2003年3月春フェスティバル一覧

スプリング・フェスティバル その1 スタート

東では、ゲームマーケット2003が開催されていた2003年3月23日、同日同時刻(?)大阪の西区民センターでは、スプリング・フェスティバルが開催されていたのでした。

「世界のボードゲームを広める会ゆうもあ」も、昨年11月の西区民祭り「文化のつどい」に引き続き、テーブルゲームのコーナーを出すことに。
わたしも、スタッフとして子どものゲームのお手伝いに行って参りました。

じつは、去年の11月の時点では、わたしはまだ「ゆうもあ」のスタッフではなく、「文化のつどい」には参加しておりません。
先輩スタッフのお話しされているのを聞くと、野外のテントでのゲームだったので、風が吹くとカードとかが飛びそうで、けっこう大変だったそうです。

今回は、西区民センターの室内ということで、かなり落ち着いて遊べるはず。
できたら、子どもだけでなくって、一緒に来ておられる大人も巻き込んで遊べると楽しいなぁという野望もあります。

やっぱり、子どもだけで遊ぶと、大人にとっては「子どもの時間」つぶしぐらいにしか感じてもらえません。でも、一緒に遊んでもらって良さが伝われば、

「ちょっと、子どもと一緒にプレーしてみようかな」

という人も増えてくるかもしれません。

ちょっと、遠いところからの参加ということで、10時スタートの会場にわたしが入ったのが、10時15分すぎ。
西区民センターの前には、すごい人だかりが。入り口のあたりには、いろいろ出店が出ていて、おいしそうなにおいが。

ボードゲームのブースは……3階!
階段をぐるぐるのぼって3階へ。
階段からすぐの最初のお部屋は、「てっちゃんのお部屋」でした。
かなり、大きなお部屋には、机がならべてあって、その上に線路が引かれ、多分Nゲージとかいうあの電車が走っておりました。
楽しそうだ!!

で、ボードゲームのブースは、お隣でした。
「てっちゃんのお部屋」に比べるとちょっと小さいお部屋です。

うーむ。3階のかなり奥の部屋ですか。ここまで、小さなお客さんたちは来てくれるのだろうか……。

もう、机の用意などはしっかりと先に来てくれていたスタッフたちの手でしてあります。
入り口の入ってすぐのテーブルには、「みつけてピカチュウしっぽでバンバン」が。
主にドイツゲームを中心に広めている「ゆうもあ」としては、日本のアニメのキャラクターを使ったゲームということで、とってもめずらしいゲームです。
でも、小さな子にもできる優れた認識ゲームです。

これは、まずは入り口では、ちょっと敷居を低くして、子どもたちが安心してボードゲームを始められるようにという大変高度な考えの上でのレイアウトとみた。

その奥のテーブルには、前回、すごく人気があったという「カラバンデ」がセットされています。
この前わたしも経験した、おはじきレースゲームです。
幼稚園の子がプレイするには、テーブルの背がちょっと高すぎるので、こっちは、小学生ぐらいの子対象という感じです。

他のテーブルには、ゲームはセットされていず、入り口の右側のテーブルにゲームがつまれております。

「ソロ」、「こぶたのレース」、「ガイスター」、「ミッドナイトパーティ」、「ようせいさがし」、「動物さがし」、「ブラフ」……。

うつぼゲーム会でもおなじみのゲームたちのなかでも、特に小さな子でも楽しめるものを中心に選りすぐられたゲームです。

それから、「チェス」、「入門用の将棋」、「中将棋(?)」。
ディスプレイという感じで、しっかりとコマがならんでおいてあります。
「チェス」は、クリスタルというか透明のコマで、けっこうきれいです。
スタッフの人にお話を聞いたところ、この中将棋は、普通の将棋と違って、取ったコマを打つことはできないそうです。また、やっぱり王将を取られると負けなのですが、成ると「太子」になるコマがあって、「太子」が盤上にあると、王将をとられてもOKなそうです。す、すげえルールだ。
「仲人」とか、なんか戦いにはそぐわないような名前のコマも。

「『なこうど』ではないよ」

そうですか。

お客様は、わたしが着いた時点では、小学校高学年ぐらいの女の子が1人。1人の女の子って、ゲームに誘いにくいんだよなー。
やっぱり、こっちはいかつい顔したおっちゃんじゃないですか。声をかけても、なかなか、警戒されてしまうわけです。まぁ、そういう警戒は、自分のみを守るためにけっこう大事なのだと思います。これが、3人ぐらいのグループになると本人たちもかなり強気になって、ノリもよくなるわけです。
あと、ゲーム自体も2人ですると考えると、けっこう限られてくるものがあります。
将棋、チェスなどのすぐれた2人用ゲームというのはあるのですが、コマの動かし方をしらないとなぁ。うーむ。

ということを考えながらも、まぁ、声をかけなきゃ始まらないということで、

「なんかゲームしましょうか?」

と出来るだけ優しく、優しく声をかけてみるわけですね。優しくといっても森のくまさんみたいな感じです。森のくまさんこわくないですが?わたしは、森でくまにあったらこわいです。しかも、後からついてきたら泣きそうになると思います……。


スプリング・フェスティバル その2 お客様集まる

ソロ

うーんと考えてる様子のときは脈ありなので、具体的なゲームを紹介します。
出してきたのは、「ソロ」。ちょっと激しいウノによく似たカードゲームです。
2人よりたくさんでしたほうがおもしろいだろうということで、スタッフの人も何人か混ざってもらってプレイ開始です。

ウノにはないカード交換系の特殊カードが入っていることと、手番の人が出したカードと同じカードが手札にあれば順番を抜かして自分のカードを出すことができるというところが、ウノとの大きな違いです。
でも今回は、はじめてということで、「順番抜かしルール」の方はなしということでプレーしました。
やること限られているゲームで、初対面の相手同士でも気兼ねなく楽しめます。
「ドロー2」とか、「ドロー4」なんかを出すときに、

「オリャー」

とか、

「イケー」

とか、

「ゴメンナー」

などなどと、気合いを入れるのは、お約束。
非常に数は少ないのですが、「1人と手札交換」カードを出すときは、ちゃんとしゃべらなければなりません。
引っ込み思案でも自然にゲームに入っていける、ルールもウノを知っていればそれほどとまどうことがなく簡単。なかなかよいゲームです。

子どもが多くて、「順番抜かし」ルールを入れると、なかなかシビアな息つく暇のないゲームになります。でも、今回は一緒に遊んだ子の雰囲気にあったほのぼのとしたゲームになりました。

「ソロ」を2回戦ほどした後は、部屋の中にはかなり子どもが集まってきていました。

入り口の近くの「みつけてピカチュウしっぽでバンバン」の周りには、幼児から小学生低学年、その保護者たちの小さな人だかりが。


スプリング・フェスティバル その5 ご家族と一緒に

こぶたのレース

「ピカチュウ」待ちの人たち以外にも、お客さんんがたくさん入ってきました。
けっこう、テーブルにいろんなゲームもたち始めました。
親子連れのご家族をゲームに誘ってみます。

「これ、一緒にやってみませんか」

出したゲームは、「こぶたのレース」。サーカスのコブタたちのスゴロクゲームです。
最近は、小さなお子さんがおられて、親御さんも一緒に巻き込んで遊ぼうというときには、このゲームをオススメすることが多いです。
遊べる人数が、7人までととても柔軟性をもっているところ、ルールがシンプルでわかりやすいところ、プレーヤー同士の絡み合いがとても起こりやすくなっていて、小さい子でも順番を待つのが飽きないなど、とっても優れたゲームです。
ちょうどこの日に配ったゆうもあ発刊の月刊紙「ゆうもりすと」の準備号に紹介も載っています。

「どうぞどうぞ。お父さんも、お母さんも、どうぞどうぞ」

と椅子を用意して、座ってくれたらこっちのものです(笑)

「じゃあ、これ。人数が多い方が楽しいので、お父さんたちも一緒にしましょうね」

はじめは、コースのつけたしルールを無しで遊びます。そして、

「もう1回します?」

と子どもに聞くと、このゲーム、ほぼ勝率100パーセントです。

「うん」

と答えてもらえます。そこで、

「実は、このゲームもう1つだけルールがありまして、さっきの方法だとほぼサイコロの目の偶然だけで勝敗が決まります。でも、今度はちょっとだけ作戦が必要です」

と2回目は、完全なルールで遊びました。

こんな感じで、このゲーム、その日だけで3家族ぐらいと遊べました。


スプリング・フェスティバル その6 昼飯前に

ガイスター

今度は、1人ぼっちの男の子を誘います。

「なんかするか?」

選んだゲームは、ガイスター。

「ルール、知ってます」

「知ってるよ。したことあるもん」

ちょっと、ビックリですね。

「えっ、お家でこういうゲームしているの?」

「前も、ここにゲームしに来たもん」

どうやら、西区民祭りのときも、ボードゲームを楽しんでくれた子どものようでした。
そして、ガイスターを2回戦ほど。

最初って、子どもは、どうしても、序盤にコマをどんどん取る傾向にありますねぇ。
前を全部赤にしておくと、自爆してくれることが多いです。
でも、2回連続でやると、1回戦目とはちがう作戦をとってくるので、なかなかに楽しませてくれます。
1回目のわたしの作戦をよんだのか、前に進めてくるコマ進めてくるコマ、全部、悪いオバケ(笑)
でも、脱出口まで進めてくると、こちらとしては、取らざる得ないわけです。
こっちも、順調に脱出口に、悪いオバケを進めていますので、けっこう白熱した戦いになりました。

らちがあかないと思って、わたしは、1ぴきよいオバケを進めます。

ほれ、悪いオバケやったら、もう取ったら終わってしまうで~。

あっさり取られてしまいました。
で、その間に脱出口まで上がってきた相手のコマですが……。

わたしと同じ作戦と見た。
パクッ。

悪いオバケでした。
1勝1敗。

「うーん、もう1回」

大人が言ってどうする(笑)

「あっちのこの前やってたおはじきのやつしてくるわ」

あっさり、カラバンデに負けてしまいました。

お昼ということで、ちょっとテーブルにも空きが出てきました。
この間に、お昼をいただこういうことで、お隣の部屋でカレーライスを。


スプリング・フェスティバル その7 女の子軍団

はげたかの餌食

午後に遊んだのは、女の子軍団。
1人のときは、あんなにおとなしいのですが、軍団になるとすごいです。もう、

「おっちゃん、あそぼう」

と向こうから声かけてきます。人の話、聞いちゃいない。

幼稚園の子から高学年の子まで、いろいろ混ざったグループだったので、やりやすいゲームということで、「はげたかの餌食」を。

ちょっとルールを説明すると、小さい子には難しいだろうということで、幼稚園の子は、お姉ちゃんとチームを組むことに。
でも、これが、間違いの始まり。

やり始めてみると、その子にも、どうやらルールが理解できたようなんですねぇ。
で、自分なりに考えて、出したいカードを決めるわけです。

でも、お姉ちゃんの出そうと思っているカードと、意見が合わないんですねぇ。

最初はそれでも、お姉ちゃんの言うとおり出していたのですが、それで勝てないとなると自分の考えたカードを出したくなる。
でも、お姉ちゃんの方もムキになって、自分の意見を通す。

悲劇は、突然ダムが決壊したようにやってきました。

「ウェーーーーン。わたしも、出させてよぅーーーー」

しまった。もうちょっと、一緒に遊んでいる間に、気にしてあげればよかった。

「おっちゃん、だっこしてなぐさめな!」

おっちゃんが、なぐさめんのかい!

「ごめんねー。出したかったんだねー」

「あかんあかん、そんな高いとこでだっこしたら、高いとここわがりやるから、あかんで」

お、おっちゃんも、泣きたいわ。
おっちゃんも、泣いていいか?

しかたがないので、あと2枚ぐらいで終了予定でしたが、「はげたかの餌食」はそこまでにして、別のゲームを。


スプリング・フェスティバル その8 女の子飽きる

コンチェルト・グロッソ

うーん。小さい子が泣きやんで、一緒にできるようなゲームは? 

ということで、「コンチェルト・グロッソ」。

まだちょっと泣いてる子を椅子に座らせて、カードを半分ぐらい配って、ルール説明。
泣いている子の分も、もちろんちゃんと配っておきます。

「じゃあ、やってみるよ」

とスタート。
泣いている子は、順番を跳ばしてカードをめくっていきます。

特定のカードが出たら、手を挙げたり、椅子から立ったり。その度に、ドカドカと音がします。

2周ぐらいまわると、その音にひかれて、泣いている子もちょっと顔をあげます。

「一緒にする?」

で、ウンとうなずいたので、もう1回ルールを説明して、残りのカードもすべて配って遊びました。
今度は、お姉ちゃんたちも、気をつかっています。証拠に、その子の動作がちょっとぐらい遅れても、ペナルティなしの見て見ぬふりです。

そうすると、その子も笑顔がもどって、1番厳しくみんなをチェックするようになったりして(笑)

おっちゃんも、一安心です。
安心して、長々とこのゲームを続けました。いや、せめて1人あがるぐらいまでと思っていたのですが、終わんねぇこのゲーム。

「おっちゃん、そろそろ、このゲーム飽きてきたわ」

え、遠慮のないやつらめ。
確かに、おっちゃんも、そろそろ、もうええかと思ったとこです。


スプリング・フェスティバル その9 女の子言葉遣いを注意される

クラウン

 

次は、うーむ。
「クラウン」。

これは、ダイス運だけのゲームです。けど、出来ていくクラウンが面白くって、盛りあがります。

でも、最初は、各パーツごとに種類分けしなければなりません。セットアップが思ったよりも、めんどくさかったかな。

5とか、6とか、大きい目を出して、大きなパーツをもらって安心していても、後の人が同じ数字をダイスで振ると取られてしまいます。
5人でやったので、余るパーツは1つだけ。
振りなおしの多い、けっこう激しいゲームになりました。

6を取られて、

「えー、せっかくの6やのに、ありえへんーー」

「ありえへん言うなー!」

今時の子どもは、今時の言葉をつかいますね。

全部完成するまでに、かなり時間がかかりました。パーツ、もうちょっと少なくてもいいかな。

ずっと、取ったり取られたりで盛りあがり続けるので、後半ちょっと疲れが見えてきていました。


スプリング・フェスティバル その10 さようなら、女の子軍団

ミッドナイトパーティ

そういえば、カードのゲームばっかりしています。
ちゃんと、ボードゲームもしたいなぁ。ということで、「ミッドナイトパーティ」。
これも、初めてゲームをする子どもたちに紹介するのにとてもよいゲームです。
それなりに戦略もあって、本当に小さい子から中学生ぐらいの子まで楽しむことができます。

そういえば、午前中、「こぶたのレース」以外にも、このゲームでご家族と遊びました。その時は、そのお家のお母さんは、ひたすら息子のコマを助けるためにサイコロを振っていました(笑)。基本的には意地悪の仕合が楽しいのですが、そういう感謝の言葉の出るプレーもなかなか味のあるものでした。

ルールを説明して、まずは、1回目。
うん。いい感じで、盛りあがります。
続きをするときのコマの配置のルールを教えて周りをみると、手持ち無沙汰そうな男の子が1人。

「一緒にするか?」

まぁ、このすごい勢いのある女の子軍団のなかに入ろうという気にはなかなかならんか。

「おっちゃん、ぼく、将棋したいなぁ」

ふむ。
この子たちとは、充分長い時間遊んだな。後はほっといても、「ミッドナイトパーティ」を2、3回続けるでしょう。

「自分らだけでできるか?」

と聞くと、

「大丈夫」

と頼もしい返事です。


スプリング・フェスティバル その11ぼく強いで

将棋

ということで、女の子軍団は、自分たちに任せて、男の子と将棋。
もちろん、わたしには訳がわからない中将棋ではなく、普通の将棋です。

今回、用意されていた将棋は、初心者用の特別仕様でした。
どう初心者仕様かというと、コマが四角くて大きくて、そのコマが進める方向がすべて矢印で示してあります。

「これなら、初めての子でも安心ですねぇ」

と言うと、

「あーでも、これ見てやってるようでは、強くなるには厳しいけどね」

とスタッフから厳しい返事が(笑)

多分、その通りなんでしょう。でも、幼稚園ぐらいの子が、やり始めるスタートとしてはいいのではないでしょうか。

今回対戦するのは、そんなレベルはとっくに卒業という感じの小学校中学年ぐらいの子です。

「強いんか?」

と聞くと、

「けっこぅ強い」

とのこと。

「それは、自分で強いと思っているだけか?それとも、誰か、きみが強いと言ったのか?」

このあたりこだわりすぎなのは、わたしの将棋の腕がヘボで、相手と打ち始めても、かなり決定的な場面になるまで、相手の実力がわからないということがあります。
本当に強いのなら、全力でお相手しないと面白くないだろうし、かなり弱いのなら、こっちのコマを落とすことも考えなければなりません。

「お父さんも、『お前、けっこう強くなったなぁ』と言うてはるぐらいや」

どうやら、日常的にお父さんと将棋で遊んでいる感じです。
なら、強いかな?

「お父さんと遊ぶときは、コマをおとしてるか?」

と聞くと、全部使っているということだったので、コマ落としなし、全力で遊ぶことにします。

角道を空けて、飛車をついていってと、なかなかオーソドックスなスタート。
わたしだって、はじめの数手は、ちゃんと理屈にあった将棋が打てるわけですよ。

それが不思議なことに、中盤、双方のコマのリザーブが増えてくると、どんどん金将、銀将、王将が、上へ上へと上がっていってしまうんですねぇ。
なんていうんですか?いってみれば空中戦?

「うわ。どういう展開でこうなって、これからどうなるのか、全然、わからんなぁ」

後から盤面をのぞいた大人の人に、また、言われてしまいました(笑)

こういうわけわからん乱戦は苦手だったのか、まず、相手の角行をゲット。それを使って、飛車もゲット。
飛車、角行が、全部こっちにそろってしまいました。

けっこう何手か、イヤーな手は打ってきたもののこの不利な形勢を逆転されるまでにはいたらず、ゲットした、飛車、角行、桂馬で、相手の王将を追いつめて、大人げない(笑)わたしの勝利でした。

実力は、ちょっとわたしの方があったようです。

子どもの「ぼく強い」は、あんまり信用ならんかな。


スプリング・フェスティバル その12 あっさり止まったか

キャントストップ

次に遊んだのは、山登りゲーム「キャントストップ」です。
4つのサイコロを組み合わせて、山を登っていきます。
自分の手番で、何回でもサイコロをふってコマを進めていくことができますが、コマを1つも進めることができない目がでると、バーストしていまい自分のコマは、全員、山から落ちてしまいます。

バーストする前に、自分で宣言して手番を終了させれば、その位置で、コマをセーブすることができます。次回は、その位置から始めることができますし、失敗してもその位置からやり直すことができます。

一気に登って、ライバルたちを引き離すのか?安全に少しずつ確実に登っていくのか?

けっこう性格の出る楽しいゲームです。

まず最初は、ルール説明もかねてわたしから。
コロコロ。

「4つのサイコロを2つと2つに分けます。2つのサイコロの目は、足して考えます。
 これやったら、『7』と『5』になるわけ」

うんうん。このあたりは、わかりやすいですね。

「山の『7』のルートと『5』のルートのところにコマをおきます。1だけ進めるわけです」

さて、ここからが、このゲームのちょっと変わっているところ。

「さて、実はこのゲーム、自分の番のときに、何回でも続けてサイコロをふってもいいのです。
 じゃあ、おっちゃん、続けてみますね」

コロコロ。

「『7』と『9』。『7』のコースさっきのから1つ進めて、『9』のコースのところにコマをおきます」

ここまでは、安全。ここからは、危険がともないます。

「さて、これでコマが3つともなくなっしまいました。でも、ふりたいと思ったら、もう1回ふることができます」

コロコロ。

「こうやって、コマが動かせる限りは、何回も繰り返しサイコロをふることができます」

コロコロ。コロコロ。

「1つの場所でも動かせたら、OKです」

コロコロ。

「でも、これ見て。どう組み合わせても『5』も『7』も『9』も動かせなくなります。そうすると、今まで登っていたのは、全部、失敗になって、次の人の番になります。
 次に自分の番がまわってきたら、またはじめからです」

でも、これではなかなか勝負がつきません。

「失敗する前に、自分で自分の順番をやめることができます。そのときは、今進んでいるコマのところに自分のマーカーをおきます。
 そうすると、次、自分の番になったときは、そのマーカーのおいてあるところからできます。」

とひととおり、自分の手番で説明します。

「でも、おっちゃんは失敗しちゃったので、最初っからです。失敗のすることをバーストするって言うんだよ」

まぁ、実質、次の手番の子からスタートするような感じです。
でも、まだ、どれぐらいで止めたらいいのかわからないので、1まわりめというのは、割とバーストしまくるものです。

「では、またおっちゃん。サイコロ2つあると、『7』がすごく出やすいねん。だから、『7』に足をひっかけておくと、ちょっと安心」

てなことを言いながら、バースト(笑)

2回目、子どもたちメチャクチャ慎重です。わたしの場合は、せめて半分ぐらいは登りたいと思うのですが、もう、真ん中あたりのルートを2、3個登るとセーブにかかっています。
なかには、2回ぐらいふって(たしか、『7』のルートばっかりが4つぐらい登った)、

「ここでセーブする」

とか言っている子もいます。
オイオイ。けっこう一気に進んだので、残しておきたい気持ちはわかりますが、コマが3つ配置されない限りは、絶対にバーストしないんだよ。

「あ、そっかー」

ほんまにわかってんのかい!

3回目。
そんなセコセコといくなー。お手本を見せてやるぜー。
という感じで、サイコロを振ると、『7』のルートを一気に制覇してしまいました。
わたしって、スゴイ?

「1人の人がそのルートを制覇すると、後の人は、そのコースを登れなくなります。
 そして、3つのルートを速く制覇した人が勝ちです」

と最後のルール。
もちろん、わたしは、ここでセーブ。

盛りあがってきたところで、

「ビンゴゲームがはじまります」

の放送が。

「あ、行かなくちゃ」

さすがの「キャントストップ」も、商品付きビンゴには勝てなかったようです。
向こうを見ると、女の子軍団も、ビンゴゲームに向かっております。

この間、ちょっとだけ、会場の人が減りました。