永井豪,読書,鳥山英司ケルベロス,マガジンZKC,永井 豪,烏山 英司,講談社

ケルベロス3 Satanikus ENMA

人間の組織が絡んできているのがおもしろいのですが、引っ掻き回す以外には役に立っていない気もします。

さて、ケルベロスというキーワードも出てきて、大詰めです。そして、尻切れトンボで終わりそうなにおいもプンプンだな(笑)

杜康潤,読書杜康 潤,江河の如く,KADOKAWA

江河の如く

孫子の兵法。
けっこう謎が多い人だったみたいです。

いっていることはものすごく正論。
だからこそ、時代が変わっても読まれ続けているのだろうと思います。

杜康 潤がかくと安定しておもしろい。

南條範夫,山口貴由,読書シグルイ,チャンピオンREDコミックス,冨樫 義博,南條 範夫,山口 貴由,秋田書店

シグルイ13

そういえば、冨樫 義博が、「シグルイ最高」って書いてたな。
あの天才にそう思わせるだけのつきつめたものが、ここにはあるということだと思います。

五代ゆう,天狼プロダクション,読書グイン・サーガ,ハヤカワ文庫,パロの暗黒,三国志,五代 ゆう,天狼プロダクション,宵野 ゆめ,早川書房,栗本 薫,歴史

パロの暗黒 グイン・サーガ131

正伝130巻の続きの131巻です。
栗本 薫ではなくて、五代 ゆうと宵野 ゆめの2人が書いていく。
これって、自分のものが書けなくなるというメチャクチャなリスクを抱えていると思います。

そして、そのプレッシャーに負けずに、やりたいことをやっているところは、好きです。
違和感は、あらあな。でも、栗本 薫が書いたって、違和感はあると思うし。
きっと、グイン・サーガという正しい歴史はあるのだけれど、それをどう小説として解釈するかは、それぞれの作者にゆだねられているということだと思う。いろんな、坂本 龍馬がいたり、いろんな三国志があるようにね。
もっとやれ(笑)

ダニエル・ウェイ,チャーリー・ヒューストン,デビッド・フィンチ,ハビエル・サルタレス,ミコ・スアヤン,坪野圭介,御代しおり,石川裕人,読書ダニエル・ウェイ,ダークサイド,チャーリー・ヒューストン,ハビエル・サルタレス,ミコ・スアヤン

アンダーサイド シビル・ウォー

シビル・ウォー、ラスト。22巻目。
ムーンナイトとゴーストライダー。
ほぼ、シビル・ウォーと接点なし(笑)

ムーンナイトは、自分の狂気に捕らわれていて、ゴーストライダーはひたすらマイペース。というか、ゴーストライダーとシビル・ウォー、まったく関係ないから。

さて、こうして2年以上読み続けたシビル・ウォーが終わって、キャップの死、復活と先にやっと進めます。

アンダーサイド シビル・ウォー
(MARVEL)
THE UNDERSIDE
A MARVEL COMICS EVENT
CIVIL WAR

デビット・フィンチ,David Finch,
ミコ・スアヤン,Mico Suayan,
ハビエル・サルタレス,Javier Saltares,
チャーリー・ヒューストン,Charlie Huston,
ダニエル・ウェイ,Daniel Way,
石川 裕人
坪野 圭介
御代 しおり

ヴィレッジブックス