細かい時代の手塚治虫

平原太平記 ふしぎ旅行記 手塚治虫文庫全集

大コマに、いっぱいキャラクターがいて、それがそれぞれに細かい芝居をいっぱいしている初期の手塚 治虫らしいマンガです。
でも、この細かい芝居を1こずつ見ていっておもしろがる気力が、わたしの中になくなっているなぁと。

けっこう複雑で、セリフも多い手塚 治虫のマンガは、文庫で読むのには適しないのかなぁと思いながら読んでいました。
作品とか内容がどうこうというよりも、わたしの肉体のおとろえが響いている感じです。