この世の地獄

魔境の狼男 アダルト・ウルフガイ・シリーズ3

リオ編。

昔、読んでいた角川文庫版では、「人狼地獄」という題名の本だったようです。
内容は、まったく同じ。

早川文庫だと、「リオの狼男」と「人狼地獄篇」の二冊に分かれていたようです。
まあでも、これは、これ1冊で通して読まないとダメだよねぇという感じです。

リオにいって、ハイテンションまでは、なんとなく覚えていたのですが、その後はまったく。なるほど、地獄だというとうところは、本当に読んだのかというぐらい覚えていないです。

こうやってみると、犬神 明、共産圏のスパイとの方がなかがいいな。そういう時代だったのかな。