ゆうもあゲーム会・大阪一覧

8月 第1回ゆうもあゲーム会・大阪 参加

今日は、第1回の「ゆうもあゲーム会・大阪」の日でした。
第1回ということで、また、会場もかわるということで、どれぐらいの参加があるのかなぁと思っていましたが、スタッフふくめて60人以上の参加があり、大盛況でした。

遊んできたゲームは、

「手さぐりゲーム」
「九路盤囲碁」
「コロレット」
「クラウン」
「キャッチミー」
「カード・ラビリンス」
「グログロ」
「ねことねずみの大レース」

なんか、いつもより少ない?
思い出したら、書き足します。

「九路盤囲碁」と「キャッチミー」と「手さぐりゲーム」をひたすらしていたような記憶が(笑)


入道雲にのって夏休みは行ってしまった その1 大阪で生まれたゲーム会

8月31日、日曜日。
夏休みの最終日。
記念すべき第1回の「ゆうもあゲーム会・大阪」が開催されました。

第1回とはいうものの、スタッフのほとんどは、「うつぼゲーム会」を経験しているメンバーです。
そういう意味では、会場が違うというだけで、運営には支障はないはずなのですが、気になるのは、お客様です。
何人ぐらいの方が、来てくださるでしょうか?

夏休みというファクターがけっこう人数を読みにくくしています。
家族で出かけていてゲーム会には不参加ということで減少する可能性もありますし、ぎゃくに、休みだから1度ゲーム会に参加してみようというご家族もあるかもしれません。
しかも、夏休みの本当にド最終日。子どもたちは、夏休みの宿題の追い込みにかかっていて意外と忙しいかもしれません。
しかも、今回は、靱会館から、大阪市立西区民センターに会場がかわっています。地理的な理由でこれなくなっちゃうご家族も……あるのかな?(断言するほど大阪の地理に詳しくなかったという)
その分、スプリングフェスティバルをやった場所ですので、その関係の子たちが来てくれたらうれしいなぁ。

家族単位で動かれることが多いですので、一気に参加人数が4人とか5人まとまりでかわってきます。

今回の会場である「大阪市立西区民センター 第4・5会議室」は、行ってみると100人ぐらいまでゲームができる広さでした。
会場の用意は、整いました。さて、あとは、どれぐらいの方が来てくださるかですねぇ。

午前中は、

「ちょっと少ないねぇ」

と心配の声もあがっていたのですが、もともと、「うつぼゲーム会」のときも、人数が爆発するのは、午後からなんです。

そして、「ゆうもあゲーム会・大阪」も、お昼を食べてからが、本領発揮でした。
なんと、参加人数は、スタッフ9名をふくめて64名。
「うつぼゲーム会」から数えても、またまた、新記録達成でした。
もちろん、会場は広くて、ゆうゆう遊べていましたよ。

えーと、もう1つのニュースですが、今回、「ゆうもあゲーム会・大阪」に、朝日新聞の取材がはいりました。
一階代表をはじめて、ご家族連れの参加者に、いろいろとインタビューをしていました。

その成果は、東では4日の朝刊に、西では7日の朝刊に掲載されました。

残念ながら、りんのところには取材に来ませんでした。
せっかく素晴らしい理想と輝く未来の話をしようと思っていたのに、残念です。

「わた、わた、わーたしーは、ダイナマイト

嘘です。緊張するとしゃべれなくなるので、よかったよかった。

7日の新聞読みました。

「なぜか流行」「心つなぐアナログ?」「とりあえず親は歓迎」

「なぜか」、「?」、「とりあえず」という表現が、なんか、若干気になります(笑)
まだ、言い切る気にはなれなかったらしい。
わたしなら、言い切ってるんだけどねぇ。


入道雲にのって夏休みは行ってしまった その2 大阪BrokenBox

手さぐりゲーム

今回、注目ゲームは、スタッフの持ってきた「手さぐりゲーム」でした。
これは、タカラから最近になって復刻されたアメリカンゲームシリーズの1つです。

4人まで遊べます。
ゲームは、めちゃくちゃ簡単です。
カードとブラックボックスになってる箱とプラスチックの模型をつかって遊びます。
箱の中に人形をいれて、山札からカードを1枚表にすれば、ゲームスタートです。
箱には、4つの穴があいています。その穴から、全員一斉に手をつっこんで、カードにかかれた模型を手探りだけで探し当てなければなりません。

全員一斉にというところがおもしろいところで、4人でやったら、箱の中で手が模型求めてうごめきます。
カップルとかですると、中で手を握ったままゲームが進行しないなんてこともあるかもしれませんねぇ(笑)

復刻版のゲームということで、よーーーく思い出したら、わたしもこのゲーム遊んだような記憶がかすかにあります。
多分、家にあったんだと思います。同じタカラの人気ゲームの「人生ゲーム」はなかったのに、このゲームはあったんだ…。なんでだろう?
記憶違いかもしれませんが、その時は、本体の箱がプラスチックで作ってあったような記憶が……。
それで、中身が見えないように手を入れる穴のところにゴムで作ったフタ(切り込みがはいっていて、そのまま手をつっこむことができます)が入っていたような。
何回も使うと、そのうちに箱の中身が見えるようにとズルをするために、そのゴムのフタの切れ込みの部分が完全におれちゃってた記憶があります。

今回の復刻版は、本体の箱は、厚紙で組み立て式でした。
四隅とゴムのフタをプラスチックの支えでしっかり留めるつくりです。

記憶と違うような気が。
しかし、遠い遠い記憶なので、間違っているかもしれません。

ほかのスタッフの記憶によると、復刻版も、元の版も、同じ用に厚紙作りだったということなので、わたしの記憶の方があやしいです。

組み立てた形で、他のゲームの間だに置かれていたのですが、こういう立体的なゲームって、子どもを引きつける力がつよいです。
なんとなく、見ただけでゲーム中にやることもわかりますし。

ということで、かなり引っ張りだこになっていました。
わたしも、このゲームのインストを今回だけで、7、8回はしたのではないでしょうか。

手で触って、ある程度は形がわかります。
でも、動物とかは4本足のものが多くて、けっこう見分けがつかなかったりします。長いシッポとか思って出してみるとゾウの鼻だったりします。
あと、わざと紛らわすために、コインが2つ入っています。色違いのコインで、ちゃんとお題のカードには、「赤いコイン」という感じで色まで指定してあるんですねぇ。手触りで、色がわかるかーー!!

単純なだけに、けっこう盛りあがって、子どもたちも興奮してエキサイトしてきます。
そうすると、箱の中に手を肘までつっこんでの取り合いが(笑)

箱が、潰れる~。

えーと、最初のうちは、わたしもおもしろがって(実際におもしろいかですけどね)一緒に遊んでいたのですが、どうも、わたしの手は、このゲームするには大きすぎたようで、模型を握ってグーの手のままで穴から手を引き抜こうとすると…

ゴムのフタも一緒に取れてくる~

ゲームの途中で、何回か中断して、箱をつくり直したりしなければなりませんでした。

でも、子ども同士や、親子で、こうやって実際に手と手が触れ合うというのは、とってもよいことだなぁと思いました。

あんまり模型が取れない子がいたら、大人が素早くさがして、箱の中でその子の手にそっとわたしてあげるなんてこともできます。

もう、なんでもいいから、つかんだものを引っ張り出して確かめる子、慎重に慎重にものの形を取り出す子、人の手がおもしろくて、ひたすら人の手を捕まえに来る子、それぞれの子の性格も、しっかりとでる楽しいゲームでした。

必ずしも、年齢がゲームの有利不利につながりませんから、けっこうどんな年齢の人でも遊べます。そして、実際に、幼稚園の子から大人まで楽しんでいました。
まあ、わたしのように手がデカい人は、箱を潰しかねないので要注意ですけどね。

タカラさん、箱の潰れない頑丈版を出してくれないかなぁ。
そうしたらきっと、ゆうもあの定番ゲームになると思います。


入道雲にのって夏休みは行ってしまった その3 悲しい黒やね

九路盤囲碁

九路盤囲碁をしました。
このゲームをする子は、決まっております。小学2年生の子です。
そして、腕はほぼ互角。

互角……のはずなんだけどなぁ(泣)

「どっちの石とる?」

と聞くと、

「わたし白。後攻め」

という答え。
囲碁は、若干、先手が有利なんですね。だから囲碁には、それを調節するルールもあるのですが、わたしもそれほど詳しくないので、九路盤で遊んでいるときは、そういうルールはなしで、単純に陣地の目数だけで勝負しています。
黒石は先手、白石は後手と決まっています。
だから、自分が白石を持つというのは、あえて、不利な状況を受けようということです。

つ、つまりわたしの方が、格下だと。な、生意気な。

おそらく相手は、そんなことまで考えていないはずなのに、かって熱くなるりんであった。負けるわけにはいきまへん。

ということで、1回目から、本気モードです。もちろん、この子とは何回も遊んでいて実力を知っているので、熱くなってなくても本気でないと勝てません。

白石と黒石が、オセロのスタートのときのように、互いに交わりながらななめにならぶことを「切り違え」といいます。
えーと、囲碁は自分の石と石をつなげていって、囲んで陣地をつくるゲームです。
この石と石のつながりなのですが、連珠(五目ならべ)と違って、ななめの石はつながっていません。
だから、この場合は、黒も白も両方とも切れてつながっていないと考えます。
こういった形になったときは、どちらが石をつなげることができるか、攻防戦がはじまります。

今回、相手の子なのですが、「切り違え」をバンバンしかけてきました。
自分から切り違えにいくのって、あんまりいい手とは思わないけどなぁ…。

切り違えを仕掛けられたときは、まっすぐのびろという定石があります。つまり、交わっている部分にこだわるのではなく、自分の石をつながった形でのばしていった方がよいということですね。
定石通りにまっすぐのびると、相手は、のばさなかった石の方に「アタリ」をかけてきます。
それで、そっちの石もまっすぐのばしていくのですが、何故かすぐに壁にぶつかってしまうのです。
壁にぶつかると、逃げ場がなくなるので、死に石になってしまう。

あれ、こんなはずでは、ないはずなのに。

あれよ、あれよという間に、この「切り違え」作戦で、わたしはボロボロにされてしまいました。
な、なんでや~。

どれぐらい、ボロボロかというと、相手が取った石をわたしの陣地にすべて置いて、それでもまだ相手の手元にわたしの石が残っているぐらいでした。

呆然。

「お父さんと、だいぶん練習してきたもん」

だそうです。

これでは、すまないので、もう1回。
すいません。わたしが、黒石を持たせていただきます。

でも、やっぱり、同じ様に切り違えの攻防で負けてしまうのですねぇ。
3回めにやって、やっと判りました。
わたしが、九路盤ということが理解してなかったのです。
九路盤は、普通の碁盤よりも狭いです。切り違えてまっすぐのびるのは、充分にのびていく余裕のある場所でだけ有効なのです。
それを定石だからということで、なんにも考えずに使っているのが間違いの元。
見てると、相手の子は、ちゃんとそれを理解しているようで、必ず壁に近い方の石を攻撃してきます。

そうとわかれば、反撃開始です。
相手が切り違えてきたら、こっちも、壁に近い方を狙って「アタリ」の形にもっていけばよいわけです。
切り違えを仕掛けた方は、その1手の分だけ手が遅くなりますから、そうするとその攻防を制することができません。

3回目にして、やっとかった。

その後、石を持ち替えたりして何回か遊びました。
4回目以降ぐらいからは、あんまり考えない雑な打ち方になっちゃってたかな。

うーむ。お互いに強くなるためには、感想戦というのが必要なのですが。そこまでのものでもないかな。
2人でしか遊べないというのがネックではありますが、「九路盤囲碁」も、けっこうサクサクと何回も遊べて、ちょっと考えるゲームをしたいときには、いいですね。


入道雲にのって夏休みは行ってしまった その4 大阪ストライプ

コロレット

「これは、賞とった有名なゲームだそうですね。教えてください」

ということで、お母さんが持ってきたのは「コロレット」。
なんでも、お家にはあるそうですが、まだ、遊んだことはないそうです。

わたしも、2回ぐらい遊んだ記憶があるのですが、ちょっと時期があいて2回では、まだインストに不安が…。

まあそれでも、お母さんと、子どもさんと、わたしで、ルール訳を読みながらやってみようかと……思っているところに、ベテランスタッフが(笑)
やっぱり、ルール訳を確認しながらだと、テンポが悪くなっちゃいますからね。

「『コロレット』、わかります?教えてください~」

泣きついているという。
大阪は、スタッフも充分そろっているので、わたしもルールの勉強がてら一緒に遊ばせていただきました。

ということで、4人でコロレット。

やれば簡単、説明するとちょっとややこしいルールですねぇ。
インストをベテランスタッフに、お願いしてよかったです。
2、3個、

「へっ、そんなルールあったっけ?」

というところがありました。
難しいところの説明はとばして、とりあえず遊んでみるという、ベテランスタッフのインストのノウハウも、ちょっと見せていただきました。

3色のカードを集めて点数を競い合うゲームです。3色以上取ってしまった場合は、4色目からはマイナス点になってしまいます。

カードを自分の手元に取るときは、1枚から3枚までとることができるのですが、1枚だと点数が少なく、3枚だと自分が集めているカード以外の色のカードを取らなければならないことが多くなります。
だから、安全に確実に少しずつカードを集めていくか、ハイリスク・ハイリターンを狙って待つかというところがおもしろいてゲームです。

今回は、わたしは、ローリスク・ローリターンな作戦で、はやいうちにドンドンカードを取っていきました。
もう1人のベテランスタッフの方は、最後までねばるまったく逆のハイリスク・ハイリターン作戦。
お母さんと子どもは、そのちょうど中間ぐらいの作戦で、いろいろな作戦が見れて、そういう意味でもおもしろかったと思います。

もちろん、勝ちに行くのが基本なのですが、インストするときとか、相手が初めてのゲームのときは、今回のようにいろいろな考えたかを極端に示してみせるというのも、大事かもしれません。

いや、わたしは、そんな意図はなくて、勝ちにいっているんですけどね。

前、遊んだときは、このローリスク・ローリターン作戦、けっこううまく機能したと思ったのですが、今回は、全然、だめでした。

強いのは、最後までねばって、自分の手で自分の欲しい札を引いてくる人(笑)
そりゃ、運も味方についてたら、無敵やん。

3回目のプレーを終えましたからねぇ。
もうこれで、インストも、大丈夫です。
多分、大丈夫なはず。
大丈夫じゃ……ないかなぁ。

まあ、ちょっと覚悟はしとけ(by「関白宣言」さだまさし)

コロレット

/ Abacus



入道雲にのって夏休みは行ってしまった その5 キッズ&ピエロ

クラウン

子どもたちと「クラウン」。
これは、単純で、小さい子も一緒に遊べるところがいいゲームです。

今回、子どもがいって気付いたのですが、クラウンの絵、長さが違うだけでなくって、けっこう帽子とかのデザインとか、手に持っているものとかも、微妙に違っていました。

横取りが、とっても楽しいゲームです。
今回遊んだ4人ぐらいのプレイが、適当に横取りもおこり、適当にサクサクと進んで、いい感じです。

できたクラウンをならべて比べるというのも、とっても、素晴らしいアイデアです。
何回も、何回も、続けて遊んだりというゲームではありませんので、ゆうもあゲーム会いつでもの「みんなの定番ゲーム」とまではいかないのですが、小さい子や、初めてゲームをされる方には、オススメの「初心者向け定番ゲーム」です。

ただ、単純なゲームだけに、そろそろ、わたしがココに書くネタがなくなってきました(爆)

めずらしく、短い文章で失礼いたします。

文章はこんなんですが、ゲームは、すごく盛りあがることを保証いたします。


入道雲にのって夏休みは行ってしまった その6 SO.YA.NA.I.

カード・ラビリンス

いつも、一緒に遊んでいる幼稚園の子が、やってきます。

「ねぇ、アレしよう。アレないの?」

アレ?なんだったけ?

「ほら、地図みたいなやつ」

了解。「カルカソンヌ」ですね。
と、持って行ってみると、

「違うーー」

と言われてしまいました。あれれ?
他に、地図みたいなタイルを置くゲームってなんかあったっけ?
「メトロ」とか、鉄道ゲームは、一緒に遊んだ覚えないけどなぁ……。

「おっちゃんと、一緒に遊んだことあるゲームか?」

「この前、京都のときにあそんだ~」

この子、京都にも、大阪にも、来てくれているスタッフの子どもです。
でも、京都のときは、いそがしくって、あんまりこの子と遊んだ記憶が……。

「ごはん、食べてるときに遊んだの」

あぁ。了解。「ラビリンス」ですな。
確かに、地図みたいで、タイルを動かしていくゲームです。
でも、あのゲーム、前回はわたしが持っていったもので、今回は持ってきていません。
他の人が持ってきたゲームのなかにあるかな?
さがして見ますが、ないようですねぇ。
とみていると、「カード・ラビリンス」が。

「これ、この前のやつと似ているやつやわ」

「じゃあ、これやってみよう」

そうおっしゃられますが、わたしは、「カード・ラビリンス」は、したこと無いのですよ。

だいたいボードが無くって、どうやって「ラビリンス」ができるんだろう?というのが、わたしの疑問。
あれって、あのボードがあってはじめてできるんじゃあ……。
でも、円いラビリンスもあると聞いたことも。円いラビリンスって、どうやって、島を動かすんだ?

いろいろな疑問はありますが、こういうときは、まず、ベテラン・スタッフです。

「これ、難しいですか?」

と聞くと、

「簡単。簡単」

という答え。その場で、インストをしていただいて、ゲームスタートです。

結果ですが、ボードゲームの「ラビリンス」よりも、手軽で簡単かもしれないと思いました。
一緒に遊んだ幼稚園の子も、無理なく遊べていました。

ボードゲームの「ラビリンス」は、7×7の大きさの迷路を探険していくゲームでした。「カード・ラビリンス」は、迷路の大きさがゲームの進行によってどんどん変わっていくゲームです。

プレーヤーは、正方形のカードを2枚ずつ手札に持ちます。

最初迷路は、カード2×2の4枚でつくります。そして、自分の手番にカードを1枚出して、その迷路を拡張していきます。出すカードは、必ずその迷路と一辺を接していなければなりません。
カードには、迷路とそこに配置された宝物の絵が描いてあります。
このとき、もし置いたカードに描かれている宝物と同じ宝物がつながった道の先にあれば、そのカードを取って自分の点数にすることができます。
ただし、この宝物のカードを取ったとき、迷路が離れ小島のようになってしまう場合は、宝物を取ることができません。
ときには、2枚の宝物を一気に手に入れることもできます。

カードを補充すると、手番終了です。

  • 相手の持っているカードが見えない。
  • 迷路に配置されている宝物と同じカードが手札になければ、点数が入らない。

などの点があるため、ボードゲームの「ラビリンス」よりも、ランダムな要素が多くなっているように感じました。
また、自分のコマという概念がないので、数手先を読んで考えるというよりも、今持っているカードをどう配置したらすぐに宝物をとれるかということを中心に考えたらよいので、そのあたりも、簡単に感じました。

ただ、これは、大人の考え方で、「コマを動かして宝物のところに動かしていく」方が、「同じ宝物どおしを道でつなげる」というのよりも、子どもにとっては、理解しやすいかもしれません。
実際、この日遊んだ子も、どちらかというとボードゲームの「ラビリンス」の方が好みであると言っていました。
もっとも、この日は、ボードゲームの「ラビリンス」がしたかったということも、考えに入れなければならないですけどね。

えーと、結果ですが、ほら、ランダムな要素が多いじゃないですか……。
あと、ほら、ギャラリーって、どうしても小さい子の味方になっちゃうじゃないですか。

「あ、宝物取れるよ。取れるとこあるよ」

という感じですね。

いい訳をはじめました。
結果は、もう、わかりますね。

しっかりと、負けておりました(泣)

「次は、盤のヤツ持ってきてね」

ということで、来月(あっ、9月末の予定は、明日にづれこんでおります)ボードゲームの「ラビリンス」でリベンジです。

カード・ラビリンス

/ Ravensburger



入道雲にのって夏休みは行ってしまった その7 キャッチ&ラウド

キャッチミー

「手探りゲーム」とならんで、何回でも、しかも長時間遊ばれていたゲームが、「キャッチミー」です。

6色のネズミ。ネズミは、木製です。このネズミたち、シッポが、メチャクチャ長いです。シッポの先には、ネズミと同じ色の持つところがついています。

サイコロ。1~6までの数字のかいたサイコロと、ネズミと同じ6色のサイコロがあります。
どちらか1このサイコロを使って遊びます。色を識別しにくい子もなかにはいますので、こういう配慮は、ありがたいですね。

それから、木製のカップ。
木製ですから、かなり激しい動きでも、しっかり耐えることができます。

さて、これだけの道具があれば、だいたいどんなことをして遊ぶのかは、想像がつきます。
この想像のつきやすさ、わかりやすさが、このゲームの子どもを引きつけまくるところかもしれません。

ネズミ役とネコ役にわかれて遊びます。
ネズミ役は、ネズミのコマをテーブルの中央に集めます。そして、のばしたシッポの先を持ちます。
ネコ役は、木のお椀を持って、サイコロをコロコロっと振ります。
サイコロで出た目(普通のサイコロを使う場合は、何番が何色と決めておきます)と同じ色のネズミをそのお椀で<b>「パカッ」</b>とつかまえます。
もちろん、ネズミは、捕まるとイヤですから、サイコロが自分の色の目なら、シッポを引っぱって逃げ出します。
でも、このときに、サイコロの目以外の色のネズミは、「ピクリ」とも動いてはいけません。動くとお手つきになります。

捕まったり、お手つきになったりすると、そのネズミ役はネコ役と交代します。

このゲーム、ドイツゲームにはめずらしいように思うのですが、終了条件がありません
だから、鬼ごっこをやっているみたいに、次々にネコ役は変わっていくのですが、誰かが、

「もう、やーめた」

と言うまで、永遠に続きます。

サイコロの目にいつも集中していなければなりません。だから、けっこう集中力がいって疲れるんです。
でも、子どもは、延々とこのゲームを続けていました。

1回もネズミにならない、素早く、注意深い子。ネコになったら、妙に動きが素早くなる狩猟者タイプの子。とりあえず、サイコロを振られた瞬間に、何色でも逃げてしまう臆病な子。
単純なゲームですが、それ故に、いろいろな子の個性が明確に出て、おもしろです。

でも、大人にとっては、長く続きすぎるというのが、ちょっと辛いですねぇ。

「もう、そろそろ、終わろうか?」

と聞くと、

「えー、もうちょっと」

と子どもの答え。そして、「もうちょっと」が、永遠に続くのですねぇ。

このゲームをするときは、大人の方が、ちょっと注意と体力が必要かも(笑)
まあ、インストだけして、あとは子どもだけにまかせておいても、全然、こまらないゲームです。

自分の担当するネズミの色が、1度ネコ役になると、わかっていきます。
そして、サイコロが振られたとき思わず前のネズミの色が出た瞬間に、間違って自分のネズミを引っぱりと、大人がしていても、けっこう笑える場面は、いっぱいありました。

かなり、年齢の幅が広くても、一緒に遊べる、7人というたくさんの人数で遊べるなど、よいところも多いゲームです。
なによりも、子どもを惹きつけるなかなか、すごいゲームでありました。



9月(分) 第2回 ゆうもあゲーム会・大阪

9月末は、会場の予約ができなかったため10月のはじめにずれこんでしまいましたが、第2回のゆうもあゲーム会・大阪が開催されました。

朝から、参加です。

運動会とかさなったということもあり、少しいつもより人数が少なかったかな?
でも、今回も、新しいご家族や、新しいスタッフが、続々と増えてきました。
確実に、「ゆうもあ」の活動が広がって行きつつあるのを感じました。

お年寄りの2人組の方も参加(見学?)されていました。

「孫にも、年寄りにもいいなぁ」

ということをおっしゃってました。
地域の老人会とかにも、広まっていくといいですねぇ。
「ブロックス」を楽しまれている老人達が、この前、テレビに映っていましたので、そんな楽しい想像も。

遊んだゲームは、

「レーダー作戦ゲーム」(2人)
「ファン・ダイブ」(2人)
「ルミ(ルーミ、ルーミス)」(4人)
「にわとりのしっぽ」(3人)
「ブロックス」(4人)
「カヤナック」(4人)
「グログロ」(4人)
「ガイスター」(2人)
「ディスクショット」(3人)

インストだけしたゲームは、

「メルリン」(3人)
「おしゃれパーティ」(6人)
「カヤナック」(2人)
「ガイスター」(2人)

ぐらいだったかな。

小学校の低・中学年ぐらいの子達に、「ルミ」がけっこうウケていたのが、わたしには印象的でした。

「ガイスター」楽しかったです。
サクッと、何回でも遊べる良いゲームです。