風の谷の~

堤中納言物語 マンガ日本の古典7

表紙の「虫めづる姫君」がかわいい、「堤中納言物語」です。
「堤中納言物語」って短編だったのか。しかも、それぞれの作者が違う。そして、知っているのは「虫めづる姫君」だけです。それも、「堤中納言物語」の1編とは知らなんだ。

多分、当時の人にとっては、けっこうギャグで突拍子もないお話だったのだと思いますが、テンポがおっとりしているので、今のわたしたちには面白さが伝わらないことが多いですね。

ところで、堤中納言っていうのは、誰?出てきた人?