10カウントで終わる 世界はモノクロだった

ハイスコアガール6

5巻の後、いろいろあって、連載が止まってしまっていたりした「ハイスコアガール」の物語も、とうとう連載ラストまでいったようです。
無事にアニメ化もされて、SNKがスポンサーになっているのを見たりすると、本当にあの騒動はなんだったのかと……。ホンマに、あの時期だけ、めちゃくちゃ巡り合わせが悪かったとしか……。

それはさておき。
アニメ版の「ハイスコアガール」は、凄い良かったですねぇ。特に、ラスト近くのハルオが晶ちゃんを見つけるところ。声をかけられてフードをかぶる晶ちゃんという一連の動きは、原作の行間を読み取った凄い演出でした。あと、小春ちゃんの告白で物語がシメになったのも。あそこまで、いって欲しかったのです。

ということで、わたしのなかの「ハイスコアガール」熱が、再び盛り上がってきまして、6巻目です。

テレビみて、あらためて思ったのですが。なんとなくは、気づいていたんですが。小春ちゃんの勝ち目なささに。そして多分、ソノ勝ち目なささに、自分でも気づいていることに。なんとも健気だ。
そして、いよいよの対戦内容が、「ヴァンパイアハンター」のダイアグラムすら無視するフォボスの小足からの即死コンボって!!熱すぎ。

そして、ハルオと「ときメモ」。
思春期が来た(笑)