本当におもしろいお話をかく女性作家

境界のRINNE30

完結してしまいましたねぇ。
わたしが、最終巻にたどり着くまでには、まだしばらくかかりそうですが。

今回は、「氷の中の彼女」が好きです。

「六文に聞かせていい話なのか?」

と、最後の脱力感が良いわ。

あと、なんとなく入ってくる昔の風俗が楽し懐かしい。