2019年03月一覧

最後に残ったビスケット

金の国 水の国

「このマンガがすごい!」の2017年オンナ編1位のマンガ。
おさえておかなければねぇ程度の感じで読んだのですが、これ、おもしろいです。時間を忘れて読む感じでした。

1巻完結なのも、よいですよねぇ。

サーラ姫が、かわいいというのもよいですが、ナランバヤルも、ものすごいバランスがとれているんですよねぇ。そして、他の脇役たちも、素敵です。

ストーリー展開自体は、ものすごくオーソドックスなのですが、でも、楽しい。エンターテインメントです。



細かい時代の手塚治虫

平原太平記 ふしぎ旅行記 手塚治虫文庫全集

大コマに、いっぱいキャラクターがいて、それがそれぞれに細かい芝居をいっぱいしている初期の手塚 治虫らしいマンガです。
でも、この細かい芝居を1こずつ見ていっておもしろがる気力が、わたしの中になくなっているなぁと。

けっこう複雑で、セリフも多い手塚 治虫のマンガは、文庫で読むのには適しないのかなぁと思いながら読んでいました。
作品とか内容がどうこうというよりも、わたしの肉体のおとろえが響いている感じです。


イカの世界をお散歩

ハイカラウォーカー バイ スプラトゥーン2

「イカすアートブック」の第3弾といってもいい「ハイカラウォーカー」です。
今回は、「オクト・エクスパンション」までのイラストなんかが、いろいろ入っています。

「ハイカラグラフィティの”いま”」とかは、爆笑しながら読んでました。楽しんで世界を作っているなぁ~と。