラストチャンス」
「フルーツバンディッツ」
「フィガロ」

でした。

「マンチキン」と「エコノス」が、けっこう面白かったです。

「ゼロの恐怖」は、微妙な感じでした。

「フルーツバンディッツ」は、じゃんけんな感じでした。3人だったので、人数が多い方が面白かったかも。

「フィガロ」は、最後にボーナスがあるのに気がつかなくて遊んでいたみたいです。
グルグルまわるカードが、けっこう凶悪に思えましたが、カードの枚数が決まっているので、見えてくると、なかなかジレンマで面白かったです。

「ドクター・シュリュッセバルト」は、なかなか雰囲気のいい子どもゲームでした。『ゆうもあ』にいいかも。


合宿?

連休中の11月3日(金)、4日(土)ゲームハウスにて、お泊まりのゲーム会がありました。

今回のテーマは、長時間ゲーム(笑)

普段は遊べないゲームを遊びました。

最初は、

「陰謀」

メビウス便で軽いジャブ。

その後、

「将軍」

を2時間ほど。

疲れたので、

「アカバ」

「傾いてるよ、傾いてるよ、オイ!」

など軽いゲームを間にはさんで、

「テンプス」

「タルバ」

「アイ・トゥー・アイ」

など、新しいゲームを。

参加された方が韓国で買ってきたという

「ジェムブロ」

を2回遊んで、最後は、

「数独」

で1日目をしめました。
このとき、午前3時半ぐらい。

えっ、たいしたことないですか?

2日目は、朝8時ぐらいから、

「指輪戦争」

を並べ始めて、正式ルールで12時まで遊びました。
これは、やっぱり、正式ルールの方が楽しそうです。でも、時間がかかるので、12時で協議終了(笑)

昼食後、

「七王国の玉座 ボードゲーム」を。

これに、4時間ほど。

終わった後は、ヘロヘロでした。

みなさま、おつかれさまでした。

今回の教訓。ゲームは、夜の12時までだなぁ……。


新年ゲーム会

新年、あけましておめでとうございます(今さら…笑)。
今年も、よろしくお願い致します。

わが家では、お正月は、だんだんとボードゲームの時期ではなくなってきているようです……。
年末の1週間から、お正月の3日まで、みごとに1度も、ボードゲームで遊んでいる時間がなかったです。残念。

その憂さを晴らすというわけではないですが、1月6日(土)に、ゲームハウスにて、わにのこさん一家を招いてのゲーム会でした。

奥さまは、とうとう整理された(?)2Fの図書室へ。

1Fでは、りん、でこねぇ、わにのこさん、わにのこさんの子どもたち2人(小学2年生と中学1年生)でのゲーム会でした。

遊んだゲームは、

「ワードバスケット」
「傾いてる、傾いてるよ、オイ!」
「ドクター・シュリュッセルバルト」
「くるりんモグラ」
「エルフェンランド」
「セット」
「テンプテーション」
「トール」
「クロンダイク」
「そっとおやすみ」

でした。

「エルフェンランド」は、すごく時間がかかりました。割と、みなさま長考派です。
ちょっと、インストミスとかありまして、最初はどうなることかと思いましたが、最終的には、なかなかよい勝負で、みんな楽しめたのではないでしょうか?
小学2年生と、ねぇさんが、トップタイでした。

……ゲーマーの子は、ゲーマーだ……。

だいたいにして、ゲームのチョイスの仕方がゲーマーです(笑)

「これ、簡単だよ」

と勧めると、

「簡単なのは、やだ~」

と言う子ども2人。
まあ、重いゲームの後は、単純なゲームがしたくなるんですけどね。

「トール」が、ちょっとあんまり受けなかったのが、ショックでした。インストミスのせいだったような気が……。

「セット」は、ダントツでお兄ちゃんがすごかったです。

お昼からスタートして、夕食のカレーを食べて、夜の9時ぐらいまで遊んだのでした。

しかし、子どもたちが難しいゲームをどんどんできるようになっていくというのは、なかなか、うらやましい状況です。

楽しかったです。また、お越し下さいませ。


湖畔のゲーム会

2月。三連休ということで、三連休の初日2月10日(土)に、ゲームハウスにて湖畔のゲーム会が行われました。

遊んだゲームは、

「マンチキン日本語版」
「バベルの塔」
「カイロ」
「サンクトペテルブルク」
「ことば博士」
「ブロックス・トライゴン」
「百科審議官」
「ヘックメック」
「王への請願」
「タルバ」 

「マンチキン日本語版」は、単純な割には、ルールが多いので遊びやすさに難がある気がします。
まあ、TRPGのルールの細かさといい加減さを笑うゲームなので、しかたないか。
ざっくり大作りな感はありますが、意外とバランス悪くないのかとも思わせところもあります。
欠点は、やっぱり、「D&D」を知らないとねぇということですね。

「バベルの塔」は、ねぇさんが

「遊んだことある!……かも……」

と。
「かも」って、何だ?「かも」って。
遊んでみると、なるほど、おもしろいけど印象に残りづらいゲームでした。協力したり、出し抜いたりという感じが、同じクニツィアの「ブルームーンシティ」とよく似たテイストでした。

「カイロ」は、下手なわたしは、徹底的に下手です。
0点でした。練習しようという気にまではならないなぁ。たまには、遊んでもいいかな?でも、練習しない限り、結果は同じかも(笑)

「サンクトペテルブルク」は、初プレーの人と、経験者がいるときは、どこまでアドバイスするのかというのは、微妙なゲームだと思いました。
初プレーの人に、あんまりにも言いすぎるのは、その人の考える楽しさを奪ってしまいます。だからといって、よっぽどゲーマーでないと、アドバイスなしでは、かなり差が出てしまうし……。その辺のさじ加減は、難しいですね。
特にこのゲームは、例えば最初、職人を買わない初心者がいた場合、いきなり次の人が職人を3人抱えてスタートするということになりかねません。この差が、かなり大きく出てしまって、勝敗に大きく影響することが多いのです。
まあ、「最初の職人は、とにかく買う」というのは、ルールにもアドバイスとして書かれていることなので、言ってもいい(言うべき?)ことかとも思うのですが。
まあ、初心者の人が一緒に混ざったときは、もちろん勝ちを目指すのですが、自分に不利になる(あきらかに誰かに有利になる)プレーを、その人がしたとしても、

「そんなプレーは、おかしい!!」

とは言わずに、優しく見守れると、また、次から一緒に遊んでくれる人が増えていくのかなぁと思います。
それをするのは、その人なりになにか理由があるはずなので、せめてどうしても言いたいのなら、ゲーム終わってからにした方がいいなぁと思います。
すごい、いいゲームなのですが、そのあたりだけが、難しいなぁと思います。

といいつつ、今回のように、ゲーマー3人と初プレーの人1人だと、あっこでアドバイスした方がよかったのかなぁ……。

とか、矛盾したことも思ってしまいます。

「ことば博士」。わたしは、だるま(笑)

ここで、1人用事のため帰宅。
以下、3人で遊びました。 

「ブロックス・トライゴン」は、ブロックがはまるかどうか、入れてみないとわかりづらいという問題が(笑)
でも、3人で、すっきり楽しめるというのは、いいです。

「百科審議官」は、3人専用のゲームということで。
わたしのお題は、「光るもの」。ねぇさんは、「木がつつかわれているもの」。もう1人は、「うみ」。
光るもの。「人」とか、「ウルトラマン」とかは、若干、わかりにくすぎだったかも。
あんまり絡み合わず、夕食のピザが来たので、途中で中断。

「ヘックメック」は、最近、サイコロのゲーム絶好調のねぇさんの1人勝ち。
いきなり、「29」をとって、その後も、「28」とか、人の「26」を横取りとか……。
昔のサイコロで笑わせてくれるねぇさんは……(笑)

「王への請願」は、「ヘックメック」で独走を許したので、サイコロゲームのリベンジとして。
前回、おてばんで遊んだときは、わたしは、サイコロ操作系のカードばかりを集めてしまって、サイコロが増えず、最終の決戦ですでに負けていたので、その反省を活かして……。
と思っていたのですが、また、サイコロ操作系のカードばかりを集めてしまいました(笑)
そして、余裕で、ねぇさんが、王様と王妃様をおさえて、また持っていかれました。
このゲームは、自分の取ったカードが人に影響するということは少ないので、「サンクトペテルブルク」以上に、アドバイスなんてせずに、はじめてでもまかせておいていいゲームだと思います。
まあ、慣れないと、今振ったサイコロの目が、どう発展する可能性があるのかを見落としてしまうこともあるのですが、それを含めて、考える楽しみを味わえるゲームだと思います。
自分ならこうするのにというのが見えると、ついつい言いたくなりますけどねぇ。
昔のサイコロで笑わせてくれたねぇさんは……(笑)

「タルバ」 は、いいゲームですねぇ。これも、若干、経験差がでるような気がします。
といいつつ、インストしたわたしが、今回、ルールを間違っていて、すいませんでした。

タイルを置ききって点数計算という状況は、今のところ見たことないです。今回は、特に3人だったから、タイルがけっこう余っていました。今までみたことがあるのは、2種類の建物を置ききるサドンレス勝利ばかりです。
でも、4人でやった場合は、どっちか微妙になるかな?
いろいろ試してみたくなるよいゲームです。

けっこう長く書いたので、これをもって、ゲーム会参加報告、及び、ゲーム会レポートということにさせてもらいます(笑)
本当は、もっと1つ1つのゲームのことを書きたいのですが……。


ゲームマーケット前日ゲーム会

今日は、ゲームマーケットの前日です。

で、ゲームマーケットに行かない(笑)人たちが集まって、ゲーム会でした。

遊んだゲームは、

「カエルの飛び込み大会」
「海賊のお仕置き」
「アルケミスト」
「ノートルダム」
「フィガロ」
「カエルの飛び込み大会」
「救命ボート」
「遺産相続」

印象的なゲームは、「カエルの飛び込み大会」ですねぇ。
アクションゲームです。ちょっと、なくなりそうなのがこわいですが。

「ノートルダム」も、けっこうおもしろかったです。