藤崎竜,読書かくりよものがたり,藤崎 竜,集英社,JC ヤングジャンプ

かくりよものがたり7

あと1巻で、今のお話はここなので……。とうてい、敵を倒せるような状態ではないな、これは。
あとの問題は、どこまでかいてまとめるかかな。

好きなので、もっと続いておもしろくなって欲しいが。

佐藤優,西原理恵子,読書とりあたまニュース,とりあたまGO,新潮社,西原 理恵子

とりあたまGO モンスター襲来!編

「週刊とりあたまニュース」の第5弾。
2015年から2016年まで。

「ゴジラ」とか、「アドラー」とか、「生前退位」とか、ホンマに結構最近です。というか、まだ、やっとる問題もあるなぁ。

1カ月前ですら、アホかと思うのに、もうそんなに無理を通して当日発表にしたいのなら、元号なんて使わなくなったらいいのに。というか、そのための当日発表か?モンスターだらけだなぁと思うこの頃。

ひぐちアサ,読書おおきく振りかぶって,ひぐち アサ,アフタヌーンKC,ドカベン,講談社

おおきく振りかぶって25

24巻からうって変わっての表紙です(笑)
これ、かき分けしてるのか?同じ顔がいくつも見えます(笑)

併殺打というのが、今回の大きなトピックかな。解説が、あとがきからカバーまで続いています。この人、ホントに野球好きなんだなぁと。

そういえば、「ドカベン」が、とうとう完結するようで。
「ドリームトーナメント編」も、文庫になれよ~。

読書イカすアートブック,スプラトゥーン,スプラトゥーン2,ファミ通,子ども,Gzブレイン,KADOKAWA

スプラトゥーン2 イカすアートブック

未だに、イカの勢いは衰えずです。ねぇさんは、ちょっと衰えてきたかも。
しかし、発売されてから1年、それでも、「ファミ通」売り上げベスト10に入り続けているというのは、驚異的。おもしろい売れ方だなぁと思います。そんだけ、大人も子どもも楽しめるということです。

そして、オクトもでて、良い感じで世界が広がっていますねぇ。

ということで、「2」のアートブックです。
1を踏まえて、さらにいろいろということで、絵を見ているだけで飽きないです。

まあデザイン面が増えたせいで、「1」であった、裏設定ストーリー的なものが無くなっているのかは、ちょっと残念ですが。

原泰久,読書キングダム,ジャンプ コミックス,ヤングジャンプ コミックス,原 泰久,将軍,集英社

キングダム43

黒羊の丘の戦い。
こういう戦略考えるのって、本当に大変そうだなぁと思います。

でも、最後は気合いで乗り切る。そこも好き。