大塚英志,田島昭宇,読書多重人格探偵サイコ,大塚 英志,田島 昭宇,角川書店

多重人格探偵サイコ22

次巻予告は、「終末の鐘が鳴り響く」。
だれも、終わるなんて言ってない(笑)

精神世界での戦い。
このノリについていっても、ついていけなくても、どっちでもいいと大塚 英志は意地悪に考えてそうです。

板垣恵介,読書バキ,少年チャンピオン・コミックス,板垣 恵介,秋田書店,範馬刃牙

範馬刃牙10

オリバ戦、終了。

昔、陸奥とバキが闘ったら、どっちが勝つかという作者対談をしていたけれど、今なら、バキの方が強い気もする。

ひぐちアサ,読書おおきく振りかぶって,ひぐち アサ,アフタヌーンKC,学校,講談社

おおきく振りかぶって23

監督のお父さんのイメージと阿部のお父さんのイメージが、けっこうかぶっている気がします。
ひぐち アサのなかで、動かしやすい「父」キャラクターのイメージって、こうなのかな。

どこの学校にも、強みもあれば、弱点もある。そして、成長も。
そして、遅すぎるという後悔も。

でも、まだ先がある。

士貴智志,涼風涼,読書,諫山創シリウスKC,士貴 智志,涼風 涼,諫山 創,講談社,進撃の巨人,進撃の巨人 Before the fall

進撃の巨人 Before the fall 12

どんなに過酷な時代でも、青春みたいなことはあるし、また、バカみたいな冗談を言う奴もいる。

さて、立体起動装置も完成して、いよいよ物語は、「結」のパートに入っていくのかな。

永久保貴一,読書ガラスの仮面,マンガ,新・カルラ舞う!,永久保 貴一,秋田書店

新・カルラ舞う!10 吉備の護法神 下 変幻退魔夜行

「吉備の護法神」はこの巻で終了ですが、吉備のお話はもっと続きます。
10年以上前のわたしは、なにを考えてここで読むのを終わってしまったのだろう……。謎です。

なかなか、いろいろなものを物語の中にいれてくるなあと。おもしろいです。あんまり、時代を感じさせなくて良いです。
まあ、このマンガも長くつづいているだけに、携帯どうするん問題は、ちょっと出てきそうですが。

でも、出てきても、「ガラスの仮面」程には、違和感ないと思います。