原泰久,読書キングダム,ジャンプ コミックス,ヤングジャンプ コミックス,原 泰久,映画,集英社

キングダム46

映画、「キングダム」見てきました。
けっこう、格好良かった。そして、羌瘣出てこねえのかよと思ったけれど、家帰って原作をペラペラ読み返してみると、出てくるところまで進んでないんですね。割と原作通りでした。

「るろ剣」もたいに、続編、作られるのかなぁ。山場をどうするのかは、難しそうです。

本当なら、あのクオリティで、テレビシリーズ作って欲しいです。あっ、アニメはあったか。見てないです。
映画からあと、でこねぇさんが、ものすごい勢いで原作を読んで、もうすぐわたしを抜かしてしまいます。

さて、46巻は、いよいよ趙攻略。秦の総力戦がスタートという感じで熱いです。まあ、いっつも総力戦という感じもしないではない。

山田ミネコ,読書パトロール,パトロール伝説,山田 ミネコ

永都とカンダタ パトロール伝説16

コピー本。
まあ、ページ数は少なくなっているし、しかも前回は2段組だったので、「もっと読みたいよう~」と思いはありますが、これはこれで、まとまっていて読みやすいというのはあります。

カンダタ、頼りになる奴です。小角が絡むととたんに、弱くなる感じも好きです。
そして、永都とカンダタに、黒闇とかが合流。

永都とカンダタ
パトロール伝説(16)

山田 ミネコ

あとりえだば
http://daba.cart.fc2.com/

森見登美彦,読書四畳半神話体系,森見 登美彦,角川文庫,角川書店,鴨川ホルモー

四畳半神話体系

この人の本の題名から、おもしろそうだなぁと思っていて、表紙の絵とかのイメージで、女性作家かと思っていたのですが、男性のようです。
京大生のぐたぐたキャンパスライフとちょっと不思議ということで、「鴨川ホルモー」に似た印象ですが、最初読んだ感じ、あれほどぶっ飛んでいないし、惹かれる感じも弱いかなぁと。
あんまり、この主人公の性格とかが好きでないというのもあるのかもしれません。

と思っていたのですが、読み進めて、お話のループな感じの構造に気づくと、めっちゃおもしろいです。最終話で、いろんな謎がとけていくところも痛快でした。

椎名軽穂,読書うさぎドロップ,マンガ,マーガレット コミックス,君に届け,集英社

君に届け29

あやね編終了で、いよいよ次巻で完結。

ということで、以下ネタバレありです。

デビッド・ラッファン,読書David Rapham,デアデビル,デビッド・ラッファン,パニッシャー,ヴィレッジブックス,秋友 克也,MARVEL

デアデビル VS パニッシャー

この2人は、そんなに対立するほどではないんではとおもったりしますが。
なんかこの手の対立があると、いつも「悪」であるはずのパニッシャーの方が苦労している感じがあっておもしろいです。