数学史

数は科学の言葉

まあ、途中からまったくついて行けなくなるのですけどね。
数の概念がどう発達してきたのかとか、多分、新しいことが理解されればあっという間に、今までのことってなくなっていく世界だと思うのです。だからこそ、その前の世界を見るのは楽しそうです。

まあ、でもこれは、極力、個人的な発見とかとは離されて、「真理としての数学」が語られている感じです。
並行して、チューリングの伝記なんかも読んでますが、そっちの方が同じ理解できないにしても、物語としてはおもしろいです。

トビアス・ダンツィク,Tobias Dantzig,
ジョゼフ・メイザー編,Joseph Mazur,
水谷 淳
筑摩書房
発売日 : 2016-06-08