おや、雨だ

夏目友人帳14

今年、最後の1冊です。
まあ、最後に読んだ1冊という意味ではなくて、最後の投稿的な意味ですが。

なんか、今調べてみたら、前巻読んだのが7年前でした。そんなんばっかりやなぁ。
まあ、7年なんて、あっという間なんだけどね。このまま、時間の経過が加速していくと、数年後には、光の速さにどんどん近づいて行くな。

1巻のなかで、夏目の人間関係が全部把握できないぐらい広がっていて、それが、最初の頃と比べると、すごいなぁと思います。